【バンドリ】ロゼリアの漫画第一巻はバンド結成編。ネタバレにならない程度の感想です

スポンサーリンク

バンドリ!ガールズバンドパーティーから生まれた本格派バンド、ロゼリア。そんな彼女たちのストーリーが、Roselia stageという漫画タイトルで発売された。

f:id:huletter:20170703180033j:plain

ずっと気になってたんですけど、ついAmazonでコミックを買ってしまった。

内容が気になる人も多いと思いますので、ネタバレにならない程度に感想を書きたいと思います。

第一話のタイトルは、妥協のない完璧なバンド。

ボーカルである湊友希那(みなとゆきな)のカリスマ性がとにかくスゴい。

っていうかカッコイイ!

そして、友希那に負けないくらいバンド意識が高かったのがギターの氷川紗夜(ひかわさよ)。

一話でロゼリアのメンバーは一通り出てきます。この辺は、バンドリのポッピンパーティーに比べると早い展開。

参加しているライブハウスはSPACEではなくcircleとなってますので、バンドリ本編でのロゼリアはこの一年後?なのかなと。

第二話のタイトルは、世界で二番目に上手いドラマー。

ツインテールの宇田川あこは、中学三年生となっているのでボーカルの友希那とは二個違いですね。

二話でロゼリアは四人になります。見せたい部分が、バンド結成にはあまり関係ないからでしょう。

そうなると、第三話は残り一人になります。ささっと進めてる感じ。

タイトルはそれぞれの想い。

僕の中で、白金燐子(しらかねりんこ)の印象が変わった話でした。

ボーカルの湊友希那とベースの今井リサが羽丘女子学園の同級生で幼なじみ。ドラムの宇田川あこが同学園の中学三年。ギターの氷川紗夜とキーボードの白金燐子が花咲川女子学園の二年生。

なるほど。ドラムだけ年下設定なのですね。特に意味はないと思うけど。

第四話は、私……弾けるの!

引き続き白金燐子の話です。アツイですね。

第五話のタイトルは、青い薔薇。

来ましたね!ここではバンド名であるRoseliaの由来とその意味が明らかになります。

僕的には、感心させられる名付け方でした。そして、バンドのカラーにぴったりだと思いましたね。

そして、すでにライブをやってしまう実力者の集団となりました。


ここでガールズバンドパーティーRoselia stage の一巻が終わりますが、全体的にはまだまだ序盤です。二巻はSPACE編でしょうか?対バンの様子やオーナーとの物語が気になる所ですね。