デスパイアリミッター|リミット57話

 左バッターボックスに入った森泉(もりいずみ)は、やはり左肩にバットを乗せていた。ベンチの自信とは裏腹に、キャッチャーの村石(むらいし)は参っていた。


(こいつも打つ気がない……ように見えるだけなのかよ……どうする?何を投げても打たれる気しかしねぇ……)


 村石は、フリーサインで真ん中に構えた。長年バッテリーを組んでいる鶴岡(つるおか)は、村石のクセを理解している。


(開き直ったか……。そうだな、これは森泉(こいつ)のリミットだ。俺たちはどうする事も出来ない。それなら、何を投げても同じという事か……)


 ピッチャーの鶴岡は、投球練習のように軽くストレートを投げた。


(えっ?)


 ミットに収まったボールに、バッテリーが同時に驚く。森泉は、ホームランボールを簡単に見逃した。


 驚いたのは、バッテリーの二人だけではなかった。ベンチにいた仟(かしら)は、思わず立ち上がって前列のベンチへ身を乗り出した。


(どうして今、森泉さんは見逃したの?)


 すぐに遠矢を見たが、遠矢は動じていなかった。


(本当に、遠矢さんの言った通りになるかもしれない)


 仟はゆっくりとベンチに座る。


 すると、バッターの森泉が球審にタイムを要求。バッターボックスを外した。ヘルメットを取り、額の汗をアンダーシャツの袖で拭う。


 再び打席に立つと、森泉の構えが変わった。今度は、しっかりとバットが立っている。


(わからねぇ、今度はなんなんだ。急にやる気になったように見える……だけなのか?いや、これが普通なんだよな……くっそ)


 またもやキャッチャーの村石が迷う。ベンチでは、仟もバッターボックスの森泉の変化を見ていた。


(でも、結果はどうなるのかわからない。遠矢さんなら、何を投げるんだろう?)


 そう思って遠矢を横目に見ていた仟に、遠矢は心を見透かしたかのように呟いた。


「さっきと同じボールなら、ホームゲッツーなんだけど……」

「え?」


「あ、仟。何でもないよ。一人言」


 遠矢はごまかし、またグラウンドを見つめ始めた。


(構えが変わったのに、さっきと同じボール……?でもそれを、誰にもバレずにバッテリーに伝える手段がない……)


 仟が唾を飲み込んだ瞬間、要(かなめ)が「タイム!ターイム!」と叫んで立ち上がった。


「要?」

「えへへ、任せてよ仟」


 要は球審の下へ走って行ってしまった。すると、遠矢が仟に聞く。


「要に何か言ったの?」

「私は何も言っていませんが、会話は聞いていたと思いますけど」


「そっか。要、うまく村石さんだけに伝えられるかな?」


 西島ベンチは、要を見守った。


「すみません球審さん。さっきと同じボールにして下さい」

「さっきと同じボール?」

「はい」


 球審は笑顔の要に困ったが、持っている予備のボールを数個取り出した。


「さっきと同じボールと言われても……」
「あ!これです!」


 要は適当に選んだ。


「はい、村石さん。さっきと同じボールです」

「お、おう。鶴岡!ボールチェンジだ」


 村石が鶴岡にボールを投げる。捕った鶴岡は、(要?)と理解していなかった。


「球審さん、ありがとうございました」

「構わないよ」


 要はペコリと頭を下げ、ベンチへ戻っていく。遠矢は、下を向きながら笑いを堪えていた。


「遠矢(とや)君?」

「いや……要。これは要にしか出来ない……ありがとう」


「いえいえ!」


 要は、上機嫌で仟の隣に座る。


「仟、これで村石(むら)先輩に伝わったかなぁ?」


 笑顔で聞いてきた要に、仟は困ったように右手で頭を抱えた。


「さぁ、これで結果はどうなるかな?」


 遠矢の楽しそうな声を聞いた仟と要は、すぐにグラウンドへ目を移した。


 バッター森泉の構えは変わらない。キャッチャーの村石は、要が来た訳のわからない行動の意味を考えていた。


(要の言ったさっきって、どの事だ?ボールチェンジはしたが、あのボールがなんなんだよ?……ダメだ!訳わからねぇ……)


 村石は、鶴岡も考えていると思いサインを委ねる。そのサインに、鶴岡の眉間にシワがよる。


(俺に委ねるな!俺だって要の行動がわからないんだよ。……いや待て。要は純粋な奴だ。森泉は初球の後にタイムを取った。嫌がったと考えれば、あの要の言葉はそのままじゃないのか?……そんな訳はないか。同じボールを投げれば、次こそホームランだ……)


 すると、痺れを切らした村石が初球と同じサインを出した。


(鶴岡、お前もわかんないって事だよな?だったらこれでいいじゃねぇか。後は知らねぇ)


 サインを見た鶴岡の肩から力が抜ける。 


(わかったよ村石。お前に付き合ってやる。バッテリーは、打たれる時は一緒だ)


 鶴岡が二球目を投げた。その時だった。


「くっそぉー!」


 突然、スイングと同時にバッターの森泉が叫ぶ。バットに当てた打球は、平凡なセカンドゴロになった。それを見たキャッチャーの村石が喜ぶ。


「マジかよ!ラッキー」


 マスクを外したキャッチャーの村石は、セカンドの小林に「ホーム!」と叫んだ。キャッチした村石は、素早く一塁へ投げる。


 パーン「ガハハ!」


『よっしゃー!』
『やったぁ!!』


 西島ベンチから歓喜の声が飛ぶ。ファースト杉浦は、マウンドへ歩きながら鶴岡にボールを投げた。


「ナイスだ!鶴岡。これでツーアウトだ!」

「あぁ!」


 喜んだベンチの仟は、遠矢に話しかる。


「遠矢さん!ゲッツー取りましたよ!これでもう森泉さんのリミットは破っ……」
「マズイ!タイム!」

「え……?遠矢さん?」


 タイムをかけた遠矢は、急いでベンチを飛び出し内野陣をマウンドに集めた。あっという間の出来事に、仟は遠矢の背中を見つめるしかなかった。


(遠矢さん、今マズイって……)

「仟、遠矢(とや)君急にどうしたの?凄い焦ってたけど」


「うん……だよね……」


 要も見守る中、マウンドについた遠矢にサードの神山が声をかける。


「どうした?遠矢」


 神山の言葉に、キャッチャーの村石とピッチャーの鶴岡も続いた。


「よくわかんねぇけど、軽く真ん中に投げるのがベンチの指示だろ?難しい球しかあいつらは打てねぇ。簡単な事だったんだな」

「あぁ。森泉のリミットは、俺たちの運の限界を支配していた!そうだろ?遠矢」


 興奮ぎみの内野陣。しかし、遠矢の表情は優れない。


「すみません。今は全て違うとしか言えません」


「なに?なら遠矢、森泉のリミットはなんなんだ!お前はわかったんだろ」


 神山は答えを求めたが、遠矢は「言えません」の一点張りだった。


「なぜだ遠矢?なぜ言えない!」

「神山さん。それは、知ると負けるリミットだからです」


「知ると負ける?だと」


 遠矢の言葉にイラついた杉浦が、遠矢に絡んだ。


「ちょっと待て!遠矢。それでは納得いかない。言え」

「ダメです。杉浦さんでも言えません!勝つ可能性を残せなくなるんです」


「ムッ……てめぇ!」


 真剣な顔の遠矢を信じ、神山は杉浦の体を掴んで抑えた。


「止めろ杉浦」

「離せ!神山」

「ダメだ。負けたいのか、杉浦」


「くそ……」


 ようやく杉浦は落ち着き、遠矢が話を続ける。


「先程のゲッツーは、瞬間的にリミットの支配から偶然逃れる条件が整っていただけです。でも、今はまた森泉さんのリミット内です」

「なら、どうすればいい?」


 神山の問いに、遠矢はセカンドの小林をチラッと見た。


「神山さん、バッテリーを代えて下さい」


「バッテリーを?ピッチャーは誰だ?」

「それは」


 小林は、遠矢と目が合った。


「え?俺?遠矢、本気なの?」

「はい。小林さん以外に抑えられるピッチャーはいません。なので神山さんがショート、セカンドに小山田さん。村石さんはサードに入って下さい」


 口を出したのは村石だった。


「わかった。遠矢、キャッチャー頼むぜ」

「いえ、キャッチャーは加藤さんです。鶴岡さんはライトに行って下さい」


 その言葉に、村石はキレた。


「遠矢!加藤はキャッチャーどころか外野しかやった事がねぇ選手だぞ!ピッチャーの小林もだが、お前がキャッチャーをやらねぇで誰が……」
「村石!」

「神山……」


「遠矢(こいつ)はマジだ。従え」


村石が遠矢を見ると、遠矢は深々と頭を下げた。村石は、しぶしぶ遠矢の指示に従う。


 神山がライトの加藤を呼ぶと、加藤は「無理だ!」と言いながらも遠矢とキャプテンの神山に勝つ為と押しきられた。


 遠矢は話し終えると球審の下へ行き、メンバー移動を告げてベンチへ下がった。


 大きく変わったポジションを見た仟は、遠矢に聞かずにはいられなかった。


「遠矢さん、これで森泉さんのリミット支配は効かなくなるのですか?」

「ごめんね、仟。やっぱり今は、おそらくとしか言えないんだ。森泉さんの超のリミットは、特殊な環境が影響するリミットだと思う。ただこれで、守備は互角とまではいかないけど、戦えるとはハッキリ言えるよ」


「守備は!ですか。そうなると、後は攻撃をどうするかですね」

「そうだね。でもハッキリ言うと、僕や一奥は森泉さんを打てない……」


「遠矢さんもですか?それでは、白城さんに頼るしか……」

「現状は、そうなるね」


 ツーアウト二・三塁。代わったピッチャーの小林は、ストライクだけを意識して投げた。

 カキン「サード!」


 慣れないキャッチャー加藤の指示がサードの村石へ。


「任せろ!うりゃ!杉浦!」

 パン!「よーし!ナイスだ!村石」



「ふぅ~」と抑えた安堵から息を吐いた小林は、キャッチャーの加藤に肩をポンと叩かれながら笑顔でベンチへ戻ってきた。


 三回表が終わり、西島高校の攻撃は七番の鶴岡から。その鶴岡を神山が呼び止め、遠矢に話しかけた。


「遠矢。攻撃はどうするんだ?俺たちは森泉を打てるのか?」

「今は無理だと思います。白城さんしか結果は出ません」


「やはりまだ、森泉のリミット内なのか……」

「はい……すみません……」


 遠矢の言葉に納得出来ない西島ナインは、やってもいない事を諦めたくなかった。


 必死に食い下がるが、ことごとく森泉の前に打ち取られた。


 四回表。初心者バッテリーはなんとか抑えチェンジ。その裏、一番の光がアウトとなり、打席には二番のブレイクリミッター白城を迎えた。


(点差は3か。このまま遠矢のプランで試合が続けば……)


 白城は、初球のストレートをあっさりバックスクリーンに当てた。


(次は七回の先頭だ。ラストは九回の3人目か……。とりあえずこれで3対1。やるしかねぇ!)


 白城が喜びもせずダイヤモンドを回る中、ピッチャーの森泉もゲームプランを考えていた。


(このバッターに打たれるのは仕方ない。でも、水衣(ウチ)の攻撃はほぼ封じられた。もう、チャンスはないだろうな……)


 そして、ここから投手戦となる。五回、六回、七回と、西島高校はなんとか守りきった。


 七回裏、先頭で再び白城を迎える。
そのバットは、完全に森泉のリミットを破っていた。一点差となるホームランを、またもやバックスクリーンへ叩き込む。


(これで3対2。後1本だ!九回に追いつけば、延長で俺が決める!)


 マウンドでは、森泉が肩で息をしていた。


(また打たれた。あのバッターだけは、僕のリミットが効かない。九回に追いつかれる……)


 試合は互いのシナリオ通りに進む。西島ベンチは白城のホームランにも素直に喜べない雰囲気になっていた。


 ベンチへ戻る白城も、一言も発しない。皆がこの試合の異常さを理解しているからこそ、白城に託すしかなかった。


 八回も、互いに三者凡退。残すは最終九回のみとなった。


 マウンドへ向かう小林は、僅差の試合のプレッシャーと、慣れないピッチャーというポジションから、疲れは限界に来ていた。


 だが、遠矢は全く声をかけない。それは、勝つ為だった。


 九回表、水衣高校の攻撃は四番の森泉から。しかしピッチャーの小林は、初球を森泉の右足に当てしまった。


「タイム、お願いします」



 キャッチャーの加藤がマウンドの小林の下へ走る。


「ハァ、ふぅ……」

「小林、後一回だ。ここまで来たら抑えるぞ!」


「あぁ、わかった」


 プレイがかかると、ランナーの森泉が初球に仕掛ける。キャッチャーの加藤は投げられず、未熟なバッテリーでは俊足の森泉を刺せなかった。


 だが森泉は、デッドボールの影響に耐えながら盗塁していた。


(足が痛い……)


 二球目、森泉が再び走る。だが、今度は右足の痛みからスピードに乗れない。ついには、三塁手前でしゃがみこんでしまった。


(しまった……)


 それを見たキャッチャーの加藤が、サードの村石へ送球。

 その時だった。


 三塁へ進もうと顔を上げた森泉の目に、ジャンプしたサード村石のグローブを通り抜けるボールが映る。


 三塁ファールグラウンドをボールが転々とする中、立ち上がった森泉は三塁を回った。ボールには、すぐにレフトの白城がカバーに入る。
そしてバックホームした。


(4点目をやったら終わりだ!ぜってぇ刺す!)

(後1点……ダメか……)


 森泉の倒れこむようなヘッドスライディングと同時に、キャッチャーの加藤が腕にタッチをした。


(アウトか……)

(アウトだ!)


 森泉と加藤が目にしたのは、セーフを告げる球審の姿だった。だが、森泉に喜ぶ姿はない。加藤は悔しがり、ミットを地面に叩きつけた。


 土壇場の九回表。

 試合を決める1点が、ついに水衣高校に入った。

 得点は4対2。西島高校は追い込まれ、ベンチに座る遠矢は目を閉じた。


(これで……裏に白城さんのホームランでも追いつけなくなったか……)


 遠矢は悔いを残さないよう、仟と要の隣に移動してそっと座った。


 仟も要も、この絶望的な状況がわかっている。二人は隣に来た遠矢を見たが、二人から遠矢に話す事はなかった。


 下を向く仟と、両手を膝の上で握る要。そんな二人を一度見てから、グラウンドを見つめた遠矢が語りだした。


「この試合。森泉さんのリミットを超えられる選手は、実はまだいたんだよ」


 仟と要は、同時に遠矢を見た。


「森泉さんは、絶望のリミッターだった。だけど西島高校には、野球を心の底から諦める選手はいない。だから、一奥や僕ではどうしようもなかった。グラウンドにいるナインも、ここにいるベンチの先輩たちも同じだね……」


 遠矢は話しながら、諦めずにグラウンドで戦うナインを見続ける。


「小林さんと加藤さんをバッテリーにしたのは、絶望に匹敵する経験をしていたから。3年間の集大成のベンチ入りを1年生に譲る程、二人は悩んだんだと思う。だからこの試合は、何とかここまで来れた。その点は、白城さんも同じになる。白城さんはブレイクリミッターだけど、それだけではなかった。あの人程、野球に絶望した人はいないから……」


 仟が顔を上げると、グラウンドを見つめる遠矢の右目から、一粒の涙がほほを流れた。


「もうすぐ九回の表が終わる。キャプテンの神山さんは、みんなに檄を飛ばすと思う。僕が森泉さんのリミットが何か言えなかったのは、それを伝えてしまえば無理矢理試合を諦めるように、心に嘘をついてしまう。偽物の心では、森泉さんのリミットは超えられない」


 仟は、堪えていた涙を流した。


(だから遠矢さんは……悪者になったんだ。応援もせず、チームが勝つ可能性を最後まで残す為に……)


「不思議だよね?心の底から諦めたら、いい結果が出るなんてさ」

「そうですね……」


 仟は、去年の秋を思い出していた。そして、いつものように手足を組む紀香監督を見ていた。


「遠矢さん、話してくれてありがとうございました」

「仟……。僕はただ、負けず嫌いなだけだよ。本当は勝っていたんだ!って、思いたかっただけだよ」


 遠矢は笑い、仟と要も微笑んだ。


 その時だった。


「来たっ!」

秋から夏へ

 突然声を出した紀香監督が、外野スタンドを見て立ち上がった。3人が紀香監督を見ると、意味深にうなずく紀香監督と目が合う。


 するとスタンドからグラウンドに飛び込んできたのは、カシカナコールだった。


 遠矢はボーッと仟と要を見たが、二人にもこの状況が理解できない。そして、何とか守りきったナインが一塁ベンチへ戻ってきた。


 口を開いたのは、キャプテンの神山だった。


「監督、これは何の騒ぎですか?」

「神山君!カシカナよ!カシカナ!」


 大興奮する紀香監督とは対照的に、神山は「はぁ……」と理解していなかった。


 すると遠矢が気づいた。


「監督!これってまさか……」

「そのまさかよ!」


 遠矢は、満面の笑みで仟と要を見る。


「仟、要。どうして心の底から諦めたら、いい結果が出るんだろうねっ!」

「遠矢さん?」
「う~ん、わかんない」


 首をかしげる二人に叫んだのは、紀香監督だった。


「二人とも、出番よ!」

『えぇぇぇぇぇ?』


「遠矢、そうなんでしょ?」

「監督!もちろんです!」


「あ……」「あわわ……」


 仟と要が放心状態の中、興奮した紀香監督が止まらない。


「神山君、この回誰から?」

「九番の小山田からですが……え?」


 まだこの状況を、紀香監督と遠矢以外はキチンと理解していなかった。ようやく落ち着いた紀香監督が説明する。


「時間がないから簡単に説明するわ。去年の秋から数ヵ月、私はずっと高野連にお願いしてきたのよ。でも答えはノーだった。それが突如ネットの力で爆発したわ。その回答が、今日だったのよ」


 ようやく状況を把握した神山が、紀香監督に聞く。


「つまり、この観客の反応は高野連の回答を表しているという事……そうか、監督がそわそわしていたのは、この反応を待っていた……」

「そうよ!神山君。ベンチに持ち込めないからホームページは見れないけど、この反応は間違いない!」


 すると、観客の一人が一塁ベンチの上で叫び出した。


「高野連の回答は、女子主体の競技に男子が入るのは体力的に差があり相手が不利になるが、男子主体の競技に女子が入るのは、相手が有利になる事があっても、不利になる事はないってさ!」

「君、試合中にベンチへ情報を流す行為は禁止されています」


「なんだよ警備員さん。情報って言っても、相手じゃなくてルールじゃねぇかよ」

「いいから下がりなさい」


「へいへい」


 カシカナのファンは、警備員に連れて行かれた。


(ありがとう。伝えてくれて感謝するわ)「聞いた通りよ!仟、要。すぐに準備しなさい!」

『はい!』


「待って下さい!監督」


 止めたのは、キャプテンの神山だった。


「どうしたの?」

「もう土壇場ですよ?二人の実力はわかってますが、まずは遠矢を代打に送って下さい」


 紀香監督は、フフッと笑って遠矢を見た。


「すみません神山さん。森泉さんのリミットを超えるのは、仟と要しかいないんです」

「なんだと?」


 すると、白城がニヤリと口を開いた。


「神山さん、あの野球バカの顔は間違いないっすよ。この試合はもらったと、でっかく書いてあるじゃないっすか」

「どうやらそのようだな……わかった」


 すると、球審が一塁ベンチへ来た。


「西島高校、早くバッターを出して下さい」


 球審に応えたのは、喜びを抑えきれない遠矢だった。


「要!出番だ!」

「はい!行ってきまーす!」


「ちょっと待ちなさい!君は女子では?」


 球審が素早く止める。だが喜びを爆発させた要は、ヘルメットとバットを持ってベンチを飛び出した。

「えへへ!」

「あぁ、ちょっと待ちなさい!」


 ホームへ振り返った球審に、紀香監督が詰め寄る。


「球審、本部に確認して下さい。出場は認められるはずです」


「監督さんまで……。わかりました」


 球審は、バックネット裏に姿を消した。その間、要の登場でカシカナコールがさらに大きくなる。一般の観客も情報を知り、その歓声に加わっていた。


「小山田さん、代打許して下さいね。」

「遠矢君……冗談きついよ。この歓声の中で僕が出て行ったら、ブーイングに変わっちゃうよ」


 遠矢は笑い、小山田の足はガクガクしていた。


「さぁ!仟もネクストだ!」

「はいっ!」


 仟も支度をして、ベンチを飛び出す。一番バッターの光をチラッと遠矢が見ると、目が合った光はフッと言いながら髪をかきあげた。


「なにかな?遠矢。まだ二回戦だろ?ここはビーナスたちに譲るよ」

「な~にハイってんだよ!」


 そこへ、ご機嫌の白城が割って入る。


「ハイってる?白城君、それは君じゃないのかな?」

「当たり前だ!敗戦濃厚から逆転サヨナラスリーランに変わったんだぜ?高ぶらない訳がねぇ」


 気持ちを抑えられない白城も、すぐにヘルメットを被ってバットを持ち、ベンチ前へ出た。


「おい!カシカナ!わかってるよな?」


 バッターボックス手前で素振りをしていた要は敬礼ポーズをし、仟はネクストバッターズサークルで腕のストレッチをしながら頷いた。


「よっしゃぁ!」

 ブォン!とベンチ前で豪快な一振りを見せた白城の目に、バックネット裏から出てきた球審の姿が映る。


 球審がホームへ戻ると、要は「代打、仲沢 要です。」と、ヘルメットを取ってペコリと頭を下げた。それを見た球審はニコッと微笑み、観客が待ち望んだ右手が上げられた。


「プレイ!」

『オォォォォ!』