バティスタ選手は広島東洋カープと六年契約。育成から生涯一球団のスターになってほしい理由を考える。


六年契約は異例なの?
ドミニカカープアカデミーから育成を経て、今月一軍デビューからいきなり二打席連続ホームランを打ったバティスタ選手。ただでさえ強い現在の広島カープに、また新たな攻撃力が備わった。

その契約内容が六年という長期だったのが話題になった。

僕は、今のカープは円満球団だと思う。グッズの売上も約200億あるし、昔のイメージとは全然違う。

そこで発表されたバティスタ選手の六年契約。これは長いように感じるけど、生え抜き選手を大事にする広島東洋カープの戦略だと思いますね。

ファンの声を見ると、エルドレッド選手の後釜になって欲しい!という声がある。

アメリカでイチロー選手が愛されているように、国籍とか関係ない愛され方は、本当に素晴らしいと思う。

もちろんバティスタ選手だって、日本で成功してメジャーへ行きたいと思うけど、広島という球団だからこその六年契約なのでしょうね。

助っ人外国人と言われると、最初は好成績を残すイメージがあります。まだ弱点がわからないから、抑えにくいって理由もあると思うけど。

カープアカデミーと言えば、ニューヨークヤンキースで活躍したアルフォンソ・ソリアーノ選手。

広島カープ時代の二本のヒットとメジャーでのヒット数を合わせて2000本安打を達成して、名球会入りはどうなるの?なんて話題になりましたね!

結局日本での数字が数字なので名球会入りはしませんでしたが、そんなカープアカデミーから久々に大物感漂う選手がバティスタ!

僕もね、育成から活躍する選手って好きなんですよ。アニメの主人公で言えば、俺よえぇからのスタートだもん。

やっぱり応援したくなります。

まだまだスタートを切ったばかりだけど、期待感があるだけでもファンの心は違うよね?

人気球団って、この選手のプレーが見たい!って気持ちのファンが支えてるから、一人でも多く心揺さぶる選手が欲しいと思う。

それが球団愛の強いカープから、外国人なのに六年契約してガンガン活躍しちゃうぞ!なんて選手が出てきたら、カープファンじゃなくても応援したくなりますわ。

これからのプロ野球に大きな影響を与える可能性があるからね。

バティスタ選手が活躍して長年カープを支える存在になったら、広島ファンだけでなくプロ野球ファンはずっと語り継ぐと思う。

これまで助っ人外国人として日本で活躍した人気選手とは違い、生え抜き外国人選手が成功すれば、日本のプロ野球人気の源に触れる事にもなるんだよね。

正に歴史が変わるんですよ。

選手たちがメジャーに行きたい理由に、大型契約があると思います。よりお金を出してくれる球団に行ってしまうんですよね。

それをアメリカ人も嫌ってると思うけど、日本人は特に嫌ってるというか、日本のプロ野球人気って生え抜きが支えてると思う。

これは理想論になってしまうと思うけど、ファンあってのプロ野球だから、あまり移籍はしないで欲しい所。

移籍させないようにするには、やっぱりお金が必要になるんですけどね。

だからバティスタ選手は、今のカープにとって生え抜き外国人の生涯一チーム選手になる可能性がある。

ファンに愛される条件として、これ以上のものはないからね。

バティスタ選手が活躍すれば、広島カープの時代がまだまだ加速すると思う。

これは凄い事ですよ。広島カープが優秀としか言えない。

そんな夢を見せてくれるかもしれないバティスタ選手の今後に、僕も注目したいと思います。

新たな生え抜きの魅力を見せてくれ!

バティスタの守備

華麗なデビューを飾ったが、この所バッティングでも守備でも精細を欠いている。

あまりにデビューが衝撃的だっただけに、そのイメージの反動は大きい。

一部のカープファンからは、バティスタの守備力に不安があるとの声があった。それが露呈したのか、最近ボールを見失うタイムリーエラーを生んでしまった。

緒方監督はこれからとコメントしていたが、それはあくまでバッティングあってのものだと思う。

外国人選手が最初に打ちまくるのはよくあるので、弱点がバレれば選手は苦しむ。

まだまだこれからだから、僕はあの強烈なスイングと打った瞬間にわかるホームランを忘れない。本当に度肝を抜かれたからだ。

低めは強そうだったんだけどなぁ。

とにかく守備は最低限できるようになる必要はありますね。今シーズンは伸びないにしても、来シーズンは上手くなった姿を見せて欲しい。

とはいえまだシーズンは折り返し地点。メジャー級の助っ人でも、あのスイングは負けてないと思う。

今は一つの壁でしょう。

早く一軍の球に慣れて、ナイトゲームにも慣れる必要があると思う。これからも応援してるぜ!バティ


じゃ、この番組は生え抜き大好きふう船の提供でお送りしました。

ガンバレ!パーン!