名無しのバンド|no name 2話

 大学へ入学した私は、何かが変わる事を期待していた。早苗に負けないようにと思い、あらゆるサークルを回ってみた。そんな日々が続いてあっという間に三ヵ月が過ぎたけど、私は相変わらずだった。

「はぁ~」

 やりたい事は見つからない……私も、何かに夢中になれたらなぁ……

 頬杖をついていると、講義終了のチャイムが鳴った。

「今日はここまでにします」

 教授がマジックに蓋をしてホワイトボードの掃除を始めると、次々に生徒が教室を後にした。

 今日も終わり……帰ろう

 席を立って廊下へ出る。焦りはなかったけど、物足りなさは感じてた。

 三月の卒業以来、早苗とも会っていない。やっぱり大学が違うと、こんなものなのかな……

「菜緒、またねー!」

「うん、また明日!これからサークル?」


「そう。もうすぐキャンプだからその準備とか色々。菜緒も入りなよー」

「私はいいよー」


「気が向いたらいつでも歓迎するからね!」

「うん、ありがとう。じゃあまたね」

 唯一入ったサークルで出会った女友達。特に何をするでもないワイワイサークルだった。誘ってくれるのは有り難いけど、楽しいだけのサークルに流されるのはなんとなく嫌だった。

 玄関を出た私は、いつものように駐輪場を目指す。三十分自転車をこいで、そこから三十分電車に揺られていつもの駅へ帰るんだけど……あれ?自転車の鍵がない。あ、そっか。さっき自転車貸したから外ポケットに……あった。

 鍵を開けて自転車をこぎ出そうとしたその時、カバンから着信音が鳴った。スマホを取り出すと、早苗からのメールだった。


ーーーーーーーーーーー

今日暇ー?っていうか、
5時にready集合!

ーーーーーーーーーーー


 ご、強引……でも久しぶりの誘いは嬉しいな。だけどreadyか……

 少し迷ったけど、了解っと返事を返して駅へ向かった。駐輪場に自転車を置いて、電車に揺られる事三十分。窓から見える町が、なんだかいつもと違って見えた。

 電車を降りて改札を出ると、正面にあるライブハウスreadyが目に入った。卒業以来か……もっと早苗に誘われるかと思ってたけど、ちょっと意外だったなぁ。

 そんな事を思いながらキョロキョロしていたが、早苗の姿が見当たらない。どこにいるんだろう?さすがに一人でreadyは入れないなぁ。あ……そうだ。

 私が振り返ったのは、自動販売機の横にある例の場所。今日もあの彼はいない。この三ヶ月間、一度も彼を目にする事はなかった。会いたいとは思わないけど、いたら一言言おうと思ってるのに……

 早苗が見当たらないので、とりあえず自販機まで戻ってコーヒーを買った。そのまま噴水周りのベンチへ腰かける。連絡しようかと考えたけど、飲みながら待つ事にした。

 正面には、彼のいた路上ライブの場所が広がる。このベンチに座るのも、あの日以来だ。

 歌かぁ……大学の軽音サークルも行ったけど、結局近寄りがたくて入らなかったなぁ。

 コーヒーをゴクリと飲んだその時、一つの思いが私の動きを止めた。


 人前で歌うって、どんな気分なんだろう……


「菜緒ー!」

 右に目をやると、改札から出てきた早苗が手を振っていた。

「さな…えー?」

「久しぶりぃ!元気だった?」


「元気だけど……」

 早苗のファッションに圧倒されてしまった。膝に穴の空いた黒のジーンズ。白のTシャツには赤文字の英語とドクロがデュエットしてる。両腕にはトゲトゲのリストバンドに見覚えはあるけど、ブルドックが似合うようなトゲトゲネックレスが首にあった。極めつけは、髪が角のように二本生えてるかのように立っていた。


「早苗、また随分と派手になったね……」

「当たり前じゃん。だって私、これからライブだし!」


「え?ライブって……今日も視察かと思ってたんだけど」

「えへへっ」

 驚く私に、早苗は満足げに笑顔で人差し指を上唇に当てた。

「いつバンド組んだの?」

「実は先月。奈緒を驚かそうと思って黙ってたから」

 本当に驚いたけど、早苗の笑顔に私も満足した。

「そっかぁ。で、どんなバンドなの?名前は?」

「名前かぁ……名前ねぇ……」

 あれ?私変な事言ったかな?

 早苗は上を見ながら人差し指を顎へ移動させた。

「まぁ、名無し……かな」

「は?名無し?名無しバンドってなに?」

 立ち上がった私を静止させるかのように、早苗は両手を前に出した。

「ウソウソ。no nameっていうロックバンド。でもこれって名無しでしょ?」

「うん、まぁそうだけど……no name ?」

 再びベンチへ座ると、早苗が隣に座った。

「でもバンドメンバーなんだよね?やったじゃん!」

 喜んだ私の目に、少しへこんだ態度で両脚を前後へバタバタさせる早苗が映った。

「まぁ一応……」

 なんだろう?嬉しくなさそうに見えるけど?

 すると、一度頷いた早苗は両手の反動でベンチから降りた。

「よっと。今日あたしら二番目だからさ、もう少ししたらready中で待っててよ。じゃあこれ、チケット」

「あ、うん、わかった」

 早苗はreadyへ走って行ってしまった。あれでも緊張してるんだろうなぁ。それにしても、気まずそうな顔に名無しのバンド……百聞は一見にしかず!ready行ってみよう。

同一人物

 ベンチを後にした私は、三ヶ月ぶりのreadyの扉の前で思わず立ち止まってしまった。決して新しく綺麗ではないけど、鉄筋コンクリートの四角い建物は、どこか暖かみを感じる。

 意を決して、紅色の扉の奥を覗き込みながらそっと開けた。薄暗いライブスペースとお客さんのざわめきは、初めて入った日と同じだった。

 やっぱり緊張する。

 入ってすぐの左スペースにあるカウンターで、早苗から貰ったチケットを男の店員さんに渡した。

「いらっしゃいませ。今日も楽しんでいってね」

「あ、はい」

 店員さんがちぎったチケットの一部を受けとると、渡された私は少し戸惑ってしまった。

「何か飲みたくなったら、それ渡してね」

「はい」と返事をしてはみたが、よくわからなかった。歩きながらチケットを見てみると、ドリンク券と書いてあった。


「あ、そういう事か」

 前は早苗が全部やってくれたからね。あれはドリンク券だったんだ。

 そしてライブスペースに着くと、私は早苗の行動を思い出してオレンジジュースをもらいに行った。それを飲みながらキョロキョロ周りを見渡し、一人だから後ろで見ようと決めた。

 私が選んだのは、入り口からすぐの右側スペース。移動しながら二階へ続く鉄階段を見上げ、その下の壁に寄りかかった。少し落ち着いて再び周りを見渡すと、つい立ち見客の数を数えてしまった。

 この前よりお客さん少ないかな。二十人くらい?

 すると、しばらくして最初のバンドがステージに上がった。四人組の演奏に、最前列の四・五人が声援を送っている。演奏が始まると、相変わらずの爆音。だけど、二回目で慣れたのか意外に平気だった。

「ありがとーう!」

 五曲ほど歌ったトップバンドの演奏が終わった。ボーカルの去り際の挨拶に、お客さんから拍手が贈られた。私もつられて拍手したけど、前回readyの中を見る余裕がなかったので、そっちに集中してしまった。狭く感じた観客スペースは、今日は落ち着いているのか結構広い事に気づいた。

 再びステージには誰もいなくなり、電球色のライトが照らされる。すると、いつの間にか観客が増えていた。

 次だよね……no name。親友の初ライブか。楽しみだけど、なんだか緊張してきた。最前列埋まってるし、no nameって人気ありそう。早苗の事だから、心配無用だと思うけど。

 ステージをジッと見ていると、数人の人影が見えた。早苗だ!確かキーボードって言ってたよね。ふ~ん、あの人ギター。それとベースにドラムに……

「え?」

 驚いた私が見たのは、五人目として最後にアコースティックギターを抱えた男性の姿だった。

 間違いない!アイツじゃん!なんで早苗と一緒にバンドを……

「えーーーー!」

 ステージでガタゴトと準備する音以外ない静寂の中、思いっきり声が響いてしまった。お客さんの視線に気づくと、私は恥ずかしさから両手で口をとっさに塞いだ。

 それでも私の目は、アコギ持ちの男性がマイクの位置を直している姿から目が離せなかった。

 わからない……彼は孤高のアコギストで、路上専門のソロじゃなかったって事?

 口から手を離し、目を閉じてため息をついてしまった。

 ダメだ……親友の初ライブだからテンション上がってたのに、なんでアイツがボーカルなの?

「こんばんわ」

「え!」

 突然飛び込んできた爽やかな声に、ビクッとなってステージの彼を見た。

「no nameです。今日は楽しんでいって下さい!ではよろしくー!」

 あまりに違いすぎる態度に、私は唖然とした。

 あれ?私の勘違い?他人の空似なの?

「それじゃあ1曲目。ライジングサン」

 演奏が始まっても、しばらく私は混乱状態だった。でも、いつの間にか自然とテンションがマックスになった。心踊る歌に、頭が体が勝手にリズムを取っていた。

 凄い!やっぱり他人の空似だよ!あの彼がこんな素敵な歌を歌えるはずがない。雰囲気も全然違うよ。


 それにしても素敵な笑顔……綺麗な歌声……


 no nameの演奏に、私は時間を忘れる程夢中になっていた。ラストナンバーの閉めがジャーンと鳴ると、私は両手を上げて拍手していた。

 早苗、いいバンドだよ!

「ありがとう!」

『ワー!』

 三十人程だけど、一人一人が凄い歓声を上げていた。私もすっかりファンになってしまった。最高だった、no name!

 他のお客さんみたいに叫ぶ事は出来なかったけど、早苗の成功が何より嬉しかった。早苗はすっかりバンドに馴染んでるようで、初演奏の心配の必要はなく、逆に感動するほどのプレイだった。

 キーボード上手いなぁ……私は早苗に憧れるよ。

 満足した私は、readyの外へと歩きながら大きく伸びをした。

 はぁー!気持ち良かったぁ。

 そんな最高の気分だったけど、ドアノブに手をかけた私は固まった。

 またあの歌が聴こえたら……いないよね……

 そっとドアを開けて、あの場所を見た。

「ホッ、いない」

 安心した私は、歩道を渡って噴水側のベンチに座って上向きに目を閉じた。no nameは有名になりそう。私、早苗の親友で良かったぁ。

「アハハ!」

「な~に笑ってんの?」


「うわっ!?」

 目を開けると、そこには笑顔の早苗がいた。

「なんだぁ~、早苗かぁ……ビックリした」

「あのねぇ、こっちがビックリしたって。声かけようとしたら、いきなり笑い出すんだから」


「いいじゃん!楽しかったんだから。早苗おつかれさま。ライブ良かったよー!」

「ありがと」

 早苗は少し照れ臭そうに目をそらした。

「ねぇ、no nameって絶対いいバンドになると思う!私もう早苗が有名人になっちゃったらとか考えると……いたっ!」

 笑顔でチョップされた。

「興奮しすぎじゃ!」

「だってー、それくらい良かったんだもん」


「じゃあ奈緒……いいってことか……」

「えっ?」

 突然きた意味深な言い方に、瞬きが自然に増えた。

「早苗、何が?」

「何がって、菜緒気づかなかったの?」


「気づかなかったって……何?」

「ボーカルよ、ボーカル」


「ボーカル?no nameのボーカル凄い良かったよ!」

 ……あれ?早苗にため息をつかれた。

「まぁ、イメージ違い過ぎてわからないか……」

 まさか?

「えーー!?」

 両手を腰に当てて頭を下ろした早苗の姿は、理解するのには十分だった。でも信じられない。本当に?

「だって早苗。あの路上ライブの彼とno nameのボーカルは、世の中に3人はいるって言う他人の……」

「空似って言いたいんでしょ?」

 イタズラ顔の早苗に人差し指でおでこを押された。でも、私の頭は二人の彼の姿でいっぱいだった。

「さ、早苗嘘だよね?どう見たって別人だよ?」

「そう。中身はね」


「そう!中身……え?どういうこと?全然わかんないよ。早苗だって騙されたじゃん」

「まぁそうだけと、私は彼の声やカリスマ性に惚れたからね。だからもう何でもいいんだけど」

「良くない!良くない!」

 早苗を止めようと立ち上がったけど、「落ち着きなさい」とまたチョップをもらってしまった。

 おでこをさすりながら早苗を見ると、腕組みをして空を見上げていた。

「ねぇ早苗。彼は二重人格ってことなの?」

「私は知らない。奈緒がそんなに気になるなら楽屋でも行く?彼に直接聞いてみなよ」

「え……直接?」

 早苗がここまで言うなら同一人物で決まり。あの冷たい目が、さっき見た彼と同じ人だなんて……

「奈緒?置いてくよ?」

「あ、ちょっと待ってよぉ」

 readyへ向かった早苗を、私はすぐに追いかけた。再びreadyの中へ入ると、早苗は入り口から左へ向かって行った。私はカウンターの店員さんにおじぎをし、早苗の後を追う。狭い廊下のその先に、staff onlyと書いてあるドアにたどり着いた。

 ヤバイどうしよう。もう楽屋に着いちゃったよ……

 立ち止まって振り向いた笑顔の早苗の目に、私の姿は震える子犬のように見えていたかもしれない。

「奈緒、開けるよ?」

「うん……」

 両手を握りしめたままの私は、早苗が開けたドアの隙間から中を覗き込んだ。そこには、先ほどステージで演奏していたギターの人と、ベースの人が円椅子に並んで座りながら各楽器を弾いている姿があった。早苗が「ただいまー」と部屋に入ると、皆の視線がこちらに向けられた。


「みんなー、こちら私の親友の菜緒。今日はライブ見に来てくれたの。これからよろしくねー」

「あぁ」
「どうも」

 それぞれギターとベースを抱える二人におじぎされ、私もおじぎしながら部屋に入った。

「突然すみません。お邪魔します……」

 すると、四角い鏡が並ぶ壁側の円椅子に座っていた背の高い男性が立ち上がり、私と早苗の前に歩いてきた。

「初めまして、リーダーの礼司(レイジ)です。メンバー間ではレイと呼ばれてます。ヨロシク」

 この人がno nameのリーダー……第一印象は丁寧な人。肩まである外跳ねの長い銀髪が整った顔と共にふわっと下げられ、私も左手で髪を押さえながらおじぎをした。

「あ、菜緒です。よろしくお願いします」

 頭を上げたレイと呼ばれる男性をおじぎしたまま上目で見ると、とても綺麗な笑顔で見つめられた。

「こちらこそ。それで早苗(サナ)、わざわざ連れてきたってことは、この子もno nameに参加するのか?」

 え?私がno nameに??

 すぐに頭を上げ、右手をレイに向けて左右に振った。

「いえ、私はただ……」

 慌てて隣にいる早苗を見ると、変わらず淡々としていた。

「菜緒は参加しないよ。そこのカリスマに用があって連れてきただけ」

 早苗が部屋の奥隅を指差すと、少し薄暗い場所で下を向いたまま方膝を立てて座っている、彼がいた。

「なるほど、新(ネオ)の客か」

 レイの言葉に「ほぅ…」とかすれる声で、私は彼を見ながら何度か頷いた。あの人、ネオって言うんだ……

 するとレイは、ネオに向かって少し強く言い放った。

「おい、ネオ!お前にお客さんだ」

「……」

 ネオからの返事はない。立てた方膝に肘を乗せて下を向くその姿勢も、レイの言葉を聞いて変わる事はなかった。長く黒い前髪で、目元も全く見えない。

「ったく…。」と呟いたレイが、やれやれと前髪をかき上げた。

「お前、返事くらいしろ」

「用ないし」

 ハッ!?やっぱり同一人物だ!

 驚いた私の顔を見たレイが、「フフフッ」と苦笑いした。

「悪いな。あいつ無愛想でさ。ライブではキャラ作ってるけどな、普段はこんな感じなんだ」

 強く同意した私は、ウンウンとレイに向かって頷いた。

「大丈夫です!よ~く知ってますから!」

 私の大袈裟にも見える態度に、レイは微笑んだ。すると、早苗が私の右肩に左手を置いて、レイに話しかけた。

「菜緒はね、ネオの路上ライブを見てるんだよ。孤高のアコギストのね」

「やはりな。それならイメージが違って当然だ」

 レイと早苗が微笑み合う中、私はネオを見ていた。

 だけど、まだ信じられない。さっき見たライブでの彼は何だったの?レイはキャラだって……って、そういう問題じゃない。キャラってわかったんだから、こっちの姿が本物の姿。ならもう用事はないじゃん!何を考えてるの?私は。

「ねぇ早苗。私帰るね」

「えっ!?奈緒帰っちゃうの?」


「ありがとうございました。失礼します」

 おじぎをした私は、ドアを開けて部屋を出た。

 あ~もう!何かイライラする~。

「ちょっと菜緒ってばー!」

 追いかけてくる早苗の声に目もくれず、私は早歩きでreadyを出た。そのまま噴水側のベンチまで歩き、立ち止まった。

「う~、思い出すだけで気分が悪い。こっちだって用って呼べるほどの用なんてなかったのに」

「奈緒、わかったからちょっと座って落ち着こうよ」

「早苗……うん」

 早苗に肩を抱かれ、一緒にベンチへ座った。

「黙ってて言うのもなんだけど、私はネオをよく知らないのよ。生意気で、一つ年下って事くらいしかね」

「え!?一つしか変わらないの?」

 興奮した私は、早苗に左手で肩をポンポンと叩かれ、「まあまあ。」となだめられた。

「はぁ~、全くどういう育ち方をしたんだろう……」

「奈緒見たでしょ?あの様子じゃ、色々深そうで聞けないって。レイは知ってるかもしれないけど、私はネオに変な干渉をするつもりはないよ。あれだけのライブをこなすんだからね」

「私だってそんなつもりは……」

 そうだよ。早苗の言う通り、別にあの人が何者でも関係ない。

 関係な……

「あの早苗。あの人のキャラはなんなの?」

「キャラ?あ~、あれね。レイが言い出したみたいだよ。っていうか、二人の約束みたいな感じなのかな?よく知らないけど、ライブでは明るくいろって事らしい。ま、私も入ったばっかりだから」

「そうなんだ……約束ね……」

 あんなに素敵な笑顔が出来るのに、どうして普段はあんな態度なんだろう?

「それより菜緒。これからライブの打ち上げがあるんだけど行く?私らはお酒飲めないけど」

「え、いいよいいよ。なんか邪魔しちゃ悪いし」


「邪魔なんて事ないよ。行けばわかる!っていうか参加決定で!レイに伝えてくるわ」

「ちょっと、早苗~!」

 強引すぎる。でも嬉しそうに手を上げながらreadyへと走り去る早苗を見てると、今日が早苗にとっての初ライブだという事を思い出した。親友の成功をお祝いすると思おう。

「あ!しまった……」

 打ち上げって事は、あのネオも来るって事……

「はぁ~。でも今日は早苗の為に我慢しよう」

 ふと見上げた空は、すっかり暗くなって星が光っていた。

 でも、私には彼のライブが演技に見えなかった……気がするだけかもしれないけど。どっちが本当のあの人なんて答えは出たのに、何で考えちゃうのかなぁ。なんか大変な日になってきたよ……。