限界NOリード|リミット62話

 一回裏、白城(しらき)の先制スリーランが飛び出した西島(せいとう)高校。続くノーアウトで打席に向かうのは、四番の杉浦(すぎうら)。


 だがインコースが得意な杉浦には、アウトコースしか来ないキャッチャー愛理(あいり)のリードはキツかった。杉浦は追い込まれるまでインコースを待ったが、ツーツーからの外のボール球を打ち上げ、ファーストファールフライに倒れた。


「くそっ。外、外、外、外ーぉ!」


 それを見ていたネクストバッターの神山(かみやま)は、(杉浦に見極めろと言うのも酷だな……)と、一息吐いてバッターボックスへ向かった。


(俺はキッチリ見極めてやる!)


 そんな気合いの入った神山の構えだったが、キャッチャーの愛理はチラッと見ただけだった。そして、またもや全球外のストレートが始まる。神山は初球を自信を持って見送り、ボールを奪う。


(よし!見えている。これも毎日やっている一奥(いちおく)と遠矢(とうや)との勝負が、俺の限界を上げた成果だ!)


 一瞬ニヤけた神山の表情を、キャッチャーの愛理は見逃さなかった。


(そんなに余裕でいいのかしらね……)


 二球目もボール。神山はよしよしと見送った。


(打てそうな球だが、ここまではオーケーだ)


 そんな神山の様子を、愛理は再びチェックする。


(また嬉しそうに。このボール球を見ている時点で、すでに私の術中だとは思わないのかしらね……)


 三球目も神山は見送り、カウントはスリーボール。返球した愛理は、つまらなそうに軽くため息をついた。


(この対策は、白城君が正解なのよね……)


 その愛理の思惑を、神山は次の四球目で知る事となる。同じような際どいボールを見送った神山は、ストライクを奪われた。そして予測に違和感を持つ。


(わずかに曲がったのか?いや、内に曲がったとしても、ボール1つもない変化……気のせいか……)


 そんな神山の気配を、愛理が感じる。


(気づかないようね。それなら次も見送りを貰う。フルカウントの六球目で終わりね……)


 そして間口が五球目を投げる。見送った神山は、認識の違いに驚いた。


(気のせいではない。やはり曲がっている!)


 しかし神山の反応は、愛理には計算内だった。


(驚いてはいるようね。でも、気づくところはツーシームの変化だけじゃない……)


 そして、愛理の言った六球目がくる。僅かに内へ曲がると確信した神山はバットを出すが、結果は曲がらないボール球に手を出してサードフライに倒れた。


「くっ……」(曲がらないのか)

「悔しそうね?でも残念だけど、勝負は初球を見逃した時点で決まっていたわよ?」

「なに?」


「四番は第一段階、五番のあなたは第三段階。ちなみに要は様子見の第四段階。仟は第六段階が限界だった。今のところ私たちの敵は、白城君だけよ」

「くっ」


 神山は、悔しがりながら打席を後にした。


(くそっ……だが今のはハッタリではない事はわかる。実際、俺にはタイミングの合わない球は来なかった……)


 続く村石(むらいし)は、ワンボールからの二球目をセカンドゴロ。「くっ」と村石が走る様子を、愛理は「ん~」と見ていた。


(第二段階……。つまらないわね)


 スリーアウトチェンジ。キャッチャーの愛理と入れ代わるように、遠矢が守備についた。


(次は五番。愛理さんが入らなければ、元々の打順は1つずつ上がる。つまりは四番からか……)「一奥、ラスト!」

「しゃぁ!」


 パーンと遠矢のミットが鳴る。


(いい球だ!久々に……)「神山さん!」


 遠矢が二塁へ送球。


「ナイスボールだ!」


 内野陣がボールを回す中、遠矢は微笑んだ。


(盗んでみますか!)


「プレイ!」


 球審の声と共に、二回表が始まる。遠矢が選んだのは外のストレート。それをボールにした遠矢の姿に、セカンドの仟が微笑む。


(そっか、遠矢さんにはこれがあった。あの時私は、ムキになっちゃったけど……)


 仟が一塁ベンチの愛理を見ると、愛理は遠矢を見ながら厳しい表情をしていた。


(初球の外のストレートがボール?リードが違うわね……)


 すると、二球目も同じ外のストレートが外れた。その瞬間、愛理は微笑んだ。


(なるほど。これは私のノーリードを再現するつもりね。その挑戦、悪くないわよ)


 愛理が見つめる中、遠矢が選んだのはやはり外のストレートだった。スリーボールとなり、愛理は少し前屈みになる。


(さぁ遠矢君、どうする?歩かせる度胸があるかしら?)


 しかし、四球目はストライクとなった。それを見た愛理は、さすがと頷いた。


(第三段階、曲げてきたわね。遠矢君はバッターの実力を理解してる。勝負はフルカウントの六球目ね……)


 だが五球目でフォアボールとなった結果に、愛理は小首をかしげた。


(ん?ボール?)


 遠矢は愛理の予想を裏切り、五球目で歩かせた。すると愛理は、ベンチを出てネクストバッターの下へ走った。


「初球、必ず外のストレートでくる。ボール球でも狙いなさい!」

「OKっす」


 六番バッターが右打席に立ち、愛理は微笑みながらベンチへ下がった。


「フフッ」(このノーリードの最大の狙いは、ボール球を打たせる事。でも、攻撃に対しては全くの逆……)


 ベンチに座った愛理は、遠矢に向けて鋭い目を見せた。


(甘い球とは、時にコースは関係ない!)


 一奥がセットに入り、遠矢のサイン通りに投げる。目にした外のストレートに、再び愛理の姿勢が前屈みになった。


(甘いわ!遠矢君。これでノーアウト一・三塁よ!)


 パーン「ストライク」

「え?」


 六番打者の空振りに、愛理が思わず声を漏らした。


(空振り……確かに外のストレートだった……「ハッ!」(そうか、さっきの五球目は、そういうことだったのね)


 空振りした六番バッターが愛理を見る。愛報高校の監督も愛理を見ると、愛理は頷いた。愛報の監督は、バッターに任せるとサインを出した。


 愛理は腕を組み、背もたれに背を付ける。


(フォアボールは歩かせたのではない……あれも勝負球だったのね。ようは手が出なかった。でもそれだと……)


 愛理が見つめる中、四球目がボールとなった。カウントはスリーワンになり、愛理が微笑む。


(こうなるわよね?遠矢君)


 愛理の思う通り、二球目から四球目は打たせる気のない外のストレートが外れる。


(次の球が見ものね。私ならここは曲げる……)


 そして一奥が投げた五球目は、勝負としてのストレートだった。バッターは見送り、球審の右手が上がる。


「ストライク」


 その判定に、愛理の表情は険しくなった。


(インコース……遠矢君、これは笑えないわよ……)


 愛理が目にした遠矢のミットは、インハイに位置していた。左右の投げ分けを愛理が否定しなかったのは、それがノーリード継続を意味しているからだった。


 一奥に返球した遠矢の座る位置は内。やはり変わらない。フルカウントとなったキャッチャーの遠矢は、一奥に再びインコースのストレートを要求。バッターは詰まらされ、それを愛理は冷静に読む。


(打ったということはストライク。そしてギリギリね……)


 結果はサードフライ。そして、七番が右打席に立った。場面はワンアウト一塁に変わり、ここで遠矢は愛理が思っていたインコースでのノーリードを辞めて外へ構える。


 愛理の表情は、厳しいままだった。


(アウトコースに戻したか……。残念ね)


 初球はボール。さらに二球目、三球目と外へボールが続いた。すると、愛理がここで「監督、エンドランを仕掛けて下さい」と声をかける。愛報の監督はサインを出し、それを見届けた愛理はキャッチャーの遠矢を見る。


(左ピッチャーの外のカットボール。今度は一塁ランナーを走らせる。セカンドの仟は間に合わない。一・二塁間は奪える!)


 一奥が外のストレートを投げた。


「走ったぞ!」


 ファーストの杉浦が叫び、セカンドの仟が二塁カバーへ走る。その姿を見た愛理は、ニヤリと微笑んだ。


(もらったわ!)


 カキン!


「一奥さん!」


 打った瞬間、セカンドの仟が叫んだ。打球はピッチャー返し。一奥は仟の言葉で「おわっ!」と打球をスルーした。そのままツーバウンドし、仟のグローブへ収まる。


「ナイスです!」


 仟は打球を捕ると同時にベースを踏み、ファーストの杉浦へ送球。


 エンドランが生んでしまったダブルプレーに、(まさか狙われた!)と愛理が立ち上がって遠矢を見る。右腕で額の汗を拭うその様子に、愛理は納得しながら守備の支度を始めた。


(なるほど。ここで一奥君にコントロールミスが出たのね……)


 一奥の投げたストレートは、外寄りの真ん中だった。その分バッターは差し込まれ、右方向へ打てなかった。


 この結果に、守備についた愛理はバッテリーのコントロールの限界と判断した。


(なかなか面白かったわよ、遠矢君。でも気づいたのなら……)「ボールバック!」


 愛理が二塁へ送球する。


(この裏の西島(せいとう)は、初球から来るわね!)

「ナイススロー!愛理」


 セカンドの長井(ながい)がピッチャーの間口(まぐち)へボールを送り、七番の鶴岡(つるおか)が打席に立った。


(初球から狙え……か。だが遠矢はボールだと言っていたな……)


 ピッチャーの間口が初球を投げる。だがその球は、遠矢の予想を越えたボールだった。狙っていたバッターの鶴岡(つるおか)は、予想外の球に驚いて手が出なかった。


(カーブだとぉ!)


 しかし判定はボール。その瞬間、ネクストの遠矢は苦笑いしていた。


(まさか、そう来るとはね……さすが愛理さんだ)


 二球目、またもや外のカーブが鶴岡を襲う。ボールとわかっていたが、セカンドゴロに倒れた。そして愛理は、ネクストから近づいてくる遠矢を見る。


(七番は第二段階。残るは遠矢君と一奥君ね)

最終段階

 そして、八番の遠矢が打席に立つ。


「遠矢君。私のノーリード、楽しんでくれてるかしら?」

「そうですね。全部ボールですから、感心しますよ」


「まぁいいでしょ?知っての通り、これは打ちにくいだけなんだから」

「ですね」


 愛理は座り、間口にサインを出す。


「遠矢君、カーブで行くわよ。頑張って点を取りなさい」

「そうさせてもらいます」


 初球、遠矢はカーブを見送りボール。すると、愛理は挑発するように遠矢へ問いかけた。


「あら?意外ね」

「そうですか?」


 遠矢はサラッと返す。愛理は「次行くわよ」と返球した。


(これは甘いボール球。遠矢君が知ってて見逃したのなら、試したくなるわね……)


 キャッチャーの愛理がサインを出し、ピッチャーの間口が投じた瞬間だった。遠矢は違和感を持つ。


(ん?タイミングが微妙に違う……)


 遠矢は見送り、判定はボール。愛理は遠矢をチラッと見た。


(気づいたようね。第五段階を見切ったか……)


 愛理はテンポ良く返球する。 


(でも不思議ね。どうして遠矢君が八番なの?西島高校の実力を見ると、遠矢君はクリーンアップだわ)


 その時、愛理は気づいた。


(ん!この打順を組んだのは仟ね?西島の得点力は、白城君がいる前半にあるように見える。でも爆発力は、この下位からの繋がりで生もうとしているわ。となると、九番の一奥君も第五段階は超えてくる……)


 すると、愛理は下を向いて呟いた。


「ほんっと、リードってめんどくさいわね……」


 その声を聞いた遠矢は、笑顔で愛理に言った。


「愛理さん、僕もそう思います。ですがもっと見たいですね。愛理さんの、リードの限界を……」


 するとキャッチャーの愛理は、フッと笑った。


「君もわからない人ね。でも本気ならいいわよ?キツいのは覚悟の上よね?」

「超えてみせます!」


 カウントはツーボール。愛理がサインを出し、遠矢が構える。


(初球と二球目は、同じカーブの軌道に見せたタイミングの違う球だった……。ここからどう変わるのか……)


 間口が投球モーションに入ったその瞬間、遠矢は気づく。


(着いた足が内側?これがタイミングの正体か!)


 そして、カーブが投じられた。遠矢はその球筋をジックリ見る。


(え?これは……)


 ストライクのコールに、遠矢はフゥ~っと息を吐く。それは、今まで全てセオリーの低めに調整されていた球がアウトハイに決まったからだった。


 ピッチャーの間口は、いわゆる抜けたカーブを投げた。


 前二球のイメージが残っている遠矢は、ジックリ見たつもりが手が出ない結果になる。そのカーブがミスではない事は、愛理の顔が物語っていた。


「どうかしら?遠矢君?」

「確かにキツいですね……」(参った。カーブの変化幅に、目が慣れてしまっている。これではミートポイントの予測もタイミングもズレる……)


 だが、遠矢は微笑んでいた。投げミスのような球を使う愛理のリードは、遠矢にとって新鮮だった。その表情に愛理は満足する。


(遠矢君、ここからが最終段階よ)


 間口が投球モーションに入る。遠矢は間口の踏み出した足の位置を確認。


(さっきと同じ一塁側!タイミングを合わせろ!)


 投じられたカーブが、またも外角を襲う。遠矢は振りに行った。しかし、


(今度はさらに曲がるカーブか……)


 外へ踏み込んだ遠矢は空振り、カウントはツーツー。追い込んだ愛理は、気を緩めない。


(同じような軌道から曲がらない、そして曲がる、さらに曲がる。リードはバッターの予測を上回ればいい。その為の選択肢を、一本の道からどれだけの数に枝分かれさせるのか?今は三本。次は……)


 間口が投球モーションに入り、愛理が構える。


(四本よ!遠矢君)


 これまでスローだったピッチャー間口の腕が、鋭く振り抜かれた。遠矢の体は一瞬ストレートのタイミングと判断し、ピクッと反応してしまう。


(今度はナックルカーブか!)


 先程とは全く違い、遠矢はタイミングを外された状態で四本の枝に挑まされた。


「くっ……」

 遠矢は手が出ず見逃し三振。


(少ししか曲がらない……最後は抜けたナックルカーブ……タイミングも完全に外された)



 遠矢は前傾姿勢で下を向いたまま、両手で持っているバットを手首で垂直に振り上げた。


 コツンとバットがヘルメットに当たると、顔を上げてニコッとキャッチャーの愛理を見る。そしてバッターボックスを後にした。


 思わず愛理は微笑んでしまった。


(嬉しそうな顔しちゃって。でもリードなんて、やっぱり私には退屈よ)


 満足そうに帰ってくる遠矢に、ネクストの一奥が話しかける。


「楽しそうだな?遠矢」

「まぁね。一奥も行けばわかるよ!これは愛理さんの限界リードだからね」


「へぇ~。それを超えるのも、面白いな!」


 一奥はフルスイングをした。


「よし、なら遠矢。とりあえず超えてくるぜ!」

「うん」


 そして一奥が打席に立つ。


「せい!」

「どりゃ!」

「うおぉ!」


「ストライクバッターアウト!チェンジ」


「ありゃ?」


 一奥は、ボール球のカーブを三球空振り。キャッチャーの愛理は苦笑いしてベンチへ下がった。


(四番と同じ第一段階?いえ、一奥君はゼロね。なら九番は適切……考えすぎだったかしら……)