2つの花|リミット11話

 野球を楽しみ出した仟(かしら)は、アウトコースの出し入れのみのリードを始めた。一奥(いちおく)はシュートとスライダーをツーシームに変え、ストレートはフォーシームで投げる。

 気持ちで負けていた鶴岡(つるおか)は、外のツーシームシュートを二球振らされた。最後は、仟(かしら)のミットにキレ良く突き刺さるようなフォーシームストレートに手が出ず、見逃し三振に終わった。

 続く八番バッターも、仟(かしら)は外の出し入れでリードする。今度は外のボールから、ツーシームカットボールを要求。この二つで追い込むと、最後は外のフォーシームストレートをボールにし、空振り三振に仕留めた。

 連続三振を奪った仟(かしら)は、九番バッターの相手をしながら一奥(いちおく)と遠矢(とうや)に言った手抜きについて考えていた。

(私は何を見ていたんだろう……二人は今日も本気で野球を楽しんでる。ただそれだけだったのに、私は手抜きだと言ってしまった……)

 パン「ストライク」

 仟(かしら)はボールを一奥(いちおく)へ返すが、球審の声が届かないほど心で会話を繰り返していた。

(昨日の要(かなめ)は楽しそうだった。私は、要(かなめ)に嫉妬していたんだ……。私もおもいっきりプレーがしたい。大好きな野球を楽しみたい。だけど、それが無理だからマネージャーとしてチームの力になろうと決めた。でも、そう決めたのは私自身。女だから、それが高校野球では当たり前だと思ってた……)

 パン「ストライクツー」

 バッテリーは、迷って見逃す九番バッターを追い込んだ。

(要(かなめ)……私も二人と勝負をしてみてわかったよ。今さら私が伝えるまでもないけど、紀香(のりか)監督は……)

 一奥(いちおく)が仟(かしら)のサインに頷き、三球目を投げる。向かってくるボールに対し、仟(かしら)は満足した様子でミットを構えた。

(本気で私たちを、スカウトしたんだね……)

 ガギッ!

「え……?」

 打撃音を聞いた仟(かしら)が驚いた。無意識にサインを出していた自分に気がついたその時、仟(かしら)は呆然としながらマスクを外して打球を目で追った。

 一奥(いちおく)が首を振らないルールだからこそ、集中していなかった仟(かしら)のリードは単調になっていた。

 しかし、右バッターへ外から内へと僅かにカットボールが動いた為、打球は芯を外して打ち取った形になっていた。

 ファースト後方へふらふらっと上がったボールを、懸命にセカンドが追う。

 だが、その場で結果を見ているしかなかった仟(かしら)の表情は、とても穏やかなものだった。

(私は、この勝負で大切なものを頂けた……)

 仟(かしら)が目を閉じる。

(本職の遠矢(とうや)さん相手に、急造の私でもここまでできたんだ。この回、そう覚悟はしてた。結果は、一奥(いちおく)さんの声が教えてくれる……)

「取れー!セカンド!」
「ハッ!」

 負けを認めていた仟(かしら)が、諦めない一奥(いちおく)の声に反応した。再び仟(かしら)の目が打球の結果を追ったその時、セカンドがボールへと懸命に飛び込む。

 その姿に仟(かしら)は、一人の野球人としてのプライドを思い出した。再び閉じられたまぶたは、強く祈るように震えていた。

(それでも負けたくない……取って………)

 ポン……

「フェア、フェア!」

『うおぉぉぉ!』
『やったぜ!』

 まるでサヨナラヒットでも生まれたかのような勢いで、三塁ベンチから選手が飛び出した。それと同時に、仟(かしら)は天をあおぐ。

 打球は、惜しくもセカンドのグラブをかすめてフェアグラウンドに落ちた。ヒットかエラーか微妙なところではあったが、ここまでヒット性の当たりが無かった事と、グラウンドの空気で勝負がついたと判断されたのだろう。

 一奥(いちおく)は悔しがり、グローブをグラウンドに叩きつけた。そして、一塁ベンチは静まり返っていた。

 結果を受け入れた仟(かしら)の目から、自然に2つの涙がこぼれ落ちる。

 グローブを拾った一奥(いちおく)は、肩を落としてホームへ歩いてきた。

「すまねぇ仟(かしら)。俺のコントロールが甘かった……」

 一奥が申し訳なさそうに言うと、仟(かしら)は鼻をすすって下を向いた。

「いえ……一奥(いちおく)さんの……せいではありませんから……」(ダメだ。涙が止まらない……)

「仟(かしら)……」

 戸惑いながら一奥(いちおく)が呟いた瞬間、仟(かしら)が「あっ?」と声を出した。仟(かしら)に抱きついたのは、目を真っ赤にした妹の要(かなめ)だった。

「よくやったよ、お姉ちゃん。ううん」

「要(かなめ)……ありがとう……」

 二人は、微笑み合いながら涙を流した。ホームへ歩いてきた紀香(のりか)監督は、目が合った仟(かしら)に微笑みかけた。

「仟(かしら)、お疲れさま。いい勝負だったわ。これ使いなさい」

「はい」

 仟(かしら)は渡されたハンカチを受け取ると、要(かなめ)と互いの涙を拭った。

 紀香(のりか)監督が、二人の肩に優しく手を添える。そのまま一塁ベンチへ下がる途中、紀香(のりか)監督は二つの耳元にそっとささやいた。

「私の目に、狂いはなかったわ……」

 仟(かしら)と要(かなめ)は、何度も何度も小さく頷いた。その姿は、スカウトから今日までの半年間に起こった全ての出来事に頷いているようだった。

 ベンチに座った二人は、すぐに落ち着きを取り戻した。その時、金属バットで素振りをしていた白城(しらき)がゆっくりとバッターボックスへ向かった。

「来いよ、遠矢(とうや)。賭けは俺の負けだからな」

 そして白城(しらき)は、ホーム付近に立つ一奥(いちおく)を睨みつけた。

「一奥(いちおく)。マウンドへ行け」

「今日は金属バットか。へへっ、面白れぇ!」


「キッチリぶちこんでやる。バックスクリーンにな!」

「やれるもんならやってみろ!」

 しかし、肝心の遠矢(とうや)が現れない。

 それに気づいた一奥(いちおく)が一塁ベンチの遠矢(とうや)を見ると、つられて白城(しらき)も振り返った。すると遠矢(とうや)は、防具も着けずに笑顔で座ったままだった。

「遠矢(とうや)、どうしたんだよ?早くやろうぜ」

「そうだぞ!相手になってやるから早くしろ!」

 一奥(いちおく)に続き、白城(しらき)も声を上げる。すると遠矢(とうや)は、思いがけない言葉をあっさりと口にした。

「そう言われましてもねぇ……白城(しらき)さん?まだツーアウト一塁ですよ?」

「はぁ?」「アハハ!」

 白城(しらき)は拍子抜けし、一奥(いちおく)は笑った。ワンヒットサドンデスでの仟(かしら)は後攻。試合ならサヨナラを意味するからだった。

 二人の反応を面白がるように微笑んだ遠矢(とうや)は、泣き止んだ仟(かしら)を見た。

「仟(かしら)。そういう訳だから、キャッチャーお願いね」

「あの……遠矢(とうや)さん。理屈はわかりますが、私にも意味がわかりません」


「そうかな?意味なんてさ、あるかないかはやらなきゃわからないよ?それに……」

 遠矢(とうや)が真剣な表情に変わる。

「仟(かしら)の限界を……僕はまだ見てないからね……」

(私の……限界?)

 仟(かしら)は要(かなめ)に目を移すと、要(かなめ)にウンウンとうなずかれた。

「要(かなめ)まで……」

「えへへ。はいこれ。なんか大変そうだけど、ツーアウトなら仕方ないよね?」

 笑顔の要(かなめ)に面とミットを渡された仟(かしら)は、「うん!」と強くうなずいた。

「遠矢(とうや)さん、わかりました」

 仟(かしら)は立ち上がると、ホームへと歩き出す。

(遠矢(とうや)さんの意図はわからない。でも、なぜかワクワクする……)

 気合いを入れ直した仟(かしら)の姿を目にし、一奥(いちおく)は「よっしゃ!」とマウンドへ向かった。

 遠矢(とうや)の態度に白城(しらき)は不満そうだが、(まぁいい……)と、左腕を回す一奥(いちおく)の背中を睨みながらバッターボックスへ向かった。

一奥対白城!第二ラウンド

 仟(かしら)がホームへ座り、白城(しらき)が右バッターボックスに立つ。

 一奥(いちおく)も仟(かしら)も、白城(しらき)がデストロイタイプのバッターだと知っている。それは、白城(しらき)がバッティングに余裕を残している事を示していた。

「一奥(いちおく)。昨日のストレートは147キロだった。俺の当たりは、木製バットでバックスクリーンまで後一歩のセンターフライ。この意味がわかるな?」

「あぁ、わかるぜ。それがお前の限界だ」


「フッ、限界か……来い一奥(いちおく)、勝負だ!」

 白城(しらき)がバットを構え、一奥(いちおく)は仟(かしら)を見る。

(仟(かしら)、お前のリードを信じるぜ)

 サインを待つ一奥(いちおく)の姿を目にした仟(かしら)は、ただならぬ雰囲気を感じていた。

(二人とも、ものすごい気迫……。でも私は、この勝負を遠矢(とうや)さんに任されたんだ。白城(しらき)さんを抑える事に集中する!一奥(いちおく)さん、まずはアウトコースにツーシームシュートで)

 サインに頷いた一奥(いちおく)が振りかぶる。

「でりゃー!」

 投じられた要求通りのボールに、仟(かしら)は小さくうなずいた。

(ナイスコントロール!)

 バッ……「え?」

 仟(かしら)はボールをミットにかすめ、後ろへ逸らしてしまった。すぐにボールを拾いに行き、一奥(いちおく)へ返球した。

「すみません、一奥(いちおく)さん」

「大丈夫か?仟(かしら)。ボールは見えてるよな?」


「はい……」

 仟(かしら)は返事はしたが、その目は焦点が合っていなかった。

(途中からボールが消えたように見えた……ううん、そんな事はない。とにかく切り替えて集中しなきゃ!)

 カウントはワンボール。気を取り直し、座った仟(かしら)がサインを出した。

(インローのストレート!ボール1個外して下さい)

 サインに頷いた一奥(いちおく)が、二球目を投げた。

「うらぁー!」

 要求通りのボールに、仟(かしら)は再び小さくうなずく。

(ナイスコース。でも白城(しらき)さんは見切って……)「きゃぁ!」


 仟(かしら)はミットを弾き飛ばされ、尻餅をついてしまった。再びバックネットへボールを拾いに行ったその時、仟(かしら)は背中越しに白城(しらき)の声を聞いた。

「おい、一奥(いちおく)。俺をナメてんのか?ストライクを投げろ!」

「うるせぇなぁ。お前はストライクしか打てねぇのかよ。そんなに打ちたきゃ勝手に打てばいいだろ?」


「腰抜けが。なら、そうさせてもらうぜ」

 ボールを一奥(いちおく)に返した仟(かしら)は、急いでホームへ戻った。

「行くぜ!仟(かしら)」

「えっ?」

 叫んだ一奥(いちおく)が振りかぶる。サインどころか、面を着けようとしている仟(かしら)は焦った。

「一奥(いちおく)さん!待って下さい!」

 座れない仟(かしら)は、思わずうつむいた。

(どうすればいいの……私には、一奥(いちおく)さんの球が捕れない……。まるで別人のようなキレ……)

「仟(かしら)!外に構えろ!」

「えっ?はい!」

 再び叫んだ一奥(いちおく)の声に、仟(かしら)は戸惑いながらもサッと座って外に構えた。

(一奥(いちおく)さん?サインは?)

 仟(かしら)が混乱したまま、一奥(いちおく)は右足を上げる。

「いっくぜ!白城(しらき)!」

 そのままノーサインで、三球目が投じられた。

(来た!インローのスライダー?)

 仟(かしら)は、逆球へと必死にミットを伸ばす。

(スゴいキレ!でもボール!捕らなきゃ……)

キン!「ファール」

「え……?」

 仟(かしら)は、白城(しらき)が打ちに来た事に驚いた。打球はわずかにバットをかすめ、バックネットへ突き刺さった。

(あの白城(しらき)さんが、ボール球に手を出した……?)

 両手をついた仟(かしら)が白城(しらき)を見上げると、マウンドの一奥(いちおく)が白城(しらき)を挑発した。

「白城(しらき)、やっと打つ気になったか」

「黙れ!ノーコンのお前にストライクを期待しても、日が暮れるだけなんだよ」

 二人の会話を聞きながら、仟(かしら)は座り直して下を向いた。

(違う……。一奥(いちおく)さんは、私が捕れないと判断して外に構えさせた。そして投げたのは、インローのスライダーだった。白城(しらき)さんは、見送ればボールなのにカットした。二球目よりも、明らかにボールだったのに……白城(しらき)さんが見逃せば、私はまた取れなかった……)

「仟(かしら)!」

 一奥(いちおく)の声に、仟(かしら)は顔を上げた。

「サインだせ!」

「は、はいっ!」

 考えがまとまらないまま、仟(かしら)はサインを出した。だが仟(かしら)は、白城(しらき)を見ながらうなずく一奥(いちおく)の目に気がついた。

(あれは!一奥(いちおく)さんはサインを見ていない!……ってことは、きっと一奥(いちおく)さんは私のいないコースに投げる……)

 仟(かしら)は、一奥(いちおく)の振りかぶる動作に合わせて構えた。インコースに移動すると、一奥(いちおく)が四球目を投げた。

(やっぱり逆球!初球と同じ外のシュート……)

キン「ファール」

 左腕を外に伸ばした仟(かしら)は、白城(しらき)を見ながら体勢を直した。

(白城(しらき)さんも、またボール球をカットした。もう間違いない……。白城(しらき)さんも、捕れない私の為にカットしてる。なのになぜ?一奥(いちおく)さんも白城(しらき)さんも、どうしてこの勝負を止めようとしないの?)

 その時、ニヤつき合う二人の顔を、仟(かしら)は目にした。

(まさか……これが遠矢(とうや)さんの言っていた、私の限界?)

 ショックを受けた仟(かしら)の考えは、ほぼ当たっていた。

 白城(しらき)はデストロイタイプのバッター。当てる技術は一級品。そして、当てるだけならボール球でも対応できる。捕れない仟(かしら)の為にカットしているが、甘い球が来れば捉えると考えている。

 一奥(いちおく)は、目が慣れれば仟(かしら)は捕れると信じて投げていた。だが、白城(しらき)に打たれる訳にはいかない。よって、甘い球は避けている。

 そのまま十数球ファールは続いた。そしてついに、仟(かしら)に変化が表れた。一奥(いちおく)の眉間にシワが寄る。その目は、ど真ん中に構える仟(かしら)の姿を捉えていた。

(仟(かしら)……)

(一奥(いちおく)さん、捕ってみせます!)

 仟(かしら)の異変に白城(しらき)も気づく。そして目つきが変わった一奥(いちおく)の姿を捉えた時、それは確信に変わった。

(ようやく仟(かしら)が限界を超えたようだな……)

 バットをギュッと握り直した白城(しらき)の姿に、一奥(いちおく)は一度プレートを外してロジンを手にした。

「白城(しらき)、やっぱ俺とお前はど真ん中のストレートじゃないと終わらないみたいだな」

「それを最初から待ってんだよ。早く投げやがれ!」


「あぁ……行くぜ!」

 ロジンを投げ捨てた一奥(いちおく)が振りかぶる。仟(かしら)は真剣な眼差しで、おもいっきりミットを広げた。

(お二人に感謝します。一奥(いちおく)さん、渾身のストレートで、白城(しらき)さんから三振を奪って下さい!必ず取ってみせます!!)

 そして、決着のど真ん中が投じられた。

 スパーーン……

「ストライク!バッターアウト!!」

 仟(かしら)は、見事にボールをミットに収めた。だが喜びもつかの間。三振した白城(しらき)を、すぐに見上げていた。

(白城(しらき)……さん?)

 白城(しらき)は、ど真ん中のストレートを見逃していた。

(白城(しらき)……お前……) 

 一奥(いちおく)と仟(かしら)が呆然と白城(しらき)を見つめる中、白城(しらき)は構えを解いた。そして、ホームベース上でバットをパッと離した。

 カランという金属音が、グラウンドに鳴り響く。すると白城(しらき)は、呆れ返ったような態度を見せた。

「辞めだ辞めだ。こんなにバットを振るんじゃなかったぜ。マメが潰れて手がいてぇわ」

「白城(しらき)……」


「なんだよ?一奥(いちおく)、その面(ツラ)は。お前は俺に二度も勝ったんだ。もっと喜べよ」

 一塁ベンチへ歩き出した白城(しらき)に、声をかける者はいなかった。

 白城(しらき)は遠矢(とうや)と目が合うと、「じゃあな」と何事もなかったかのようにバックネット裏へ出た。そのまま階段を登ろうとした時、バックネットへ走ってきた一奥(いちおく)が白城(しらき)の背中に叫んだ。

「待てよ!」

 一奥(いちおく)の声に、白城(しらき)が振り向く。

「お前しつこいな。俺は野球部員じゃないんだぜ?それを思い出した瞬間冷めちまった。何やってんだってな」

 白城(しらき)は、再び階段を登り始めた。

「こんにゃろー!」

 激怒した一奥(いちおく)が、白城(しらき)を追いかけようとしたその時だった。

「一奥(いちおく)さん!」

 ホームに立っている仟(かしら)の声に、一奥(いちおく)は足を止めた。何も言わない仟(かしら)の目線を一奥(いちおく)が追うと、バッターボックスに無造作に置かれたバットのグリップが、赤く染まっていた。

 
 白城(しらき)がわざと見逃したのは間違いない。だが彼が言ったように、手が痛かったのも野球部員ではないのも事実だった。

 唯一確かな事は、一奥(いちおく)のストレートを受け止めた仟(かしら)が、自分の限界を超えたという現実だった。


 一奥(いちおく)は、ホームの仟(かしら)の下へ歩き出した。

「ちぇっ。何かスッキリしねぇなぁ……」

「ウフフッ。私は、お二人に感謝してますよ?一奥(いちおく)さん、ありがとうございました」

「ん~」

 照れた一奥(いちおく)は、帽子を取って頭をポリポリとかきながら仟(かしら)から視線を逸らした。

「あ、そうだ!仟(かしら)、今から俺と勝負しようぜ!」

「え?今ですか?」


「今だからだよ。仟(かしら)がバッターで、俺が投げる。キャッチャーは遠矢(とうや)と交代だ」

「そう言われましても……。私は満足しましたから、気乗りしませんけど」

 首をかしげる仟(かしら)に、一奥(いちおく)は「へへっ」と笑った。

「なら仟(かしら)、過去の自分と戦えるって言ったらどうだ?」

「過去の……私?」