逆襲への足音|リミット19話

(イケる!)

 ニヤつくバッターの七見(ななみ)がフルスイングする。

 バシーン「ストライク」

(なにっ?球速が上がった?)

 空振りした七見(ななみ)は、驚いてマウンドの一奥(いちおく)を見た。しかし一奥(いちおく)の目は、バッターの七見(ななみ)を見ているようで見ていなかった。

(どうした、七見(ななみ)。さっきのホームランの感触を、もう忘れたのかよ)

 意味深にニヤつく一奥(いちおく)。遠矢(とうや)からの返球を受けルと、すぐに振りかぶった。

(もういっちょいくぜ……)

 投じられたボールに、またもや七見(ななみ)はフルスイングで迎え撃つ。

(ストレート!)「うらぁ!」

 カキン「セカンド!」

 キャッチャー遠矢(とうや)の声に、セカンドの仟(かしら)が平凡なゴロを軽快なさばいた。

「ナイス、仟(かしら)!」

「はい!どんどん打たせて下さい」

 その言葉に、遠矢(とうや)は思わず苦笑いをした。

(僕じゃなくて、一奥(いちおく)が狙ったんだけどね……。仟(かしら)、抑えたのは中学での練習中の一奥(いちおく)だよ。だけど、今はこれで間違いない……)

 マスクをつけた遠矢(とうや)の後ろを通り、打ち取られた七見(ななみ)が三塁ベンチへ下がる。そこへ、ネクストの二宮(にのみや)が来た。

「お前が振り遅れるなんてな」

「二宮(にのみや)……信じられないが、一奥(いちおく)の球は練習そのものだ。でなければ……俺は納得出来ない」


「そうか。なら、俺にも生きた球が来るって言うのか?」

「わからない。わからないが、油断だけはするなよ!」

 七見(ななみ)は三塁ベンチへ戻り、三番の二宮(にのみや)はバッターボックスへ向かった。

(考えすぎだぜ?七見(ななみ))

 油断するな。この言葉が二宮(にのみや)のバッティングを逆に雑にした。前のホームランの感触が残っている分、二宮(にのみや)は大振りになっていた。

 一奥(いちおく)の球速は上がっている。二宮(にのみや)がそれを認めたのは、三回目の空振りの後だった。

 ズバーン!「バッターアウト。チェンジ」

(くそっ、当たらねぇ……七見(ななみ)の言う通りじゃねぇか。いきなりなんなんだ……)

 二宮(にのみや)は、悔しそうに一奥(いちおく)を睨む。ボールをマウンドへ転がしたキャッチャーの遠矢(とうや)は、一塁ベンチへ戻ろうとした。だが、視界に入った一奥(いちおく)が動かないの事に気づき、足を止めた。

「一奥(いちおく)、チェンジだ!」

「チェンジ?」

 マウンドへ歩いてくる杉浦(すぎうら)が叫んだ。下を向き、足を開いてボーっと立ちながら呟いた一奥(いちおく)の肩に、太い右腕が回った。

「よし、よくやったぞ一奥(いちおく)。ベンチに帰るぞ」

「あぁ……そっか……」

 杉浦(すぎうら)に肩を抱かれ、一奥(いちおく)はようやく一塁ベンチへ下がった。


 ようやくチェンジとなった一回の裏。円陣を組んだ西島(せいとう)メンバーは、紀香(のりか)監督の檄が飛ぶと思っていた。しかし紀香(のりか)監督は、座ったまま腕と足を組んでグラウンドを見ていた。

 円陣の中心には、キャプテンの神山(かみやま)がいた。

「9点差だが、まだ初回だ。1点ずつ取り返して行くぞ!いいな!」

『おーぉ!』


 円陣は崩れ、左バッターボックスへ向かう一番の要(かなめ)に続き、二番の仟(かしら)もネクストバッターズサークルへ向かった。

 しかし仟(かしら)は、ベンチの左前に座る紀香(のりか)監督の前で、足を止めた。

(あの話が本当なら、まだ初回のうちに確かめた方がいい……)

 そんな仟(かしら)の姿に、紀香(のりか)監督は眉を上げた。

「どうしたの?仟(かしら)」

「あの……監督。この試合に負けたら、夏で廃部ですか?」

 仟(かしら)の真剣な顔と言葉に、一瞬紀香(のりか)監督は驚いた。だが、すぐに目を閉じてフッと口元を緩めた。

「塁審に注意された時の会話はそれね……仟(かしら)、本当よ。おかげで私は、何もかもバラバラだったわ」

 ため息混じりに話す紀香(のりか)監督の言葉を聞いていた仟(かしら)や他の選手たちは、驚きよりも絶望が大きかった。

「そうですか……」(やっぱり本当だったんだ。なのに試合はもう9点差……先輩たちが下を向くのも、無理はない……)

 仟(かしら)がベンチを見回す。いつもなら一番に絡んでくるはずの一奥(いちおく)は、顔にタオルを被せてベンチに寄りかかっていた。

(一奥(いちおく)さん……やっぱり精神的疲労が大きいんだ……)

 一奥(いちおく)を心配そうに見つめる仟(かしら)の右耳に、紀香(のりか)監督の後ろに座る遠矢(とうや)の声が入った。

「大丈夫だよ、仟(かしら)。この試合、西島(せいとう)は勝つよ」

「遠矢さん……」

 仟(かしら)は微笑む遠矢(とうや)を見た。たが、すぐに下を向いてしまった。

「もちろん私も諦めません。ですが、この点差の逆転が難しいのは……」カキーン!「えっ?」

 快音に驚き、振り返った仟(かしら)が目にしたのは、すでにガッツポーズでダイヤモンドを回る要(かなめ)の姿だった。

「やりやり!」

 笑顔で叫んだ要(かなめ)の姿を、ただただ仟(かしら)はボーッと目で追いかけていた。すると、背中越しに聞こえた遠矢(とうや)の声に、仟(かしら)は再び振り返った。

「仟(かしら)。一奥(いちおく)の球を打って練習したのは、梯(かれら)だけじゃないよ。西島(せいとう)もこの一ヶ月、杉浦(すぎうら)さんと同じ思いをみんながしてきたよね?打席に立った要(かなめ)は、すぐにわかったんじゃないかな?だから、点差を考えずに初球から打ったんだ。っていうより、びっくりしてつい打っちゃったんだと思うけどね」

「はぁ……そうですか」

 淡々と話した遠矢(とうや)に、仟(かしら)は半信半疑で頷いた。そしてバッターボックスへ向かう。

(遠矢(とうや)さんの言葉でも、そこまでこの短期間でバッティングが向上するとは思えない……)

 元気に一周してきた要(かなめ)は、ネクストの仟(かしら)とハイタッチをした。ベンチに戻ってきた要(かなめ)は、紀香(のりか)監督の前で苦笑いをした。

「監督、ごめんなさい。ランナー溜めなきゃいけないのに、つい振っちゃいました」

「それは構わないけど。要(かなめ)、どうして初球からいったの?」

 紀香(のりか)監督から目を逸らした要(かなめ)は、「う~ん」と見上げた後、目を閉じて首をかしげた。

「わかりません!だから監督、ごめんなさい」

 頭を下げた要(かなめ)に「フフッ」と紀香(のりか)監督は笑った。すると、立ち上がった遠矢(とうや)が前のベンチの背もたれを両手で掴み、身をのりだした。

「ナイスバッティングだったよ?要(かなめ)。これで後8点だね」

「遠矢(とや)くん。うん!そうだね!」

 遠矢(とうや)は、頷いた要(かなめ)からネクストへ向かう神山(かみやま)へ視線を向けた。

「神山さん、一イニング1点ずつの話でしたけど、まだこの回に取りますか?」

「当たり前だ!この回で追いつくぞ!」


『おっしゃー!』

 遠矢(とうや)がニコッと要(かなめ)を見ると、ホームランで活気づいたベンチの様子に、要(かなめ)は「アハハ!」と笑って紀香(のりか)監督の隣に座った。

 その西島(せいとう)ベンチの様子を、マウンドに着いたキャッチャーの九条(くじょう)とピッチャーの松原(まつばら)が見ていた。

「すまない、九条(くじょう)。点差を考えて、不用意に甘くなってしまった」

「気にするな、松原(まつばら)。出会い頭の一発だ。ここから締めて行けばいい」


「あぁ、任せろ!」

 キャッチャーの九条(くじょう)がホームへ戻る。しかし、打席に向かう二番の仟(かしら)を見たその時、わずかに違和感を覚えた。

(気のせいか?嫌な空気を感じる……)

 そして、半信半疑の仟(かしら)が左打席に入った。

一奥がチームに与えたもの

 ベンチの紀香(のりか)監督は、仟(かしら)の姿に首をかしげた。

「あら?仟(かしら)は右バッターじゃないの?」 

すると、隣に座っている要(かなめ)が答えた。

「紀香(のりか)監督、仟(かしら)はスイッチだよ」

「スイッチ?」


「仟(かしら)は私と違って器用だから、どっちでも打てるんです」

「そう……それは便利ね」

 右ピッチャーの松原(まつばら)を前に、仟(かしら)は久々の左打席に少し違和感を持っていた。

(まだ点差は8。左は久しぶりだけど、なにがなんでも塁に出なきゃ!)

 構えた仟(かしら)を見て、キャッチャーの九条(くじょう)がサインを出す。

(松原(まつばら)、ここからはストライク先行で行くぞ。コースは外よりでいい。お前の球威ならショートゴロだ)

(わかった)

 頷いた松原(まつばら)が外よりのストレートを投げた。その瞬間、バッターの仟(かしら)の目が驚いた。

(え?こんなに打ち頃の球はない……凄い……ボールが止まって見える!)

 カキーン!……ボン

 あまりの爽快感に、仟はバッターボックスで呆然としていた。バックスクリーンに当たった打球を見ずに、バットを離した両手をジッと見ていた。

(軽々振り抜けた……今の感覚は何?打った感触が、何もなかった……)

 その姿に、ベンチの要(かなめ)は微笑んでいた。

(仟(かしら)のあんな顔、始めて見たね。打った後にバッターボックスから出なかったのも、野球を始めて以来一度もなかったなぁ。でも、その気持ちわかるよ?)

 驚きのあまり、仟(かしら)は走る事を忘れていた。
すると、球審が声をかけた。

「君、ホームランだよ」

「えっ?ホームランですか?」

 信じられない表情のまま、仟(かしら)はようやく走り出した。だが、視点は両手を見ているようで見ていなかった。

 先程の感覚を頭で理解しようと、意識がそちらへいっている。その為、仟(かしら)はぼんやりとダイヤモンドを一周していた。

 ベンチ前へ戻って来ても、仟(かしら)は驚いたままだった。そんな仟(かしら)を見て、遠矢は微笑んでいた。

「フフッ。仟(かしら)、ヘルメットくらい取りなよ」

「あ、はい……あの、遠矢(とうや)さん。私は本当にホームランを打ったのですか?」

「うん、完璧だった。綺麗な放物線だったよ」


「そうですか。でも私は見送るつもりで……なのにボールが止まって見えたので打てると思って……そしたら体が勝手に反応して……」

「すぽーんって、バックスクリーンに飛んでいったよ!凄いホームランだったね、仟(かしら)」

 動揺しながら立っていた仟(かしら)は、声をかけた要(かなめ)の笑顔で少し落ち着いた。

「要……」

「ほいっ!」

 仟(かしら)は要(かなめ)にヘルメットを外され、振り返ってバックスクリーンを見つめた。すると、ネクストへ向かおうとバットケースの前に来た杉浦(すぎうら)が、イライラしながら仟(かしら)に絡んだ。

「おい仟(かしら)!ボーっとするな。邪魔だからベンチに座れ」

「すみません、杉浦(すぎうら)さん」


「……お前があんなホームラン打つから、俺は今、早く打ちたくてしょーがないんだ」

 バットを持った杉浦(すぎうら)の背中を見た仟(かしら)は、微笑んだままベンチに入った。そして、遠矢(とうや)の隣に座った。

「仟(かしら)、この試合、勝てるでしょ?」

「はい!勝ちましょう!遠矢(とうや)さん」

 軽い興奮状態の仟(かしら)に、遠矢(とうや)は右手を両手で握ぎられた。そんな仟(かしら)の姿に、遠矢(とうや)は苦笑いをした。

「双子だねぇ……キャラが要(かなめ)になってるよ?」

「えっ?あ……」

 仟(かしら)は、照れながら視線を逸らして手を離した。その止まらない気持ちが収まったのは、右にいる遠矢(とうや)の奥に座る一奥(いちおく)の姿が目に入った時だった。

 仟(かしら)は優しい目で、力なく座る一奥(いちおく)に心で話した。

(一奥(いちおく)さんは、毎日毎日楽しそうに、みんなに厳しいボールばかり投げていましたね。初めは私も打てなくて、自信を無くすだけでした。それでも気持ちが切れない杉浦(すぎうら)さんが凄いとさえ思っていました。杉浦(すぎうら)さんがいなかったら、ついていけない人もいたと思います。そして遠矢(とうや)さんがいなければ、一奥(いちおく)さんはこれほどまでのピッチャーにはなっていなかったと思います。それが今、逆に一奥(いちおく)さんを苦しめてる。だけど、今のチームは私たちです。一奥(いちおく)さんを救うのは、この西島(せいとう)野球部なんだ!)

 グラウンドへ目を向けた仟(かしら)は、バッターボックスの神山(かみやま)を見つめた。

(マウンドで一奥(いちおく)さんが神山(かみやま)さんに敵だと言った時、私はチームで一奥(いちおく)さんを助けると心に誓った。でも、それは根拠のない決意だったんだ。今ならわかる。また同じ状況になったとしても、梯(かれら)とは違う意味で、ハッキリと自信を持って取り返すと言える!そうですよね?神山(かみやま)さん)

 すると、同じくグラウンドを見つめていた遠矢(とうや)が、「ふぅ」と目を閉じた。

「仟(かしら)。僕はね、紀香(のりか)監督に救われたんだ。それを証明してくれて……ありがとう」

「遠矢(とうや)さん!なにを弱気になっているんですか!」

 叫んだ仟(かしら)が突然立ち上がり、驚いた遠矢(とうや)と目が合った。

「まだ7点差ですよ?応援しましょう!神山(かみやま)さーん!頼みますよー!」

 再び叫んだ仟(かしら)の元気な姿に、遠矢(とうや)は微笑んだ。そして、横目で一奥(いちおく)を見た。


(一奥(いちおく)、早くみんなで野球をやろう。僕らの大好きな、西島(せいとう)高校の野球を……)