確信のその先|リミット20話

 神山(かみやま)は、ネクストバッターズサークルから仟(かしら)の姿を険しい表情で見ていた。


(双子(あいつら)の打撃が元々高いのはわかっている。だが、ホームランを打った仟(かしら)は明らかに普段の姿と違って見えた。一体何が起こったんだ?松原(まつばら)の球は悪くない。あれを初球から完璧に合わせられるものなのか?)


 そのまま左バッターボックスへ向かう途中、神山(かみやま)は半信半疑のままだった。


(とにかくまだ7点差だ。いい形で杉浦(すぎうら)へ回すことに集中だ)


 神山(かみやま)がバットを構える。キャッチャーの九条(くじょう)は初球、もう一度西島(せいとう)打線の実力を見極める為、仟(かしら)に投げた球を要求した。

 神山(かみやま)と九条(くじょう)。二人の思考が交錯する中、松原(まつばら)が初球を投げた。


 パーン 「ストライク」


 キャッチャーの九条(くじょう)は、すぐにバッターの神山(かみやま)の様子を伺った。


(見逃しか……仕草は特に変化なし)


 返球した九条(くじょう)が、二球目のサインを出す。


(なら松原(まつばら)、もう一球同じ球だ)


 しかしこの時、バッターの神山(かみやま)の心には異変が起きていた。


(今のはなんだ……ボールが点のように通過していった。一奥(いちおく)のストレートは、線にしか見えない。仟(かしら)が驚いたのはこれだったのか……なら俺にも、ホームランに出来るだろう。だが、キャッチャーに気づかれる前に点差をもっと詰めておきたい。ここは……)


 二球目、神山(かみやま)は初球と同じ球を派手に空振りした。


「ストライクツー」

「くそっ!速いな……」


 悔しがる神山(かみやま)の姿を、キャッチャーの九条(くじょう)は無表情のまま見ていた。


(今度は空振り。まだわからないが、次も様子見でいいだろう。松原(まつばら)、インローのスライダーだ)


 サインに頷いた松原(まつばら)が、三球目を投げた。


(インロー。スライダーか!) 


 神山(かみやま)は、再び苦しいようなスイングをした。

 キン!
「ファール」

「ふう……」


 一息ついた神山(かみやま)の姿を、再びキャッチャーの九条(くじょう)は無表情のまま見ていた。


(カットしたか……なるほど。ん?今度はバットを一握り短く持った。それなら……)


 九条(くじょう)は、自信を見せるように細かく頷いてサインを出した。


(外いっぱいからのシュート。こいつで仕留めるぞ!)


 四球目、松原(まつばら)は九条(くじょう)の要求通りに腕を振る。



(よし!いいコースだ)


 要求通りのボールを目にし、九条(くじょう)がニヤリと微笑んだ瞬間だった。その視界に、スッと出されたバットが映った。


(スリーバントだと?)


 神山(かみやま)は、三塁線にセーフティーバントをした。転がった打球と共に、神山(かみやま)はサードの二宮(にのみや)を走りながらチラッと見た。


(ファールになればアウトになるスリーバント。意表はついたはずだ!)


 スタートが遅れたサードの二宮(にのみや)は、ボールを取るだけで投げるのを諦めた。


「セーフ」

『ナイスバント!』
『よっしゃー!』


 西島(せいとう)ベンチから声がかかり、神山(かみやま)は小さく右手でガッツポーズをした。


(よし!これで、苦し紛れの奇襲だと思わせられる。少なくとも、次の杉浦(すぎうら)は自由に打てるはずだ)


 サードの二宮(にのみや)がピッチャーの松原(まつばら)へ返球する中、キャッチャーの九条(くじょう)は一塁ベース上の神山(かみやま)を見ていた。


(好打者が多い三番バッターが苦し紛れの奇襲バント。……この点差だ。前の二人は、まぐれ当たりとしておくか……)


 九条(くじょう)が視線をマウンドへ変え、マスクをつけながら松原(まつばら)へ声をかけた。


「松原(まつばら)、一つずつアウトカウントを重ねて行くぞ!」

「オッケー、九条(くじょう)」


「さぁこいやー!」


 荒々しいかけ声と共に、四番の杉浦(すぎうら)が右バッターボックスへ立った。

 座った九条(くじょう)は初球、チェンジアップを選択した。


ブン「ストライク」


 杉浦(すぎうら)の豪快な空振りに、キャッチャーの九条(くじょう)は再び確認するように細かく頷いた。


(タイミングは合っていない……)


 上向きにボールを捕った九条(くじょう)は、そのままミットからヒョイっとボールを宙へ浮かした。右手でキャッチして返球する余裕にも見える姿に、ベンチに寄りかかっていた遠矢(とうや)が前傾姿勢になった。


(杉浦(すぎうら)さんは豪快に空振りしたけど、あれは神山(かみやま)さんと違って演技じゃない。初めて一奥(いちおく)と対戦した時の杉浦(すぎうら)さんは、配球を読む事でバッティングが小さくなっていた。それを辞めた事が、偶然だけどわざとらしさを消してる。神山(かみやま)さんの狙い通り、これなら……九条(くじょう)を欺ける)

元チームメイト

 遠矢(とうや)はニヤリと微笑み、キャッチャーの九条(くじょう)は迷いなくサインを出した。


(西島(せいとう)に警戒する打力はない。インハイで詰まらせるぞ!松原(まつばら))


 一度で頷いた松原(まつばら)は、サイン通りインハイのストレートを投げた。


「うりゃぁ!ガハハ!いったぜ!」

『おーーー!』


 杉浦の笑い声と西島(せいとう)ベンチの声に押されるかのように、打球はあっという間にレフトフェンスを越えた。ベンチの遠矢(とうや)は軽く右手を握り、一周する杉浦(すぎうら)を目で追っていた。


(杉浦(すぎうら)さんは、来た球を感覚で打つスタイルに変えた事で、急激にバッティングが向上した。初球チェンジアップを空振り、そして二球目のインハイのストレートをホームラン……)


遠矢(とうや)は視線を、キャッチャーの九条(くじょう)へ移した。


(悔しがる素振りはない……。これなら杉浦(すぎうら)さんの自然な姿が、結果論だけど九条(くじょう)が西島(うち)を認める材料には……まだなっていないはず……)


 九条(くじょう)は、笑いながらホームベースを踏む杉浦(すぎうら)を余裕の顔で見ていた。


(インハイは四番の得意コースだったか……次に投げなければ、問題はないだろう)


 杉浦(すぎうら)のツーランで、点差は5点まで縮まった。打力に絶対の自信を持つ梯(かけはし)高校ナインに焦りの顔はないが、九条(くじょう)の目に地面を蹴ったピッチャー松原(まつばら)の姿が映った。

 疑問を抱いた九条(くじょう)は、球審にタイムを要求してマウンドへ向かった。


「松原(まつばら)、遊びは終わりでいい。お前の力を見せつけてやれ」

「わかっている。なぁ九条(くじょう)、今のストレートは140近く出ていたはずだ。今日の俺の球は走っていないのか?」


 さらに悔しがる松原(まつばら)の姿に、九条(くじょう)は眉間にシワを寄せた。


(ここまで松原(まつばら)の球をあまり気にしていなかったが、それは俺が西島(せいとう)打線を探っていたのもある。松原(まつばら)は本気で投げていたのか?)「松原(まつばら)。お前何を言っている?」

「九条(くじょう)、聞いているのは俺だ。どうなんだ?なぜ俺の球は打たれる……くそっ」


 九条(くじょう)を見つめる松原(まつばら)の悔しがる顔は、本物だった。


(なるほどな。これは手抜きをしていた姿ではない……)


 そう思った瞬間、九条(くじょう)は一番の要(かなめ)に打たれたホームランで得た嫌な予感を思い出し、目を泳がせた。


(本気で投げていた松原(まつばら)から三ホーマーを放った西島(せいとう)打線が本物……ならばどうすれば……)


 だが九条(くじょう)は、動揺した目を松原(まつばら)に気づかれぬよう、両まぶたで隠した。口は微笑んでいるが、内心は揺れたままだった。


(これでは抑える策がない。だがここは、まず松原(まつばら)を落ち着かせる事が優先だ!)

「どうなんだよ?九条(くじょう)!」


 目を開けた九条(くじょう)は、真っ直ぐ松原(まつばら)の目を見つめた。


「お前のストレートは走っていない。打たれたのはそのせいだ。この試合は変化球主体で行くぞ」


 九条(くじょう)の強い眼差しに、松原(まつばら)はホッとした。


「そうか……お前が言うなら間違いない。リード頼むぜ!」

「あぁ」


 九条(くじょう)はマウンドを後にしたが、表情は優れなかった。


(松原(まつばら)が自信を持っているストレートを完璧に打たれたなど、ピッチャーにマウンドを下りろと言うようなものだ。……変化球主体で抑えるしかない。取られるなら取り返すまでだ!)


 九条(くじょう)がホームへ座り、マスクをつけ始めた。


(まだ5点ある。俺の油断によるリードミスもあるが、ここで全て把握出来たのは大きい。向こうのピッチャーは一奥(いちおく)だ。梯(こっち)はいくらでも点は入るが、これ以上西島(あいつら)に点をやる必要はない。泥試合はごめんだ!その為に俺たちは、一奥(いちおく)を捨てた。この選択が、確実に甲子園へ行く方法だ!)


 そして、五番の村石(むらいし)が打席に立つ。九条(くじょう)は、スライダーのサインを出そうとした。


(もうミスはない……)


 その指が伸びきろうとした瞬間、ピタッと止まった。バッテリーの間の長さに、ベンチの遠矢(とうや)は違和感を持った。


(おそらく今のタイムで九条(くじょう)が松原(まつばら)に言ったのは、変化球主体の策。松原(まつばら)は動揺していたし、それは立ち直らせるという意味では完璧……。でも九条(くじょう)。一奥(いちおく)が梯(きみら)を知っているように、梯(きみら)も一奥(いちおく)を知っているんだよ……)


ようやく出た変化球のサインに、松原(まつばら)は頷いた。だが、九条(くじょう)は歯を食い縛っていた。


(……俺達も……変化球を苦にしない……)