炸裂!リバースリミット|リミット63話

 三振した一奥は、プロテクターを着ける遠矢(とうや)の下へ真っ直ぐ走ってきた。


「遠矢!全然当たらないぞ?」

「簡単には行かないよ。僕らだって同じ事してるしね。行くよ!一奥」


「同じ事……?まぁ、そうだな」


 二回の攻防が終わり、西島(せいとう)ナインが守備についた。


 三回の表、愛報(あいほう)高校は八番ピッチャーの間口(まぐち)から。間口が右打席に立ち、座った遠矢は考えていた。


(この三回、一番の長谷川(はせがわ)さんに回る。いよいよリバースリミットが始まる……)


 一塁ベンチの愛理(あいり)は、キャッチャーの遠矢がこの回をどう攻めて来るのか、ホームを見ていた。すると愛理は、遠矢の構えた位置を見て喜ぶ。


(インコース!やはりこのバッテリーは、私のノーリードを超えようとしている)


 遠矢が愛理を喜びに似た驚きにさせた裏には、西島高校の特殊な練習があった。一奥と遠矢の球は、バッターに満足感を簡単には与えない。毎日が練習で、毎日が真剣な遊び。


 一奥は、ブルペンでの狙ったインコースではなく、打たせないインコースを毎日何球も投げていた。少しでも中に入れば打たれるという緊張感と、バッターに当ててはいけないというプレッシャー。そして抑えた時の喜びは、自信となり経験となった。


 子供が遊びながら上手くなるのと同じように、真剣勝負だからこそより成長できる練習の毎日が、インコースへのノーリードという自信を生んでいた。


 二人の大胆さに、愛理は唾を飲み込んだ。


(正に死と隣り合わせのインコースノーリード。私も一奥君の球を捕ってみたくなるわね……)「長谷川(はせがわ)!」


 愛理はヘルメットを被ろうとした長谷川を呼んだ。


「なんだ?愛理」


「ここから西島バッテリーは、インコースのみで来る気よ」

「インコースのみ?たいした自信だな」


「前の回で一球だけ見せたインハイは、ハッタリじゃないって事よ」

「なるほどな」


 愛報ベンチに緊張が走る中、一奥が振りかぶった。


「行くぜ!遠矢」

「来い!」


 初球はインローにボール。バッターの間口は見送った。


(さすが愛報高校。八番の間口さんも、この際どい球に手を出さないか……。避けてもいないし、完全に見切っている。それなら……)


 二球目、一奥はインハイを投げた。外れてボールツーになる。捕った遠矢は間口の姿勢を確認する。しかし、タイミングはキッチリ合っていた。


(これで間違いない。それなら次はこれだ)


 一奥は遠矢のサインに頷き、伸びないストレートをインローのストライクに投げた。


「くっ」と、打ちにいった間口が僅かに泳ぐ。バッテリーはショートゴロに打ち取った。ベンチへ下がる間口に、愛理はすぐに聞く。


「間口」

「悪い、愛理。打ち損じたわ」

「それはいいけど、掲示板の球速は145だった。それでも振りが早かったけど、どんな球だったの?」

「ストレートだ。だが思ったよりボールが来なかったんだよ。その分バットの先で打たされた」


「そう、ありがとう……」


 愛理は手を前に出し、目が合ったネクストバッターを止めて歩き始めた。


(145キロのボールが来ない……考えられるのはツーシームのストレート。もしくは……)「フフッ、まさかね……」


 愛理が待っていたネクストバッターの下に着くと、耳打ちを始める。


「バットを短く持ってホームベースギリギリに立って。それと、ストライクは少し沈むわ。後は任せる」

「わかった」


 九番バッターが打席へ向かい、愛理は一塁ベンチに下がりながら「望月!」と声をかけた。望月は頷き、プルペンへ控えキャッチャーと向かう。


 すると、腕組みをしながら立つ愛報の監督が声をかけた。


「愛理、もう望月を準備させるのか?」

「はい、ただの感ですけど……あ!気を悪くしないでね?間口(キャプテン)」


「愛理、その呼び方は辞めろと言ってるだろ?愛理(おまえ)が選手としてベンチにいるなら、俺はキャプテンをやっていないよ」

「ウフフ、ありがとう間口」


 愛理の笑顔に、間口は照れた。


「ッ……お前と組んだ望月の防御率はゼロだ。名京(めいきょう)の国井(くにい)も抑えている。交代は当たり前の事だ……」

「でも私は、まだ間口(あなた)で行きたい。リバース状態で間口と、次の白城(しらき)君を抑えてみたくなったのよ」


「楽しそうに言うなよ……。こっちは大変なんだぜ?」

「いいじゃない。お互い最後の夏でしょ?」


「……まぁな」


 微笑み合った愛理と間口のバッテリーがマウンドを見つめる中、一奥がワンボールからの二球目を投げた。
そしてインコースに外れる。遠矢は腹を決めた。


(ラストバッターも見切るかぁ。なら、やっぱりストライクで行くしかないか!)


 三球目、遠矢は八番と同じツーシームのストレートをインコースのストライクに選んだ。とっさにバットを短く握り変えたバッターが、コンパクトに振り抜く。


『しゃあ!』


 打球はライナーで三遊間へ。打った瞬間愛報ベンチが声を上げたが、レフトの白城は九番バッターに対して前寄りに守っていた。


(取れる!)「ナメるなぁ!」


 白城が前へ飛び込んだ。カバーに走っていたセンターの要(かなめ)は、白城がダイビングキャッチした瞬間「うわぁー!」と両手を上げてジャンプした。


「白城(しら)先輩!ナイスナイス!」


 白城は、起き上がりながら要に言う。


「見たか!要。杉浦(すぎうら)さんのせいで、俺の守備の限界も上がってるん……ん?」


 白城が要を見ると、要はレフトスタンドにいた斜坂(ななさか)に手を振っていた。

 否。先に手を振った斜坂に応えた要だった。白城は斜坂に「へっ!」
と呆れた視線を送る。


(あのバカ、結局外野でも目立ってるじゃねぇか……)


 その視線に気づいた斜坂が声を出した。


「白城さ~ん、ナイスキャッチ~!」


 笑顔で手を振るアロハ短パンサングラスを無視し、白城は振り返ってボールをショートの神山に渡した。


「よく捕ったな?白城」

「いえいえ、杉浦さんのせいっすよ。毎日毎日スゲェ打球に走らされましたからねぇ。そりゃ、上手くもなりますわ」


「アハハ、そうだな」


 白城はポジションに戻り、神山は一奥にボールを返した。場面はツーアウトランナーなし。そしてついに、リバースリミット状態での打率10割を誇る一番の長谷川を迎える。


(ジュニア時代から共に野球をしてきた俺たち三人に影響を与える、愛理のリバースリミット。初めは、愛理が打ち取られるのが悔しいだけだった……。それがいつしか、俺たちの限界を一気に超えるきっかけになり、相手の脅威となった……)


 長谷川が打席に立つ。


「始めようぜ……」


 呟いた長谷川の自信溢れる気迫に、遠矢は一瞬ビクッとした。


(昨日の比じゃない……。やはり試合での集中力は、何倍も上がってる……)


 遠矢は大きく息を吸うと、ハァ~と吐いて気合いを入れた。


(よし、勝負だ!)


 長谷川が構え、遠矢がサインを出す。


(今の長谷川さんには、初球のボールは間違いなく打たれる。勝負球のボールも見切られる。初球からストライク勝負しかない!)


 遠矢がサインを出し、一奥がインコースのストレートを投げた。


(やはりインコースのストレート)


 長谷川は見送り、ストライクの判定とボールの質を確認した。


(公式戦でのリバースリミットは初めてだが、やはり愛理は凄いぜ。ツーシームではなかった。いわゆるおじぎストレート……ハッキリと見えたぜ……)


 初球に遠矢が一奥に要求したストレートは、昨日も使った梯(かけはし)高校戦のものではなかった。


 遠矢がやられた、抜けたカーブの応用。


 抜けたフォーシームに、バッターの長谷川と共に一塁ベンチの愛理も正体に気づいた。


(やはりツーシームではなかった。そこまで再現されると、ますます打ちたくなってきたわ。現状は、同じ軌道からのストレートの枝が二本。おそらく、遠矢君はまだ増やしてくる!)


 しかし二球目、遠矢が選んだのは同じ球だった。


(あくまでリバースリミットへの挑戦ってことか!)


 打球は、一・二塁間をライナーで抜けた。下がって守っていたセカンドの仟が反応するが、飛びつく事もできなかった。


 キャッチャーの遠矢は、ライトの鶴岡(つるおか)がワンバウンドでキャッチするまで、苦笑いを浮かべながら打球を見届けていた。


(さすがだね……全く通じない)


 やはり遠矢は、野球バカの血を抑える事なく楽しんでいた。


 ツーアウト一塁。打席には、二番の長井(ながい)が立った。遠矢は初球からカットシュートを選択。だが、


(愛理の読み通りか……楽勝だぜ!)


 またも鋭い打球が、今度は三塁線を襲う。サードの村石(むらいし)が飛びつくが、あっという間に抜けていった。


(長打コース!)


 打球を見たレフトの白城とショートの神山が処理に走る。フェンスに当たった打球を、白城が素早く中継の神山へ投げた瞬間、白城はフッと笑った。


(走ってねぇのか……)


 中継の神山も素早く三塁へ投げる体勢に入ったが、ランナー長谷川の位置を見て投げなかった。


(やはり満塁にする気なのか……)


 神山はそのまま走って戻り、ボールを一奥に返した。


「一奥、気にするな」

「ごめん、神山先輩。やっぱ打たれるな」


 すると、一塁の杉浦(すぎうら)が声を出した。


「仟!次はこっちだぞ!」

「はい!」


 その様子を見た遠矢は、微笑んでタイムを辞めた。


「すみません球審」

「いいのかね?」


「はい」


 そして、三番の長間(ちょうま)を左打席に迎える。ここで遠矢が選択したのは、際どいボールからボールになるインコースのショートだった。だがバッターの長間は、体に迫るボールを迷わず振り抜いた。


(前でさばかれた!)


 遠矢が驚く中、打球は一塁線を鋭く襲う。飛びつくファースト杉浦の横を抜けた。今度はライトの鶴岡(つるおか)とセカンドの仟(かしら)が打球を追う。


 飛びついた杉浦は、寝ながら二人に叫んだ!


「三塁へ行かすな!」


 それは、一点を諦めた指示だった。フェンスに当たり、跳ね返ったボールを鶴岡が中継の仟へ送球。ジャンプしながら捕った仟が三塁へ投げようとしたが、その右腕は止まった。


(走ってない……)


 杉浦と仟が同時に思う中、三塁ベース上の長谷川はニヤりと笑っていた。


 ツーアウト満塁で四番の愛理。ここで遠矢はタイムを取る。


「タイム!」


 球審の声と共に、キャッチャーの遠矢は西島内野陣をマウンドに集めた。ファーストの杉浦とサードの村石が「くそっ」と歩きながら口にする中、先にマウンドへついたショートの神山がバッテリーに話した。


「やはりリバースリミットか」

「はい」と返事をするキャッチャーの遠矢。「くっ」と神山がバッターボックスへ向かう愛理を見ていると、遅れてきたセカンドの仟も輪に加わった。


「遠矢さん、どうやって愛理さんを攻めるのですか?」

「そうだね。白城さんの言った通り、バックネットに四球投げようかな」


「遠矢さん!こんな時に冗談は辞めてください」

「アハハ……ごめんごめん」


 すると、仟は愛理から伝えてと言われた言葉を思い出した。


「あの、遠矢さん。これは冗談ではないのですが、愛理さんは練習試合で斜坂君に勝ったそうですよ?」

「なにぃ!」


 ビックリしたのはピッチャーの一奥。だが、すぐにニヤりと笑った。


「これは名京(めいきょう)戦前にチャンスが来たって事だよな?調度本人も俺たちの取材中だし、斜坂にいい記事書かせてやるぜ!」


 一奥は嬉しそうだが、遠矢は「ふ~ん……」とバックスクリーン辺りを遠目に見ていた。気になった仟が遠矢を呼ぶ。


「遠矢さん?」

「仟、いい情報をありがとう!」


 遠矢は微笑みながら言い、仟はすぐに気づいてため息をついた。


「やっぱりそうなるんですか……」

「え?何が?」


 遠矢はとぼけたが、仟は口を尖らせた。


「ここで愛理さんがホームランを打てば、守備もリバースリミット状態になります。それを破りたいんですよね?」


 仟がいたずらっぽく言うと、遠矢は「アハハ、さすが仟」と笑った。そして、愛理と望月に負けている杉浦も「おぉ!ガハハ!」と笑った。


 話を続けたのは、遠矢だった。


「一奥。勝負球は決まったよ」

「おぉ!で?女王様に何を投げるんだ?」


「わかってるくせに」

『アハハ!』


「よし、では行きましょう!」


 遠矢の声に杉浦は笑い、村石と神山は気合いを入れ直し、仟は首をかしげながらそれぞれのポジションへ戻った。

リバースリミッター愛理の本領

 遠矢がホームへ戻ると、バッターの愛理が微笑みながら話しかける。


「これから満塁ホームランを打たれるのに、楽しそうね?遠矢君」

「えぇ、まぁ。愛理さん、できればレフトへ打って欲しいのですが、できますか?」


「レフト?白城君に見せつければいいの?」

「いえ、僕らの記事になるかなぁって思っただけです」


「そっ……」(この子は何を考えてるの……)「いいわよ。それがお望みなら、叶えてあげるわ」


 笑顔の愛理は、バットをレフトスタンドへ向けた。


『オォォォォ!』と、球場全体に驚きと歓喜の声が響く。


 それをバックスタンドで見ていたリミスポ記者の愛理の姉である舞理(まいり)は、先輩記者の川口(かわぐち)に話しかけられた。


「時代がもう少し早ければ、俺が舞理(おまえ)の記事を書いていたのになぁ」

「先輩っ。私は10割じゃなかったですよ?愛理ちゃんが完成形です」


「フフッ、そういうことにしておくよ」

「あれ?何か今日はカッコいいですね?でも私は、ゲームオタクのおじさんに興味はないですよ?」


「そうか?レフトの白城君は、伝説のラブべマスターだぞ?」

「えぇ?じゃあ、やっぱり先輩カッコいいです!」


「お前なぁ……。さぁ、仕事するぞ!」

「はい!」


(本当に予告満塁ホームランが出るのか?)と、球場全体がざわめく中、リバースリミッター愛理の打席が始まった。


 遠矢がサインを出すと、一奥はニヤりと口角を上げる。


「行くぜ!女王様!」

「フッ……」


 愛理が微笑んだ瞬間、一奥の握りが愛理の目に映る。


(ピース?まさか……)


(いい記事書けよ!斜坂)「いっけぇ!」


 パン「ストライク」

「あれ?」


 一奥は思わず声を出す。愛理は、インコースに落ちたピースパームを見逃した。その瞬間、球場全体がざわつく。その声は、バックネットからレフトスタンドまですぐに伝わった。


「おい!今の球ピースパームだってよ!」
「ピースパーム?それって名京高校の……誰だっけ?」


 雑談する観客の横で、斜坂は両拳を震わせていた。


(俺だよ!斜坂だよ!くっそー。一奥の奴、思い出させんじゃねー!)「勝手に使うなって言っただろー!」


 叫んだ斜坂は、ササッとスタンドの上の方へ逃げた。


「なんだ?あのアロハ」
「さぁ……変な奴だろ。サングラスも曲がってたし」


 近くにいた観客が振り向く中、斜坂の声はレフトの白城に届いていた。


(へぇ~。一奥はピースパームを投げたのか。予告満塁ホームランにピースパーム……面白いじゃねぇか!)


 そしてバッターの愛理は、キャッチャーの遠矢に余裕の表情で話しかけた。


「これは苦肉の策?」

「そんな事ないですよ?オリジナルには遠いですし、リバースリミッターの愛理さんが打ったと聞いただけですから」


「ふ~ん」


 愛理は、口を尖らせながらバックスタンドの姉・舞理を見た。すると、舞理はサッとバインダーで顔を隠した。


(あの試合は名京高校のスケジュールにはない、私の引退非公開試合だった。あの態度……やっぱり言ったのは姉さんね。まぁいいわ)「遠矢君、次投げたら打つわよ?」

「最初からそのつもりです」


「そう……」


 愛理が再びバットを構えた。


(このボールを選んだ狙いはわかってる。でも、参考になるといいわね……)


 二球目、一奥が投げたピースパームが再び愛理のインコースを襲う。遠矢が見つめる中、愛理は普通にバットを振り出した。ボールが揺れながら、愛理の目の高さから落ち始めたその時だった。


 遠矢は目を疑った。


(これは!予測なんてレベルじゃない!愛理さんは、まるでボールの終着点がわかっているかのようだ……打たれる!)


 ボールの揺れに対して、愛理のスイングは全くブレなかった。


 カキーン……


 軽く振り抜いたようなスイングが捉えた打球は、角度よく一直線にレフトスタンド上段へ飛び込んだ。球場全体が大歓声に包まれる。


『オォォォォ!』

「うおっ!とっと……」


 打たれたバッテリーが清々しくレフトスタンドを見上げる中、愛理からのプレゼントかのように、ホームランボールを手にしたのは斜坂だった。


(一奥といい愛理さんといい、これはダブルで嫌がらせかよ……)


 斜坂がグラウンドを見つめると、満塁ホームランを打った愛理が一塁ベースを蹴っていた。愛理は笑顔で大歓声に応え、空に掲げた右腕の先には、親指を除く4本の指が立っていた。


 そんな愛理の姿を見ていた遠矢は、愛理のバッティングを思い返していた。


(凄い……。昨日はわからなかったけど、まるでボールがバットに吸い寄せられたかのようだった……)


 長谷川、長井、長間の三人がホームインして愛理を待つ中、ベースを踏んだ愛理はハイタッチで三人と喜んだ。


「完璧だったな」
「まぁ、打つ前からわかってたけど」
「これぞ愛理のリバースリミット!だな」

「どうも」


 三人がホームを後にすると同時に愛理も戻ろうとしたが、目が合った遠矢にニコッとして話しかけた。


「遠矢君、参考になったかしら?」

「全くでした。でも次は抑えますよ?愛理さん」


「次?……次は見逃し三振だけど?」

「そうでしたね……」


 遠矢は苦笑いをした。


(いい目だわ。本当に私を抑えられるか、楽しみね)


 愛理は、次の対戦に心踊らせながら一塁ベンチへ下がった。


 スコアーは4対3。三回の表、愛報高校が四番愛理の一発で逆転した。場面はツーアウトランナーなしへ変わり、五番バッターが打席に立つ。遠矢は気合いを入れ直した。


(これで愛報打線の限界は把握できた。とりあえず、五番から九番は圧倒させてもらう!行くよ、一奥)


 初球、一奥はインハイのストレートを投げた。空振りとストライクのコールに、一塁ベンチの愛理は先程までとは違う空気を感じた。


(初球からストライク。見切られる際どいストライクとボールの選択肢を、リードから外したの?)


 二球目も同じインハイでバッテリーは追い込む。愛理の視線が鋭くなった。


(またインハイのストライク。これは……)


「ストライクバッターアウト。チェンジ」


 球審の声に、一奥が「しゃぁ!」と声を上げる。愛理は守備の支度を始めた。


(やはり三球勝負だった。曲げる事も外す事も、タイミングをズラす事もできたのに、バッテリーは自信を持って同じストレートを続けて終わらせた。……まさかとは思うけど、遠矢君はリミットリミッターなの?)


 愛理が防具を着け、ホームへ歩き出す。


(バッターの限界を知る事ができる、伝説のリミッターか……)


 愛理は間口の投球練習を始める。


(リミットリミッターは、私の憧れだった。リードを必要としないリミッター。でもそれは、諸刃のリミット……別名、ピッチャー殺しのリミッターだった……)「ボールバック!」


 愛理が二塁へ送球し、三塁ベンチを見る。


(私が一奥君の球を捕ってみたいと感じたのは、遠矢君のせい?)


 一番の要が打席に立った。


(でも本当に遠矢(かれ)がリミットリミッターなら……)


「プレイ!」


(一奥君は………この試合で壊れるかもしれない……)