リミット1話 防御率7点台の全中優勝投手

スポンサーリンク

「受験番号34、斉藤一奥(さいとういちおく)。この子はダメね……」

 一塁ベンチからため息混じりの声を発した西島紀香(にしじまのりか)は、マウンドに立つ少年を冷めた目で見ていた。

 秋の心地よい風が黒く長い髪を遊ばせるが、気にならないほど彼女の心はここにない。

 それは、西島(せいとう)高校の来年度野球部候補生のセレクション中でありながら、ベンチに座る姿は教員スーツのままなのが物語っていた。

 何度聞いたのかわからない快音がグラウンドに響く。紀香(のりか)は腕を組んだまま静かに立ち上がると、下を向いたままため息をついた。


「君、もういいわよ。ピッチャー交代して」

「先生、ちょっと待ってくれよ。俺はまだ九人しか投げてないぜ?」


 マウンドでキョトンとした少年の態度に、紀香は再びため息をついた。


「あなたねぇ、何を言ってるの?九人も連続で打たれれば十分でしょ?見なきゃいけない選手はまだまだいるのよ。」


 投げやりに言った紀香(のりか)がベンチに座ると、時間が止まったかようにグラウンドが静かになった。

 西島(せいとう)高校理事長の娘で音楽教師でもある紀香(のりか)は、野球をルールしか知らない。そんな彼女の表情が冴えないのは、廃部が決まった野球部の監督を、来年度から穴埋めの形で理事長の父に押し付けられたからだった。


“三年間で終止符を打つ。OBの為にもできる限り健闘し、野球部最期を飾ってくれ。”


 何度父の言葉を思い出しても、なぜ自分が監督なのかわからなかった。引き受けたくはなかったが、教員である責任感だけで動いた事を後悔していた。


(三年間の我慢。やる気は起きないけど、できる限り健闘するにはそれなりに選手を選ぶ必要がある。古豪にふさわしい終わり方か……)


 ふとマウンドへ顔を上げると、腕のストレッチをしている少年の姿に、紀香は呆れ顔になった。


「君、まだマウンドにいたの……」

「なんだよ、その冷たい反応。俺は西島(せいとう)で野球がしたいんだよ! 先生、早く続きやろうぜ!」


 納得いかない少年の声に、紀香はつい苦笑いをしてしまった。


「そうよね。君みたいな生徒の方が、弱小の西島(せいとう)にはお似合いなのよね」

「だったら先生、合格にしてくれるのか?」


「それはダメよ。私は仕事でここにいるの。適当に選びはしないわ」

「ちぇっ。喜んで損したぜ」


 少年は、悔しそうに地面を蹴った。


「どうしますか?紀香先生。彼はマウンドを降りようとしませんが……」


 隣に立つ前監督で定年を迎える木村が話しかけると、紀香は「そうですね……」と呟いた。その時、木村が後ろ腰に持つセレクションファイルが目に入った。


「木村(きむら)監督、その資料をお借りしていいかしら?」

「ええ。」


 木村(きむら)監督からファイルを受けとると、紀香はパラパラとめくり始めた。


(斉藤(さいとう)……あった。左投げ左打ち、ポジションは投手。中学での最高成績は……)


 紀香(のりか)の目が一点で止まる。予想外の衝撃に、彼女の両手は震えていた。


「嘘でしょ!?全国優勝って……」


 信じられないといった紀香の声に、隣にいる木村(きむら)監督は微笑んでいた。


「びっくりしましたかな?紀香先生。彼がいれば、古豪復活も夢ではないかもしれませんな。」


 木村(きむら)監督は、マウンドの少年を真っ直ぐ見つめていた。紀香は目を踊らせていたが、我に返るとすぐにファイルを閉じた。


「冗談は止めてください。秋の大会で一回戦負けだった今のチームに、あの子が全員ヒットを打たれたのを見ましたよね?たいしたボールも投げないし、サッカー人気で中学生のレベルが下がった結果ですよ。」


 冷静に答えた紀香だったが、マウンドで楽しそうに投球練習をする少年の球を捕ったキャッチャーのミット音に、目を向けた。

 気になった紀香が見上げると、木村監督は右手を顎に当ててマウンドの少年を不思議そうに見ていた。


「おっしゃる通りかもしれませんが、それにしては変ですなぁ。彼が嘘を記入するはずはありませんし、それほどの成績を持った選手がセレクションに来るとは……」


 真面目に選手を見ていなかった紀香の顔が真剣になる。わずかに細めた目が、無意識にマウンドで躍動する少年をじっと見つめていた。


(確かに木村(きむら)監督の言う通りだわ。彼の成績は本物……だとすれば、一体なぜ?)


 胸を打つ衝動にかられた紀香(のりか)は、腰に手を当てて立ち上がった。


「斉藤一奥(さいとういちおく)!あなたに質問があります。他の高校のスカウトはどうしたの?」

「へ?そんなの来てないよ」


 キャッチャーからの返球を捕った少年は、不思議そうに紀香を見た。力の抜けた紀香は、苦笑いをしながら首を傾げてしまった。


「来てないって……そんなはずはないわ。だってあなた、全中の優勝投手でしょ?」

「そうだけど、スカウトとか言われても俺は知らないって」


 まるで他人事のように、一奥は笑顔でボールをクルッと上へ投げた。


「紀香先生」

「はい。何か?」


 考え込んでいた紀香が横を向くと、木村監督はプリントアウトされた一枚の紙を持っていた。


「どうやら彼のいた中学は、打撃のチームだったようです。そして彼は立ち上がりが特に悪く、序盤にほぼ失点していますな。どの試合も逆転を重ねて全国一になった!という事のようです」

「なるほど……納得しました。で、それはどうしたのですか?」


「生徒にインターネットで調べて頂きました」


 紀香が紙を覗くと、各イニングの経過が記された今年の全中大会の結果が書いてあった。

 物静かで照れ臭そうな木村監督をチラッと見た後、紀香はそっとベンチに座った。


(木村監督は、できる限り深く選手を知った上で戦術を立てる。その分析力は、十分過ぎるほど説得力がある事を、私はよく知ってる……)


「先生まだかよ。次のバッターが固まってるぜ?」

「少し待ちなさい……」


 紀香は下を向いたまま左の掌をマウンドへ向けた。ゆっくり手を戻して顎に当てると、閃いたように目を大きく開けた。


(そっか! 彼がまだ九人と言ったのはそういう意味ね。確か、立ち上がりに崩れるのは先発型の投手によくある傾向だったはず……それだけの事か……)


 紀香は「フフフッ」と笑うと、両腕を上げて伸びをした。


「一奥。続きを始めていいわよ。でも、次にヒットを打たれた時点でセレクションは終了。いいわね?」

「あぁ、いいぜ!」


 腕をグルグル回し、やる気満々でバッターを見る一奥とは対照的に、ベンチに座る紀香は気の抜けた顔をしていた。


(防御率は通算で7点台。でも一奥の打率は4割届かない程度。野手なら丁度いいわね)


「いくぜー!」


 叫びながら振りかぶった一奥の左腕が、右バッターのアウトコースへとボールを放つ。カキーンという快音が再びグラウンドに響いた。

 しかし、結果はセカンドライナーだった。


「よっしゃ!ナイスセカンド」


 一奥は一人目を打ち取ると、セカンドへ両手を上げて喜んだ。その姿を見ていた紀香は、相変わらずの表情だった。


(まぁ、一人くらい抑えるわよ。って言っても、あの当たりで抑えたとは言えないけど……)


 続く打者にも、一奥は快音を響かされた。しかし、まるで天が味方をしているかのように、打球は野手の正面へ飛んだ。

 結局一奥は、一周目に打たれた九人全員を抑える結果となった。


「よっしゃー!」


 マウンドでガッツポーズをする一奥を見ていたベンチの木村(きむら)監督は、「ホホホッ」と微笑んだ。


「紀香(のりか)先生、抑えましたなぁ」

「まぐれですよ。打球は一巡目と変わりませんから」


 紀香の表情は、冷めたままだった。


「ですが紀香先生、どうされますか?このままでは、彼はまたマウンドを降りないでしょうなぁ……」


 紀香(のりか)は、めんどくさそうな顔をした。


「一奥!これがあなたの全力という事でいいわよね?」

「当たり前だ!俺は野球で手を抜いた事はないんだよ!」


 一奥は噛みつくように言ったが、紀香は「そう……」と目を閉じた。


「木村監督。時間もないですし、このチームの四番は誰ですか?」

「二年の杉浦(すぎうら)ですな。」


 紀香は立ち上がると、三塁ベンチに向かって指を差した。


「杉浦(すぎうら)君、一打席だけお願い」

「わかりました」


 巨体の杉浦(すぎうら)が打席へ向かう準備をする。紀香は再びスッとベンチへ座わると、足を組んでマウンドを睨みつけた。


「一奥、これ以上は時間が許さない。チームの四番、杉浦君で最後よ。」

「最後?って事は、あの先輩を抑えれば合格って事でいいんだよな?」


「それは別の話。あなたのセレクションが終わりという意味よ!」

「ちぇっ。なんだよ、また先伸ばしかよ」


 一奥は不満な態度を取ったが、バッターボックスに立った杉浦の姿に微笑んでいた。


(こいつが西島の四番か……楽しくなってきたぜ!)

リミット2話 ラストチャンス