【なんだって!】左利きに天才が多いって話は本当なのか?

左利きは器用だとは言われるけど、その理由は世の中の道具が右利き用で溢れてるからだと思っていました。


まさか天才が多いとは……


左利きが天才と言われる秘密は、脳にあるようです。体の左部分は右脳の影響を受けているので、右脳を刺激する左をよく使うから?なのかな。

左脳は記憶、右脳は閃きみたいに言われるから、左をよく使う左利きは天才が多いとなるのでしょうね。


では、そんな左利きの僕はなにかの天才なのか?


そう聞かれると、これまでの人生で感じたことはありません。もちろん言われたこともない。変人とは言われるけど……誉め言葉だよね?


左利きが天才というか、右利きの人も練習すればある程度左手が使えるようになると思う。左利きは、生きてると右手の道具を使うことになるから自然に上手くなるのでしょう。


例えばギターですが、左利き用を使う日本人って誰?ってほど見たことがない。アニメけいおんで、ベースの秋山 澪(あきやまみお)は左利きのベースを弾いてましたけど、僕は右利き用のアコギです。


これね、プロを目指すなら左利き用がいいと思うけど、日常生活の中なら右利き用が使える方がいいと思う。


だってさ、キャンプとか行ってお前も弾けよ!とか突然言われても、そのギターが左利き用な訳がないから。


これはダメです。モテません!


……まぁモテるかどうかは置いといて、そっちの方が対応しやすい世の中なんですね。

で、前回と同じ話になるけどハサミね。これの方が日常生活ではありえること。


家族で共有するハサミを、たった一人の左利きの為に専用のハサミを買う?買わないよね?


それと、誰かにハサミを借りて、それが左利き用な訳がない。絶対に右利き用のハサミ!これじゃ借りられないよね。

そこで全国の左利きに聞きたいんだけど、右利き用のハサミを右手で使ってる人って多いの?


僕は少ないと思ってるんですけど、左利きは器用な面も少なからずあるので、右手でハサミを使っていれば左手では切れないはず。


僕は右利き用のハサミを左手で使ってるんだけど、まぁ普通に切れます。


今まで生きてきて、ハサミに左利き用があるとは思ってなかったし、そもそも今更必要ないしね。


ギターもそうなんですよ。左利き用のギターの教則本ってあります?全然知らないけど、日本で出しても売れないと思う。


それに、右利き用で図面解説されてるから、右利きでもギターを挫折するのに左利きの初心者が左用ギターを買って上手くなる想像ができない。


音楽の話になったのでピアノを考えてみて下さい。ピアノに左利き用ってある?そもそも必要か?音階を左へ行く程上げる必要なくね?


ギターは持ち運びしやすいけど、ピアニストが外で誰かのピアノを弾く場合、左利き用があったらハンデにしかならないよね。


すみません、私左利き用のピアノじゃないと……


これは辛い!!だから左利き用のピアノは必要ないと思いますね。ギターは見た目が大きく違うから、プロを目指すならメリットになると思う。


でも、日本で左利きギターやベースを習得するのは大変かも。


そんな感じで、左利きが天才?と言われてもピンと来ない。実際個人差の問題だと思いますけどね。右利きの天才の方が多いに決まってるし。


でも左利きに天才が多いと言われてピンとくるのは、生まれつきの左利きだからだとは思います。


実際、ヤクルトスワローズのヨシノリ投手は左利き。ですがご存じの方も多いと思いますけど、彼は右投手で160キロにせまるボールを投げていた豪腕。


もしヨシノリ投手が左で投げていたら、何キロ出ていたのだろう……


そのように思ってしまいますが、おそらく変わらないと思います。右を超えることはないでしょう。


なぜなら、ヨシノリ投手が左利きなのに右で練習したのには理由があるからです。


僕なりの理由ですよ?


それはね、僕も右の方が力があるんですよ。なぜかはわかりません。左利きで左手ばかり使うのに、右腕の方が力があるんですよ。


だからといって、左利きの人がスポーツをやるなら右に直せとは思いません。スポーツは、左利きってだけでも有利な面がありますのでね。


そんな僕が唯一右に直したのは、鉛筆です。母親の姉が左利きなのですが、姉が文字を直した経験から、僕の書き方も直したそうです。


文字は左から右へ書くことが多いですよね?国語は縦に書きますが、世界的に見ても縦書きは珍しい文字です。

日本語って縦でも横でも書けるんですよね。英語が縦だと読みにくいな……


それで、漢字を含めて文字は左から右へ書くので、左手で書くとペンを押す回数が多いんです。文字は手を引いた方が書きやすいんですよね。


なので、何利きでも練習しないと出来ないんですよ。僕は左利きだけど、左で文字は書けませんから。


書けないは言い過ぎかな?下手です!後は遅い。


ということで、右利きの人でも練習すれば左利きのように左手を使えます。

なら、可能性という意味で右利きの人が左を多く使えばなにかの天才になるのか?と言われると、これは違うと思う。


生まれつきの左利きに天才が多いと言った答えがこれです。確かに右利きの人が意識して左を使えるように練習すれば使えますけど、それとこれとは違うんですよ。


僕の経験では、発想がおかしい人が多い気がします。


誤解を招かない為に補足しますけど、変わった視点の持ち主という意味です。簡単に言うと、閃きですね。


でも右利き同士で個人差があるように、左利き同士でも個人差があります。僕は下の方の左利きですから。(小説ブログ書いてますけど、全然普通でしょ?)


ただ思うのは、基本的に人と違いすぎることが好きです。でも、それだと社会でやっていけないので、周りに合わせてます。


例えばですけど、これおかしいなぁって思うことを友達に話しても、理解されないこととかありますね……多々ありますよ……


それで、え?って思うと孤立しちゃうんです。そう思うと、社会に適応しにくい左利きの人って多いんじゃないかなぁ……

つい思ってしまうんですよ。閃きと似た感覚なのでしょうけど……


小さな親切は、大きなお世話だと痛感しております……


そんな鋭い閃きを社会で発揮した左利きの人が、アインシュタインや松本人志みたいな方なんでしょうね。


僕はくだらないことばかり閃くので……


ようするに、確かに左利きは天才と呼ばれる人が多いかもしれませんが、個人差や生かしきれない人がほとんどでしょう。

なので、右利きの方が無理して左利きのように練習するのもオススメしません。

右利きは右利きを生かした人生でいいと思いますし、右利きの天才だってたくさんいますからね。

それに、いくら左利きに生まれたからといっても、努力しないと技術は向上しないんです。(僕がギターが下手くそなのは、右利き用だからにしよう……)


僕は左利きだけど凡人なので、何利きとかは気にせず、自分が上手くなりたいことを頑張りたいと思います。


最後に、使えない発想をするのだけは得意です。意味ねぇ……

ではまた~パーン……