次なる段階へ|リミット26話

 マウンドからキャッチャーの九条(くじょう)がホームへ戻り、三番の神山(かみやま)が左バッターボックスへと入った。


 神山(かみやま)は初球・二球目とフォークを狙って見極めようとしたが、九条(くじょう)はそれがわかっているかのようにシュートを二球続け、見送った神山(かみやま)を追い込んだ。


(やはりフォークは使って来ないか……)

(このレベルなら、次もシュートで十分だ)


 神山(かみやま)と九条(くじょう)の思惑が交錯する中、シュートのサインを出そうと開きかけた九条(くじょう)の右手が止まった。


(このまま終わりにしても面白くないな。フッ、一奥(いちおく)のクセが移ったような感覚だ……この神山(バッター)の狙いはフォーク。なら、望みのフォークを投げてやろう)


 九条(くじょう)がサインを出した。


(打てるものなら打ってみろ)


 松原(まつばら)は頷き、九条(くじょう)は低く構えた。投じられたフォークに、追い込まれているバッター神山(かみやま)の反応が少し遅れた。


(フォーク!食らいつけ!) キン「くっ」

「ファール」


 捉えきれなかった神山(かみやま)は、軽く放り投げたバットを左手でパチンとキャッチし、悔しさをあらわにした。


 キャッチャーの九条(くじょう)は、(やはり限界か……)と、少し不満げだった。


「ナイスボールだ、松原(まつばら)」
「あぁ」


 構えた神山(かみやま)から歯ぎしりが聞こえてきそうなくらい必死な姿に、九条(くじょう)は逆に余裕の表情を見せた。


(当てるのが精一杯。全くスイングになっていないなら、こんな球もあるんだぜ!)


 バッテリーが四球目で勝負に出る。だが、二球フォークを続けられた神山(かみやま)の目は、先ほどよりも早く認識してスイングに入れた。


(これもフォーク!……なっ?インコース……) 「くはっ!」

「ストライクバッターアウト。チェンジ」


 ストライクを避けた神山(かみやま)をチラッと見た後、九条(くじょう)はボールをマウンドへ転がして三塁ベンチへ下がった。


(左バッターのデッドボールコースから、シュートしてインローへ決まるフォーク。デッドフォークといったところだな)


 神山(かみやま)は、悔しそうに下を向いたまま一塁ベンチへ歩き出した。


(完全にやられた。手が出ないとは……) バシッ

「一奥(いちおく)?」


 神山(かみやま)の左肩をグローブで軽く叩いて、一奥(いちおく)は笑顔でマウンドへ行った。


「惜しかったな!神山(かみやま)先輩」

(あいつ……任せろ、一奥(いちおく)。次は打ってやる)


 序盤三回が終了。初回こそ荒れたものの、西島(せいとう)高校の3点リードで中盤へ突入。


 元チームメイトの裏切りから始まり、ショックで崩れた一奥(いちおく)の大量失点。新たな仲間と手にした同点弾で一奥(いちおく)は乗り越え、野球を通して一奥(いちおく)と和解した梯(かけはし)ナインは、最強で最高のライバルとなった。

 そして、目覚め始めた梯(かけはし)高校の木村(きむら)監督。この試合をどこかで見ているであろう西島(にしじま)理事長が思い描いていた試合が、いよいよ中盤から始まろうとしている。


 だが何よりこの瞬間を待っていたのは、かつて野球バカの聖地と呼ばれたこのグラウンドだったのかもしれない。


 四回の表、梯(かけはし)高校は一番の五十嵐(いがらし)から。お調子者でありムードメーカーの五十嵐(いがらし)は、片手でバットを振り回しながら左バッターボックスへ入り、遠矢(とうや)を挑発した。


「さぁて、得意コースでタイミングを外すリードだったな?俺が打ち砕いてやるぜ!」

「簡単には打たせないよ」


「ほざけ。さぁこい!一奥(いちおく)」


 構えた五十嵐(いがらし)は、打席へ入る前にピッチャーの松原(まつばら)が梯(かけはし)ナインに話した事を思い出していた。


“ 腕の振りの速さほど球が来ない秘密は、あいつの握りにある。簡単な事だ。一奥(あいつ)はストレートとスプリットの握りの中間で、ストレートを投げているんだ ”


 振りかぶる一奥(いちおく)を見て、五十嵐(いがらし)が微笑む。そして九条(くじょう)もベンチに座りながらマウンドを見ていた。


(単純だが、タイミングをズラすには効果的。さらにそれを各バッターの得意コースへわざと投げる。これは一奥(いちおく)の仕業じゃない。西島(せいとう)キャッチャー遠矢(とうや)か……面白い!)


 そして、マウンドの一奥(いちおく)が初球を投げた。


「行くぜ!五十嵐(いがらし)」


 インコースを狙い通りとばかりに、バッターの五十嵐(いがらし)は迷いなくスイングに入る。


(逃げずに同じ球で来たか!)「ここだぁ!」

「うおっ!完璧に打ちやがった」


 驚きながらセンターへ振り向いた一奥(いちおく)に続き、キャッチャーの遠矢(とうや)が叫んだ。


「要(かなめ)ー!」


 引っ張った五十嵐(いがらし)の打球は、セカンド仟(かしら)の頭を越えて右中間へ飛んだ。


(抜ける!スリーベースだ)


 打った五十嵐(いがらし)の足が、打球を見て加速する。右中間へダッシュで追いかける要(かなめ)だが、なぜか頭にグローブを乗せたままだった。ダイビングと同時に要(かなめ)はグローブを右手にはめた。


 しかし、惜しくもショートバウンド。打った五十嵐(いがらし)は、(あれが抜けねぇのかよ!)と思いながらもニヤニヤと二塁キャンバスを間もなく蹴る寸前。


「要(かなめ)、よこせ!」

「鶴岡(つる)先輩!」


 同じく打球を追っていたライトの鶴岡(つるおか)が、うつ伏せの要(かなめ)からトスを受けとる。素手でキャッチし、そのまま中継のセカンド仟(かしら)へ遠投した。


「仟(かしら)~!」


 ライト鶴岡(つるおか)から仟(かしら)へストライク返球。その瞬間、サードの村石(むらいし)が叫んだ。


「来い!刺せるぞ!」

「村石(むらいし)さん!」


 仟(かしら)は迷わず三塁へ投げた。打った五十嵐(いがらし)は、三塁へヘッドスライディング。仟(かしら)のノーバウンド送球を、サードの村石(むらいし)が素早く捕ってタッチした。


「セーフ!」

「しゃあ!」


 上半身を起こしてガッツポーズをした五十嵐(いがらし)は、すぐに三塁のカバーに入っていた一奥(いちおく)を見て「どうだ!」と指差した。三塁ベースまで小走りできた一奥(いちおく)に、サードの村石(むらいし)がボールをトス。一奥(いちおく)はキャッチし、そのままマウンドへ歩いた。


「今のはホームランボールだぜ?五十嵐(いがらし)」

「うるせぇ。手加減してやったんだよ。次はホームランだ!」(いや……ツーベースでサイクルヒットでも一奥(いちおく)をへこませられるか……へへっ)


 ノーアウト三塁で迎えるは、二番の七見(ななみ)。ここでキャッチャー遠矢(とうや)が初球を外そうとサインを出したが、一奥(いちおく)は首を横に振りながらニヤリとした。そのやり取りを三塁ベンチから座って見ていた九条(くじょう)は、「フフッ」と笑った。


(今、遠矢(あいつ)は一球外すつもりだった。だが一奥(いちおく)は、ここで俺たちにスクイズが100パーセントないとわかっている。上橋(じょうばし)中時代、全てのバントを1つも記録していない俺たちの頭には、常にホームランしかない。今思えば、それは中学の練習中にヒットだろうと凡退だろうと、結果の後に必ず一奥(いちおく)がホームランという言葉を口にしていた影響……か)


 九条(くじょう)は、ホームランを狙う気満々で打席に立つ七見(ななみ)を見る。遠矢(とうや)が作戦を考えていると、バッターの七見(ななみ)が一奥(いちおく)を挑発した。


「二本目もらうぜ!一奥(いちおく)。アウトコースに投げてきな!」

「言われるまでもねぇ!」


 二人のやりとりにニコッとした遠矢(とうや)がサインを出すと、一奥(いちおく)は頷く間もなくセットから外のストレートを投げた。


(まだまだお前らの得意コースで、楽しませてもらうぜ!)


 一番の五十嵐(いがらし)同様、二番の七見(ななみ)も迷いなくフルスイング体勢に入った。


(来た!野球バカの球だ。タイミングはスイングスピードで合わせろ……)


 七見(ななみ)の打球は、ファースト杉浦(すぎうら)の右をライナーで襲った。飛びついた杉浦(すぎうら)だが、打球をセカンド方向へ弾いてしまった。だが仟(かしら)が素早く拾うと、一塁カバーへ走るの一奥(いちおく)が目に入る。


「投げろ!仟(かしら)」

「一奥(いちおく)さん!」


「アウト」


 間一髪、七見(ななみ)の足に競り勝った。だが、その間に三塁ランナーの五十嵐(いがらし)はホームインしていた。


「とりあえず、これで2点差だな」


ニヤつく五十嵐(いがらし)が、「ふ~ん」と腰に手をやる遠矢(とうや)の後ろを通ってベンチに下がる。


 一塁を駆け抜けた七見(ななみ)は、おでこを人差し指でトントンとしながら三塁ベンチへ戻った。


(とりあえず最低限か。五十嵐(いがらし)も俺も打球が上がらなかったな……ハッ?)


 七見(ななみ)の人差し指が止まると、そのまま立ち止まって一塁カバーに入った一奥(いちおく)を指差した。


「そうか!お前の球、そりゃぁわずかに沈むよな!」

「げっ!そこまでバレてるのかよ」


 七見(ななみ)は、マウンドへ歩いて戻る一奥(いちおく)に向かって笑顔を見せた。


「まっ、次に同じ球ならホームランだ。つまらないから違う球で勝負しろよ!それを仕留める」


 振り向いた一奥(いちおく)も、笑顔を見せた。


(楽しみにしてるぜ?七見(ななみ))


 話し終えた一奥(いちおく)がマウンド方向を見ると、遠矢(とうや)が腕組みをしながらマウンドを目指して歩いていた。そして二人は、ほぼ同時にマウンドへ着いた。


(もう丸裸にされたか……どうしようかな……)

「悪い遠矢(とうや)、次はどうするんだ?」


「そうだね……ホームランを打たれるまで、コースは真ん中かな。サインはストレートのみがいいでしょ?」


「おぉ!それ燃えてくるなー!」

「ただね、一奥(いちおく)。今度はセットからクイックで投げてよ」


「クイック?それもバットの芯を外す手か?」

「まぁ、そんなところだね……」


 ワンアウトランナーなし。三番の二宮(にのみや)は、万全の対策で右打席に立った。


「おいキャッチャー、お前らの狙いはわかっている。ここからまた連続ホームランと行かせてもらうぜ」

「それは困るなぁ。僕はこのまま七回まで行くつもりなんだけど……」


「七回?それは面白い。なおさら俺で終わりにしてやるぜ!」


 二宮(にのみや)が構えると、一奥(いちおく)のセットポジションに眉を寄せた。


(ランナー無しでセットポジションだと?何を考えている……)


 そして一奥(いちおく)は、クイックでストレートを真ん中に投げた。その瞬間、二宮(にのみや)はニヤリと笑った。


(なんだ?それは。甘いぜ!) 「もらったぁ!」


 捉えた二宮(にのみや)が「なにっ?」と驚いた。平凡なピッチャーゴロを、一奥(いちおく)が軽くさばく。


「杉浦(すぎうら)先輩」

「アウト」


 走る事も出来なかった二宮(にのみや)は、バットを握ったまま悔しそうに三塁ベンチへ下がった。


(タイミング、スイングスピード、バットの芯。全て完璧だった。なのに俺がど真ん中をピッチャーゴロだと?)


 疑問を感じたネクストの九条(くじょう)が、二宮(にのみや)の前に立った。


「どうした?二宮(にのみや)。クイック以外、特に変化はなかったはずだ」

「九条(くじょう)、わからねぇんだ。俺は完璧に捉えた。だが打った瞬間、一奥(いちおく)の球が重く感じたんだ」


「何?球が重いだと?」

「あぁ。それ以上はわからねぇ」


 二宮(にのみや)は下がり、九条(くじょう)が打席に向かった。


(球が重くなるはずはない。打てばわかるか……)


 四番の九条(くじょう)が打席に立った。一奥(いちおく)はまたセットポジション。構えた九条(くじょう)は、ジッと一奥(いちおく)を見ていた。


(やはりセットポジション。様子を見るか……)


 そして、一奥(いちおく)がクイックでど真ん中のストレートを投げ、九条(くじょう)は見逃した。

 その姿に、一奥(いちおく)はすぐに挑発した。


「どうした?九条(くじょう)らしくねぇな」


 挑発にはのらず、九条(くじょう)は無言のまま一奥(いちおく)をにらんでいた。


(球は普通に速い。140は超えている。二宮(にのみや)は重いと言ったが、やはり打たなければわからないようだな……)


 セットに入った一奥(いちおく)に、九条(くじょう)はバットの先を向けた後構えた。


「お前の事だ。同じ球でこい」

「当たり前だ!」


 二球目、九条(くじょう)はフルスイングで応じた。


(重いかどうかなど、俺には関係ない。パワーで勝るのみだ!) 


 打球は高々とライトへ上がった。


(いった。手応えはあった……)


 そう思い、九条(くじょう)はバッターボックスから打球を見ていた。だが、下がったライトの鶴岡(つるおか)は捕球体勢に入る。


「アウト!チェンジ」


 平凡なライトフライに打ち取られた九条(くじょう)は、マウンドへ走って行った遠矢(とうや)の背中を見ていた。


(また遠矢(こいつ)の仕業か。だがおかしい……手応えはあったが、打球に勢いがなかった……なぜだ?)


「ナイスボール、一奥(いちおく)」

「それより遠矢(とうや)。なんで遠矢(とうや)のタイミングで投げるんだ?教えてくれよ」


「それは無理。ホームランを打たれるまでは内緒だよ。一奥(いちおく)に意識されると、梯(むこう)にバレるからね」

「なんだよそれ。……まぁいいけどさ」

だから野球は面白い

 四回の裏、打席に立つ四番の杉浦(すぎうら)の構えに、西島(せいとう)ベンチは唖然とした


「さぁこい!」


 叫んだ杉浦(すぎうら)は、一奥(いちおく)との勝負で見せた右手一本の構えを見せていた。すると、ベンチの一奥(いちおく)は楽しそうに仟(かしら)の肩を人差し指でチョンチョンとした。


「見ろよ、仟(かしら)。杉浦(すぎうら)先輩左手開いて突き出してるぞ?」

「本当ですね。歌舞伎……でしょうか?」


 すると、一奥(いちおく)の隣で遠矢(とうや)が微笑んだ。


「弁慶みたいだねぇ」


「おー!弁慶か。でも遠矢(とうや)、杉浦(すぎうら)先輩はあれで真剣にやってるからな」

「短い薙刀(なぎなた)だねぇ」


 ブン! 「ストライク」


 突き出した左手でボールの変化との距離を測る杉浦(すぎうら)だったが、右手一本で振ったバットは外のスライダーに空振りした。すると、杉浦(すぎうら)の構えがまた変わり、一奥(いちおく)が呟いた。


「おしいな。ん?左手に薙刀(なぎなた)を持ち変えたぞ?」

「一奥(いちおく)さん……いじりすぎです」


 息がもれるように言った仟(かしら)だったが、一奥(いちおく)は杉浦(すぎうら)に夢中だった。


「いや、仟(かしら)。だから杉浦(すぎうら)先輩は真剣なんだぞ?」

「そ、そうですが……」
「ってお前笑ってるじゃねーかよ!」


 横を向いた一奥(いちおく)が笑いをこらえる仟(かしら)にツッコんだが、仟(かしら)はベンチの後ろを気にしていた。


「お二人が悪いんですよ?弁慶と言うから。だって先輩たちだって……」

「ん?」


 一奥(いちおく)が周りを見ると、笑ってはいけないとわかりつつも、こらえている西島(せいとう)メンバーが何人かいた。


「神山(かみやま)先輩!キャプテンが笑っちゃダメだろ」


ブン! 「ストライクツー」


 後ろを向いていた一奥(いちおく)は、球審の声でホームを見た。


「ほら、追い込まれちゃった!」


 その声に、注意された神山(かみやま)が笑いを抑えるようにふーっと息を吐いた。


「すまない、一奥(いちおく)。俺も杉浦(すぎうら)が何とかしようとしているのはわかっているんだ。あいつはお前と出会って本当に変わった。だが打開しようにもこれではな……」


 神山(かみやま)は、左手で両目を隠しながら下を向いた。その緩んでいる口を、一奥(いちおく)は渋い顔で見ていた。


(結局笑えるのかよ……)「仕方ねぇ。要(かなめ)!弁慶コールだ!」

「きたきたー!」


 仟(かしら)の隣に座る要(かなめ)が腰を浮かせた。


『弁慶!弁慶!』


 一奥(いちおく)と要(かなめ)のエールは、バッターボックスの杉浦(すぎうら)に届いた。


「ん?弁慶?なんのコールだ?」


 同じく耳にしたキャッチャーの九条(くじょう)は、余裕の表情で杉浦(すぎうら)へ声をかけた。


「杉浦(アンタ)への応援だろ?」


 すると、キョトンとした杉浦(すぎうら)が座っている九条(くじょう)を見た。


「おい、キャッチャー。俺が弁慶なのか?」

「知らないが、それしかないだろう」


 すると、再び右手一本で構えた杉浦(すぎうら)がニヤリと笑った。


(俺が弁慶か……) 「ガハハ!カッコいいじゃないか。一奥(いちおく)!要(かなめ)!見てろよ!!」


 杉浦(すぎうら)が左の人差し指で一塁ベンチを差し、一奥(いちおく)と要(かなめ)は嬉しそうに口を開けて目を合わせた。


「要(かなめ)!杉浦(すぎうら)先輩がノってきたぞ!」

「きたきたキター!」


『弁慶!弁慶!す・ぎ・う・ら弁慶!!』


ブン! 「ストライクバッターアウト!」


 三球続いた外のスライダーに、杉浦(すぎうら)は空振りした。その瞬間、一奥(いちおく)は悔しそうに両手で頭を抱えた。


「あー!くそー。打てそうな雰囲気は出てたのになぁ」


 バッターボックスに立ったまま外のコースを見ている杉浦(すぎうら)に、遠矢(とうや)がツッコんだ。


「仁王立ちだねぇ」


 すると、ネクストの村石(むらいし)が右バッターボックスに来た。


「おい杉浦(すぎうら)、いつまで立ってんだよ。どけ!俺が見本を見せてやる」

「見本だと?村石(むらいし)、お前も弁慶か?」


 ようやく杉浦(すぎうら)はホームベースをまたいでベンチへと歩き出し、村石(むらいし)は構えた。


「いや、俺は新撰組だ!」


 五番の村石(むらいし)は、右手で握ったバットのヘッドをピッチャー方向に寝かせ、芯の部分をつきだした左手の甲に乗せていた。その構えに、再び一奥(いちおく)が興味を持った。


「村石(むらいし)先輩もかよ!でも、あの構えはなんだ?」


「沖田……かねぇ」と遠矢(とうや)が言うと、閃いたように仟(かしら)が続いた。


「遠矢(とうや)さん!それならチャンスは三回ありますね!」

「三段突きね。仟(かしら)も上手い事言うねぇ」


「村石(むらいし)さんは、変化する前に当てる作戦……ですかね?」


 仟(かしら)の予想通り、村石(むらいし)はバットの先をボールに突きだした。


「ハァ!」

 パン! 「ストライク」


 村石(むらいし)の挑戦に、一奥(いちおく)は唇をしまった。


「ん~。ありゃ当てるの難しいな」

「後2段だね」


 遠矢(とうや)が楽しむ中、二球目が投じられた。村石(むらいし)は、同じ構えで再びバットを突きだした。


「ハァ!」

パン! 「ストライクツー」


 またも同じ空振りに、一奥(いちおく)はのけぞった。


「やっぱダメかぁ。追い込まれたか」

「残り1段だね」


 相変わらずサラッと遠矢(とうや)言う中、他に策のない村石(むらいし)の構えは変わらなかった。


「ハァ!」ゴッ…

「お!当たった!走れー!村石(むらいし)先輩」


 全く期待していなかった一奥(いちおく)が、驚いた後叫んだ。バットのヘッドで突いた村石(むらいし)の打球は、一・二塁間へのバントになった。


「くそおぉ!」


 当てられたピッチャーの松原(まつばら)が懸命に左手を伸ばすが、右回転の打球はイレギュラーして一塁線方向へと抜けた。


「任せろ!」


 ファーストの八木(やぎ)が打球をキャッチして一塁へ振り向いたが、打球がセカンド正面から跳ねるごとに一塁線へ向かった為、八木(やぎ)の目は打球を追いかけすぐ後ろにいるセカンドの五十嵐(いがらし)を捉えていた。


 よって一塁カバーが誰もいない。偶然にも処理の難しいトライアングルバントとなった。


「投げろ!八木(やぎ)」


 取り損ねたピッチャーの松原(まつばら)が、そのままカバーに走っていた。


「松原(まつばら)!」
「任せろ!」


間に合わないと判断した松原(まつばら)・村石(むらいし)が、共に頭から一塁ベースへ飛び込んだ。


ザザーッ「アウト!」


 グローブの長さ分、松原(まつばら)が早かった。その姿に、一奥(いちおく)は指をパチンと鳴らした。


「おっしーぃ!」


 遠矢(とうや)は二回頷いた。


「杉浦(すぎうら)さんも村石(むらいし)さんも、アイディアは良かったんだけどねぇ」


 そして、三塁ベンチでも喜ぶ声があった。


「ホッホッホ。これは惜しかったですなぁ」


 かつての教え子たちが楽しそうにグラウンドで野球をする姿を見て、梯(かけはし)高校監督の木村(きむら)は微笑んでいた。


 一奥(いちおく)が砂をはらいながらマウンドへ戻る松原(まつばら)を見ていると、ネクストの鶴岡(つるおか)に「ん?」と気づいた。一奥(いちおく)の横で立ち止まった鶴岡(つるおか)は、なぜか気まずそうに言った。


「なぁ、一奥(いちおく)……」

「どうしたの?鶴岡(つるおか)先輩」


 鶴岡(つるおか)は照れくさそうに、斜め下を見ていた。


「俺も……何かないか?」

「へ?急に言われても、俺も困るなぁ……う~ん、みんな閃きで楽しんでるんじゃないの?子供みたいにさ」

「子供?そうか!」


 閃いた鶴岡(つるおか)が走って打席に向かい、立った位置はバッターボックスの一番前だった。その姿に、遠矢(とうや)はまた頷いた。


「やっぱりバッテリーだね。村石(むらいし)さんと考える事が似てるよ」


 一奥(いちおく)は、首をかしげていた。


「遠矢(とうや)、あれでどうするんだ?」

「見てればわかるよ」


 構えた鶴岡(つるおか)の姿に、キャッチャーの九条(くじょう)は少し前に座った。


(バッターボックスの一番前。こいつも変化前に狙う考えか)


「うおぉ!」コン…


 両手でバットを前に出し、こねただけの鶴岡(つるおか)の打球は平凡なショートゴロに終わった。


 一塁カバーへ走っていたキャッチャーの九条(くじょう)は、三塁ベンチへ戻りながら一塁ベンチをチラッと見た後ニヤリとした。


(これが西島(せいとう)打線の限界だ。松原(まつばら)がにらんだ通り、やはり打線の中心は八番の遠矢(とうや)から並ぶ四人。次の五回……いや、二宮(にのみや)へ遠矢(とうや)が言った七回を考えると、やつらの本命は八回……)「フッ、面白い」


 五回の表、四回からクイックで投げる一奥(いちおく)の飛ばない球に苦戦する梯(かけはし)打線は、三者凡退に終わった。


 その裏、七番の小山田(おやまだ)を三振に打ち取ったピッチャーの松原(まつばら)は、キャッチャーの九条(くじょう)をマウンドへ呼んだ。


「次は遠矢(あいつ)だ。予定通りここから行くぜ!九条(くじょう)」

「あぁ。松原(まつばら)、あいつらを迷路で遊ばせてやれ」