バイト初日から大騒動|no name 4話

 明くる日。午前中の講義を終えて家に帰ると、ベットへ横になった途端に寝てしまった。ハッと目が覚めてスマホを見ると、時間は午後五時だった。

 良かった。寝過ごすところだった。ヒロムは六時頃って言ってた……バイト行かなきゃ。

 急いで着替えて1階へ下りると、エプロン姿のお母さんが廊下に立っていた。

「あら?奈緒出かけるの?」

「うん」

 今日からバイトとは伝えていなかったので、「居酒屋でバイトすることになったから」と話すと、お母さんは少しビックリしていた。

「居酒屋って、奈緒大丈夫なの?」

「大丈夫だよ。早苗の紹介だから」


「そう。なら安心ね」

 サナは何度も家に泊まったりしているので、親に信頼がある。私の方が信頼ないかもしれないなぁ。

「じゃ、行ってくるね!」

「帰り気をつけるのよ」

 「うん」と返事をして玄関を出る。そのまま自転車にまたがろうとすると、いつもと違う感覚が体に伝わった。

 後ろタイヤがパンクしてる……

 急いで自転車から降り、スマホで時間を確認して走ることにした。歩いたらburstまで一時間かかっちゃう。急がなきゃ!

 でも、私は運動も得意ではない。それでも歩くより少し速いペースで、六時前に駅前まで来れた。

 もう限界……ヒロムごめん。

 初日から遅刻なんて最悪だなぁと思いながら、ふとネオの姿を探してしまった。でも、あの場所にネオはいなかった。

 昨日、彼の名前を知った。ネオか……家族は……いないんだよね……。

 走る体力を失った私は、そこから歩いて居酒屋burstを目指す。

 そんなネオの居場所が、レイの作ったno nameか……。あ、私メンバーになっちゃったけど、ネオは知らないんだよね。でもレイは自由参加って言ってたし、サナもいるからなんとかなるかな。

「あれ?」

 そういえばヒロムのburstって場所どこだっけ?確かこの辺だったはずだけど……どうしよう……お店わかんなくなっちゃったよぉ。

「ねぇねぇ、今一人?」

「え?はい、一人ですけど……」

 道に迷っていると、突然二人組の若い男性に声をかけられた。

「じゃあさ、これからどっか行こうよ」

「え……」

 これってナンパ?困った……

「すみません、私これからバイトがありますので……」

「いいじゃん」

 茶髪ロン毛に腕を掴まれた。逃げられない……。

「一日くらいサボっちゃえよ」

「嫌です。離して下さい!」

「嫌がる顔もかわいいねー!」

 必死に逃げようとしたその時、「うぐっ」という声と「おい!」と怒鳴る声が耳に飛び込んできた。掴まれていた手が離れるのを感じて目を開けると、茶髪ロン毛の男性がお腹を押さえてうずくまっていた。

 はっ!?

「いって……」

「テメェ、いきなり何すんだよ!」

 怒鳴った短髪ピアスの男性が私の後ろを見てる。そう気づいた瞬間、私を殴るように右腕を上げた。

 殴られる!そう思ってかがもうとしたその時、視界を誰かが横切った。「うごっ……」という声と共に、短髪ピアスの男性は顔を殴られて道に倒れた。

 私が目にしたのは、黒Tシャツに黒レザーの長ズボンをはいた男性の背中だった。

 この人……ネオ!

 驚いていると、振り返ったネオは私の手首を掴んで走り出した。

「え?ちょっと!」

「……」

 ネオは何も言わず、私は引かれるままに走るしかなかった。でも、100メートル程の道を二回曲がったところで体が悲鳴を上げた。足がもつれて転びそうになると、止まったネオの背中に頭をぶつけた。

「ハァハァ……助けてくれたのは感謝するけど……もう……走れないよ……」

 すると、ネオは私の手首から手を離して歩き出してしまった。

「ハァ、待ってよ!」

 話しかけても、ネオは無言のまま止まらない。両手を膝に置いた私は、ネオの足を止めたくて思わず叫んでしまった。

「私、あなたのバンドに入ったんだからね!」

 ネオの背中がわずかにビクリとして、足が止まった!少し嬉しくなって近づこうとしたその時、ネオのそっけない一言で私は立ち止まった。

「そっ」

 そっ……て、それだけ?no nameが大切じゃないの?ムカッ!

「あなたネオでしょ?名前があるのにどうしてno nameのままなの?」

 私の声に、ネオの背中が少し上がってゆっくり下がる。ため息をつかれてしまった。

「俺はバンドに入ったつもりはないし。だからno nameなんだろ?」

「入ったつもりはないって、レイはネオのバンドだって言ってたよ?」


「レイが勝手に言ってるだけ」

 素直じゃない!

「もういい!私行くから」

 すると、ネオはズボンに入れていた右手を上げた。掌でって!もうちょっとマシな挨拶できないのかなぁ……まぁそういう人じゃないのはわかってるけど……あ。

「ちょっと待って!」

 歩きかけたネオが足を止めた。やっぱり返事はないけど……

「あの……ヒロムのお店の場所ってわかる……かな?」

 無言……聞いてない?って、ネオ行っちゃうの?

「ねぇってばぁ!」

 歩くの止めて聞いてよぉ……

 ガクッと肩を落としたその時、「こっち」と呟いたネオの声に、私は勢いよく顔を上げた。すぐに前を歩くネオに追いついたけど、なんとなく斜め後ろからついていくことにした。

 顔を覗きこむと、普段長い前髪で見えないネオの目が、歩く震動と風のおかげで時折確認することができた。

 やっぱりめんどくさそうな顔してる……でもよかったぁ。ネオがburstの場所を知ってて。

 そうホッとしたのもつかの間だった。無言が辛い……仕方ない!

「ねぇ、ネオ。今日は路上ライブやらないの?」

 反応なし……まだまだ!

「なんでヒロムのお店を知ってるの?」

「超能力」
「うわぁ!」

 ビックリしたぁ。いきなり返事するとか予想してない……って、違う!からかわれただけじゃん!

「あっそう。超のうりょ……」

 そう言いかけた時、急にネオが立ち止まった。……何?

 ネオの顔の向きを追うと、そこにはburstの看板があった。着いたんだ……アハハ。

「ネオありがとね。後、助けてくれたことも……」

 って、じゃ!くらい言えないの?

 ネオはburstの前を歩いて通りすぎた。何考えてるのかサッパリだよ……。

 ネオの背中が消えた後、改めてburstの周りの景色を確認。まだ明るいから全然わからなかったけど、これで場所は覚えた。

 慌ててスマホを取り出すと、時間は六時を余裕で過ぎていた。ヤバイなぁ。ヒロムって怒ると怖そうだし……

 意を決して寿司屋のようなドアを横に開け、中を覗きこんだ。

「こんばんわ……」

「いらっしゃ、おーナオか!マジで来るとは思わなかったぜ」


「え?」

 笑顔のヒロムに拍子抜けした私は、その場で固まった。はめられたの?

「おいナオ、なにしてんだ?」

「え……だって、私もno nameのメンバーだからって昨日……」


「あーそれか。バイトとno nameは関係ないぞ?あれは俺のジョークだ」

「じょ、ジョーク!」

 なにそれ!じゃあ私の勘違いってこと?

「帰る……」
「ちょっと待ったぁ!」

 もぉー!ネオといいヒロムといい、なんなのよー。

「なぁナオ。せっかく来たんだからさぁ、手伝ってってくれよぉ。給料はちゃんと払うからさ」

「でも……」


「ならこれならどうだ?バイトしてくれたらネオの秘密を教えてやらなくもない……」

 ネオの秘密!

「ハッ!」

 しまった!ヒロムがしてやったりの顔してる。

「う……ん」

「決まりだな!ほれエプロン」

 つい投げられたエプロンを受け取ってしまった。でも、あのネオに助けてもらったのは事実。秘密なんて言われたら……

「格好はそのままでいいからな!」

「うん……」

 エプロンつけてしまった。

「ねぇヒロム。本当にこんな格好でいいの?」

「まぁ……メイド服着せる訳にはいかないしなぁ」

 その顔、冗談に聞こえない……まさか本当はネオの秘密なんてないんじゃ……私またははめられたのかな。

「ん?なんだよその顔。まさか疑ってるのか?ちゃんとバイト代払うって!」

「そうじゃなくて……」
「いらっしゃいませー!」

 あ、お客さんだ。

「お?マスター、可愛い子入ったね」

「どうもどうも。ウチの看板娘のナオです。以後ごひいきを」

 ヒロムって口が上手いなぁ。真面目そうなサラリーマンの男性とも違和感なく接してる。

「もしかして、マスターのこれかい?」

 こっ、小指!

「いやぁ、わかっちゃいました?」
「そんなんじゃないですー!」

 恥ずかしい。やっぱり帰りたい……

「なんだ、違うのか。マスターはモテそうなのになぁ」

「いやいや。こう見えて実は奥手なんですよ」

「そうなのかい?」


『アハハ!』

 二人はすごく楽しそう。私はどうすればいいんだろう。

「ナオ、冗談だからな」

 笑顔のヒロムに、私は小さく頷いた。だから冗談に聞こえないんだけど……

「そういえばマスター。今日はあの生意気な男の子はいないの?」

 え?

「そおっすねぇ、あいつは非常勤というか非常識というかなんで……」

「訳ありかぁ。マスターもよく我慢してるよ」

「まぁ、人生色々ありますからねぇ」

 ちょっと待って!それってネオの事だよね?だからburstの位置を知ってた……え?じゃあ今日はサボり?ネオぉ……

「いらっしゃいませー。空いてる席にどうぞー。ほれナオ、案内してくれ。お?ナオ?」

「あ、うん。こちらへどうぞー!」

 三人組の男性を机の席に案内した。ヒロムの言ってたネオの秘密が本当にあった!なんかやる気出てきた。

「えーと、とりあえず生中三つ」

「かしこまりました、少々お待ち下さい」

 よーし、バイト頑張るぞ!

「ヒロム、生中三つ!」

「ナオー、そこはマスターだろ?」

「あ、アハハ。ごめん」

 
「アハハ」

 カウンターのサラリーマン男性に笑われて恥ずかしくなった。少し調子に乗ったかも。

「初々しくていいじゃないの、ねぇマスター」

「わかります?だからスカウトしたんですよ。ほれナオ、生中三つ」

「はい」

 完全にヒロムのオモチャだな……私……

「お待たせしました」

 注文の品を置くと、時間も時間のせいかお客さんが次々に来店。業務をこなすのが精一杯で、いつのまにかネオのことは忘れていた。

「いらっしゃいませー!ナオ、頼む」

「あ、はい!こちらの席へどうぞ」

 この店暇じゃなかったのかなぁ……忙しい……

「ほい、持ってって」

「はぁ~」

 この時すでに二時間が経過。私はカウンターに両手を置き、大きく一息ついた。

「どうした?ナオ。疲れたか?」

「うん、ちょっと。ねぇヒ…まっマスター。こんなに忙しいのに、ネオは今日バイトに来ないの?」

「あー、やっぱり気づいてたか。ネオなら、外出て階段登ればいるんじゃねぇかな?」

「んん!?」

 今なんて?ネオが……burstの二階にいる?

「マスター、ちょっと外します!」

「ちょ!ナオ、今行くのかよ!」

「すいませーん!注文いいっすか?」

「へっ、へい!」

鬼門

 戸を明けて勢いよく外へ出たけど、居酒屋burstの壁沿いにある鉄製の階段を目にした瞬間、私はゴクリと唾を飲み込んだ。

 階段を見上げると、すぐに木造の扉を発見。あの奥にネオがいる……。

 よし!と気合いをいれて、階段を一段ずつ登り始めた。そしてドアの前で立ち止まると、大きく息を1つついてドアをノックした。

「ネオ?いるんでしょ?開けてよ!」

 反応なし。いないのかな……。

 ふと右に目をやると、ガラス窓があることに気がついた。電気は消えてるってことは、いないかも……ガチャ

「え!?」

 突然ドアが開くと、眠そうなネオが頭をかきながら「うるさい……」とでてきた。

 ビックリしたけど、すぐにバイトの事を思い出して両手を強く握った。

「う、うるさいって、ネオお店手伝ってよ!忙しいんだから」

 って、聞いてないし……。

 ネオは振り返って部屋へ戻ってしまった。すると、うっすらと部屋の中が見えた。これがネオの部屋……何もない……

「え?」

 再びネオがドアまでくると、ギターケースを握りしめて階段を降りていった。

「ちょっとネオ……」

 こんな時間にギターを持ってどこに……そっか、路上ライブだ。

 ポケットからスマホを出すと、時間は八時半。こんな時間から路上ライブをやってたんだ。だからあれから一度も見なかった……じゃない!

 私は急いで階段を降り、ネオを追いかけた。

「ネオー!」

 叫んでみたけど、見える範囲にネオはいなかった。すると、burstの戸が開いた。

「ナオー?早く手伝ってくれ!」

「あ!ヒロム。今戻るから」

 そう言うと、ヒロムは賑やかな店の中へ戻っていった。私はキョロキョロしながら、お店に入った。やっぱり、ネオを見つけることはできなかった。

 ヒロムはネオが来ないことがわかっていたのか、ネオのことを何も聞いてこない。仕事をこなしながも、私はやっぱり路上ライブを続けるネオが納得できなかった。

 レイやみんなの気持ちを考えると悔しい。no nameがあるのにどうして……

「ウーロンハイにレモンサワーですね。少々お待ち下さい」

 ダメだ。今は忙しいんだから、仕事に集中しなきゃ!

「マスター、ウーロンハイにレモンサワー入ります!」

「はいよー」

「すいませーん」

「はーい!今行きまーす!」

 今度は別のテーブルへ注文を取りに行く。仕事をしてはいるけど、やっぱりネオの後ろ姿が頭から離れなかった。

「ごちそうさまぁ。」

「ありがとうございましたー!」

 最後のお客さんを送り出した時、時計を見ると日付が変わっていた。

「はぁ~、終わった……」

 ホッとして振り返ると、ヒロムがカウンター越しに一杯のグラスを置いた。  

「お疲れー。ほれナオ、ウーロン茶だ」

「ありがとう……マスターぁ」

 好意に甘えてカウンターに座る。本当に疲れた。

「ヒロムでいいぞ。バイトは終わったからな」

「そっか」

 ヒロムは食器を洗い始めた。手伝おうとして立ち上がろうとしたけど、足がプルプルして立てない。すると、ヒロムが背中を向けたまま嬉しそうに話し始めた。

「いやぁ、今日は俺も疲れたぞ。ナオ、お前は客寄せ天使か?まぁ売上げ出たし、助かったぞ」

 やっぱり今日は忙しかったんだね……

「ヒロム、それは私じゃなくて、悪魔が出て行ったからじゃないの……?」

 力尽きるように、私はカウンターに顔を伏せた。

「悪魔ってお前。それネオのことか?アハハ。どっちのおかげかわかんねぇけど、明日も頼むわ」

「それはいいけど、明日ネオはお店に出るの?」


「わかんねぇなぁ。まぁナオの言い方だと、ほとんど出てないように聞こえるけどな」

 洗い物を終えたヒロムは、グラスにアップルジュースを注いだ。

「だってネオだよ?」

「その言い方。仕方ねぇって言えば仕方ねぇけど……」

 ヒロムはジュースを飲みながら私の前に来ると、ため息をついて肩を落とした。違うの?

「まぁいいや。今日は遅くなったしな、車で送ってくわ。続きはまた後な。これで店を閉めてくれ」

「うん……」

 鍵を受け取り、ウーロン茶を飲み干して外したエプロンをカウンターに置いた。私はまた、勘違いしてるのかなぁ……

 ヒロムは車の鍵を持って外へ出た。すぐにエンジン音が聞こえてきたので、外へ出て入り口の戸を閉める。すると、白い箱形のバンが店の前で止まった。

「ナオー、鍵閉めたか?」

 助手席の窓が開き、ヒロムがこっちを覗き込んだ。

「うん、はい鍵」

 窓から鍵を渡すと、ヒロムは手を伸ばしてそれを受け取った。

「サンキュー。じゃ、乗ってくれ」

「うん。ねぇヒロム……」

「なんだ?」

 助手席に乗った私は、ついうつむいてしまった。その態度をヒロムは気にしてくれたのか、すぐに車を走らせなかった。
 
「ナオ、そんなにネオが気になるのか?」

 ヒロムの声に、私は小さく頷いた。

「そう言われると、自分でもよくわかんないんだけど」

 チラッとヒロムを見ると、運転席側の窓から外を見ていた。

「まぁ、男の俺から見てもネオのカリスマ性は否定出来ない。レイが惚れるのもわかるわ」

「私は別に!……惚れるとか、そんなんじゃ……」

 そうだよ。私は別にネオが好きな訳じゃない。ただ納得できないだけ……。

 すると、ヒロムが車を走らせ始めた。

「ちょっと、寄り道してみるか?」

「え?どこ行くの?」


「それはな、着いてからのお楽しみだ」

「また冗談?」


「いやいや、これは本気。っていうかこの会話おかしくねぇか?もうちょっと信用してくれよ」

「だって……」

 no nameのやってることが、本当によくわからないんだ。

「緊張をほぐすにはな、冗談言って笑わすのが一番なんだよ」

「それはわかるけど……」

 するとヒロムは、「ん~」と左手であごをかき始めた。

「ネオか……あいつは冗談すら通じねぇ鬼門だからな。それでも突破してみねぇか?」

「無理無理。ネオが一番何考えてるのかわかんないし」

「まぁ、何でもやってみないとわからないだろ?ほれ、着いたぞ」

「え?」

 着いたって……ネオじゃん!あ……まだ歌ってる……あれから四時間は経ってるのに。

「あいつまだ18だろ?高校行ってれば三年だ。遅い時間は辞めろって言ったんだけどな。言うこと聞かねぇから、俺も大変で……」

「そうなんだ……」

 ヒロムは両腕をハンドルに置き、頭を伏せた。 

「ヒロム、毎日迎えに来るの?」

「ここならいいんだけどな……」

 顔を上げたヒロムは、駅前の駐輪場のある方向を見た。交番を目にした私がまさか……と思った瞬間、ヒロムがガバッと顔を上げて私を見た。

「だってよぉナオ、あいつここんとこ補導されまくりだぞ?家族がいないから、保護者ヅラして俺が警察署まで行くんだぜ?……まぁ、たま~にレイに頼むけど……」

 ヒロムの苦労が顔に出ていた。交番どころか警察署って……確かにあの警官なら手に追えなそうだけど。ヒロムやレイは、普段ネオの為にそこまでしてたんだね……。

「ヒロムが家族って言ったけど、no nameって不思議な場所だよ。私には、ついて行けない……」

「そうか?ナオは素質あると思うけどな?」

「え?」

 心配した私がバカだった。ヒロムが悲観したのは一瞬。今は呑気に鼻をほじってる。でも素質って言われても、私はサナじゃない……。

「まぁ、縁があって今があるんだろうな。それに、悪いことばかりじゃないだろ?」

「うん……」

 ネオの為にここまでするのは、ヒロムにとってはレイの為?それなら私にもわかるけど。

「あれ?アイツ今日ギター下手くそだな。また喧嘩したのか?」

 喧嘩……

「あ!」

「なんだ?ナオ知ってるのか?」

「うん。今日burstに行く途中に絡まれちゃって、ネオが助けてくれたの」


「正当防衛か。なら怒るのは無しだな」

「うん。それでお礼言ったんだけど、ネオに無視された」


「そんなのいつものことだぞ?あいつの辞書にお礼の文字はないからな。まぁ、怪我してんならそろそろ帰るだろ。行くか?」

「うん」

 それから私の案内で、ヒロムは家まで送ってくれた。車から降りて「ありがとう」と言うと、ヒロムは笑って「明日も頼むな~」と走り去っていった。

 家に入って湯船に浸かると、あまりの気持ちよさに「あ~」と声が漏れた。でもすぐにno nameのことを思い出すと、ボーっと天井を見つめてしまった。

 ヒロムはバイトがno nameと関係ないって言ってた。それならどうして私はno nameのメンバーにされたんだろう……。バイトは行こうと思うけど……。

 その時、ヒロムの言った通りネオのギターがおかしかったことを思い出した。

 ネオは、どうして助けてくれたんだろう……