【登場人物】ラブライブサンシャインの高海 千歌が難題すぎる

スポンサーリンク

ラブライブサンシャインの主人公である高海 千歌(たかみ ちか)を語るなら、ラブライブの主人公である高坂 穂乃香(こうさか ほのか)と比べるのがいいでしょう。

魅力という難題の結論から言うと、軍配は穂乃香に上がります。ですが、そこをあえて頑張って語ってみようと思います。

以前NARUTOの続編であるBORUTOが面白いのか難しいと語りましたが、ラブライブにも同じ事が言えますね。

ラブライブの続編であるラブライブサンシャインですが、一応ラブライブのメンバーは出てきません。五年後という設定。

そう考えると、ミューズのメンバーはまだまだ若いな!

穂乃香似の子供が出てきましたので、ラブライブサンシャインでミューズのメンバーが出ることはないと思いますが。

そうなるとサンシャインはラブライブの続編と言えるのか微妙な部分もありますけど、舞台設定は同じなので続編ということにします。

で、そんな伝説のミューズからバトンを受け取ったラブライブサンシャインのアクア。

僕がラブライブの続編を書くならどうするんだろう?と考えましたが、やはり面白くするのは難しいです。

まず、ミューズにとってラブライブは目標ではなく目的だったんですよね。廃校を阻止する手段の一つだった。

視聴者の視点は、廃校を阻止してくれ!だったと思います。

そしてアクアですが、キラキラしたい千歌がスクールアイドルを始めるという設定。

これでは視聴者の視点が、千歌が調子にのってるようにしか見えない。そしてイメージするラストはラブライブでの優勝かもしれないけど、そのアクアを見たい人がどのくらいいるのだろうか……


スクールアイドル憧れた主人公が、ラブライブに出場して優勝するまでの軌跡?

これ、誰がどのように応援するだろうか?

で、こう見せない為に色々な工夫がなされていましたが、その色が消しにくい。

ラブライブを見て感動した視聴者は、おそらく似たような困難からアクアがどのように成長してラブライブ優勝までたどり着くのか?を期待してしまう。

その設定が非常に難しい!

その点では、ラブライブサンシャインの一期は頑張ったと僕は思ってます。

なにせ、ラブライブのミューズの物語の完成度が高すぎなんですよね。

だから、続編と言っても穂乃香と千歌の物語は別物として見た方がいいとも思っています。


サンシャインに怒っちゃう人って、ラブライブを汚すな的な人が多いんじゃないかな?

その気持ちはよくわかる。だけど、ラブライブの続編としてラブライブサンシャインを書いた勇気に感謝したいとも思ってます。

やっぱりミューズが偉大すぎて、怖くて書けないよ?でも続きを望むファンって絶対いるし、僕もその一人。

その運命を託されたのが、高海 千歌ですね。

では、その千歌に何をさせればラブライバーたちが満足する続編作品になるのか?

ね?難しいでしょ?

僕にはアクアがどうなればミューズに劣らない物語になるのかさっぱりですよ。

そんな中ラブライブサンシャインは一期を終えて二期待ちの状態ですが、アイディアとして良かったのは、東京ライブでのゼロ票。

っていうか一期の核心部分なんだけど、これがなかったら本当に黒歴史になっていたと思う。

ポイントは、どうやってあの千歌を落とすか?だったと思います。

僕はサンシャインをアニメで見ようと思っているので、漫画で先読みはしていません。

だから続きはわからないのですが、今度は復活した千歌をなんとか落とさないといけない。もしくは九人のアクアに衝撃を与えなくてはつまらない。

そこでポイントになってしまうのが、ミューズ伝説の解散決断ですね。マジで泣かされました……

これは、アクアも同じ状況になるのは必須。どうする?これ。

千歌はサラッと「解散するよ!」とか言いそうなキャラだけど、本心は解散したくないとかにするの?

もしくは学園統合は阻止できず、新学園の方針で、廃校どころか廃部の局面まで行ってしまうとか?


う~ん、面白くないですねぇ……

解散したくないけど解散しなければいけない状況……理由は桜内 梨子(さくらうち りこ)しかいないかも。

ミューズが二期でラブライブに出場したのは、三年生の為だった。

なら、ピアノで認められた梨子がアクアを離れなければならない理由を作って、この九人でラブライブに出られるチャンスは一度しかないとか?

やっぱり難しいよなぁ。

千歌なら梨子の為にそうするとは思うけど、これのどこであのミューズの感動シーンを超えるんだろう。

続けないのは間違いないと思うけど。


まぁそんな訳でラブライブサンシャイン二期の妄想から高海 千歌を語りましたが、頼むから、

「解散するよー!だってミューズもそうだったから!」

なんて千歌が言ったらマズイ……

それも伏線で、きちんとした落とし所があれば言ってもいいけど。

ただね、ラブライブという作品自体の物語も素晴らしかったけど、主人公の穂乃香の魅力は大きかったと思う。

ミューズのキャラの魅力はそれぞれにあるけど、やっぱりミューズは穂乃香抜きでは成り立たない。


千歌では雨を止ませることはできないのだ!


じゃなくて、みんなが行けない場所へ穂乃香は連れてってくれるから!という設定だからです。

不可能と思われることを可能にしてしまう穂乃香と、みんなとキラキラ輝きたい千歌。

穂乃香でも出来なかった何かを千歌が成し遂げる物語になれば、僕的にはよくやったと言いたい。

例えば、ラブライブ出場よりも大事な何かの為にライブをやるとかね。


え?結局アクアはラブライブに出場したの?


みたいな展開で、感動させるようなストーリーに期待します。それが、スクールアイドルを始めた千歌が最後に見つけたゴールなら、ラブライブサンシャインの二期は成功すると思いますね。

終わりよければ全て良し!ってなわけで、お手紙置いていきますぜ!