【体験】ポケットWi-FiのWiMAX2+とLTEは、体感でどのくらい速さが違うのか?

窓際に置いたポケットWi-Fiの端末
現在ポケットWi-Fiでは、プランによって無制限で使えるWiMAX2+と、オプションでより速くなるLTEの二つの回線が使えます。

では、一体どのくらい速さが違うのか?これは言うまでもなくLTEの方が速いです。

では、体感でどのくらい速さが違うのか?

実際にポケットWi-Fiを使っている僕が語ってみたいと思いますが、結論から言えば、WiMAX2+とLTEでどのようにインターネットを使うが大事です。


インターネット回線には上がり速度と下り速度がありますが、実際に何bpsだったのかを気にする人は少ないでしょう。

なので同じページにアクセスしてみて、完全に開くまでの体感時間の差による違いがわかりやすいと思います。

ということで、Yahoo!のトップページで比較してみました。

まずは無制限で使えるハイスピードエリアWiMAX2+でアクセスした場合の時間です。
これは9秒でした。

続いてハイスピードエリアプラスのLTEでアクセスした時間です。
こちらは6秒。


この約3秒をどう思うかは人それぞれですが、ポケットWi-Fiには速度制限があります。

WiMAX2+は、直近の三日間で10ギガ以上使用した場合、夜18時から翌日の2時まで最大速度は1Mbpsになります。これは、動画を普通に見れる速度。

続いてLTEですが、月で7ギガ以上使用した場合、翌月まで最大速度は128Kbpsになります。

僕は、スマホのLTEでも128Kbpsの速度を体験しました。

これはダメです。動画が全く動きませんし、Yahoo!のトップページなら1分程時間がかかります。

同じ速度制限でも、キロとメガに分かれている所に注目して下さい。

体感でもLTEの方が速いです。無制限で使えるなら、絶対にLTEをオススメします。ですが、ご覧のようにLTEにはキツい速度制限があります。

そこで、このWiMAX2+とLTEを使い分けると便利です。

YouTubeや見放題サイトを使っていると、二時間弱くらいで1ギガ消費します。

映画一本1ギガと思っているくらいでいいと思います。

これをLTEで繋いではいけません。動画は画質にもよりますが、画質が良いほど通信量が必要になります。

そしてWiMAX2+で速度制限になっても、動画はカクカクしません。

例えば僕はdアニメストアをミラーリングしてテレビで見ますので、画質は自動的にキレイが選択され、アニメ1話に300メガバイト弱は使います。

これを7ギガ制限のLTEで繋いでいれば、すぐに速度制限になるのはわかりますよね?

ですので、LTEは調べものなどのネットサーフィンで使います。その方が速いので。

ちなみに、動画を読み込む速度はLTEの方が速いです。ですが、読み込んでしまえばWiMAX2+で困る事はありません。それと、速度制限中のWiMAX2+でも動画を読み込む速度は気にならないです。


まとめますが、二つの回線にはそれなりの差があるので、使い分けをすれば便利にインターネットを楽しめます。

WiMAX2+で動画を見る
LTEでネットサーフィンする

これがベストな使い方だと思っています。