ポケットWi-Fiのエリアチェックは最重要!契約前にデモ機を借りよう


スポンサーリンク

ポケットWi-Fiは、工事不要で即インターネット通信が可能になります。そして外へ持ち出せますので、エリア内なら常にWi-Fi通信が可能です。さらにWiMAX2+の高速インターネットで繋げるので、スマホ動画も見放題で使えます。

これは便利だと思いましたが、ポケットWi-Fiにはエリアという問題がありました。

ポケットWi-Fiのエリアをチェックしよう

ポケットWi-Fiのエリアをチェックすると、僕の地域はエリア三角になっていました。使えるかもしれないけど、エリア△は不安。

なんとかポケットWi-Fiが使えないかと思い、auショップでWiMAX2+のデモ機をタダで一週間貸りました。

一つ注意ですが、無料レンタル期間内に故障などのトラブルがあると端末代を弁償しなければならないので気をつけて下さいね!ちなみに一万円程になります。

こうしてポケットWi-Fiのデモ機を借りたのですが、正直期待していませんでした。エリア△だし、auショップの店員さんも多分使えると言った程度でしたから。

ですが、家で実際にポケット使った結果は非常に満足なものでした。三角エリアでも使える場合があるんですね!ラッキーでした。

そこで、エリアで気をつけるポイントが三つあります。

ポケットWi-Fiを置ける場所がピンポイントだった

窓際に置いたポケットWi-Fiの端末
エリア三角でポケットWi-Fiが電波をキャッチ出来たのは、二階の窓際のみでした。

しかもピンポイントで、僕の場合はその位置からポケットWi-Fiを動かせません。動かすと圏外になります。

電話回線を使ったホームWi-Fiも動かせませんが、ポケットWi-Fiが置ける場所は限られました。

スマホで電波の強さを見ると、アンテナ数は良くて二本。それでも動画が止まる事なく見れたので、エリアはクリアー出来ました。

僕の経験から、エリア○の地域なら窓際は意識しなくても大丈夫だと思います。実際にエリア○の友人の家へポケットWi-Fiを持ち込んでチェックしましたので。

割りと無造作に置いても問題なく使えました。

ポケットWi-Fiの電波は壁に弱い

問題なく使えたと言いましたが、エリアが○でも基本的にポケットWi-Fiの電波は弱いです。特に障害となるのは壁で、窓から離れた位置になります。

僕の家はエリア三角です。だから窓際にしかポケットWi-Fiを置けないのですが、冬はいいけど夏が心配ですね。

そこで、本体を熱から少しでも守る為に段ボールを切って直射日光を避けてます。

その後Wi-Fiを繋いで普通にインターネットを使用しましたが、電波の強さは変わりませんでした。

やはりポイントは、ポケット端末がWi-Fi電波をキャッチする場所となりますね。

ポケットWi-Fi本体とPC・スマホとの距離は?

大事なのは、ポケットWi-Fiの端末が電波をキャッチ出来ればOKです。これでホームWi-Fiと同じ役割になりますので、ポケットWi-Fi端末とスマホが離れれば電波は弱くなりますし、近づけば強くなります。

僕の感覚ですが、ホームWi-FiとポケットWi-Fiは、家で使うなら電波の強さは変わらないです。

ポケットWi-Fiが電波をキャッチしていれば、パソコンもスマホも問題なくWi-Fi環境で使えてます。

実際に僕は、ポケットWi-Fi端末は二階の窓際に置いておいて、一階でパソコンをWi-Fiでインターネットに繋いでいます。

そのくらい離れていても、Wi-Fi環境を維持できてます。

契約前に、デモ機でエリアチェックしよう

とても便利なポケットWi-Fiですが、人によっては自宅がエリア外かもしれません。

契約して数日間は解約も可能なので、もし使えないと判断したなら早めの対応をしましょう。

プロバイダーによってはデモ機を借りる事ができますので、先にエリアチェックすることをオススメします。