ドラクエ11の人気の秘密。オフラインがオンラインを変える可能性を考えてみた。


スポンサーリンク

前回、ドラクエ11の素晴らしさについて語ったけど、単にオヤジ世代を狙ったものではないと感じた。

ネットゲームの発達で、どこぞの誰かと同時プレイできるという斬新さがここまでの進化。

通称ソーシャルゲームに陰りが出てきたのが二・三年前。当時の斬新さは、すでに失われつつある。

そんな中、オンラインだったドラクエが、11でオフラインになった。


今のユーザーが求めているものはなんなのか?


それは、オンラインで学んだゲームの終わりかたの違いだと思います。

オンラインゲームが終わるのは、プレイヤーがマイナス思考になった時です。

一部課金からスタートするゲームもあるけど、オンラインゲームの基本は無料。課金は任意ですよね?

ですが、課金をすれば回復の時間短縮や最強を手にすることができます。

これは時間のない人にとっては嬉しいシステム。意味は違うけど、時は金なりです。

買えない時間を、オンラインゲームでは買えるんですよね。

ですが、そのゲームにクリアーはありません。延々とアップデートが繰り返され、続ける人はコレクターの気分になるでしょう。

ここですでに、ゲーム本来のもつ楽しみが変わっているのです。

長く続ける方はコレクター気質なので、レアなアイテムや強すぎるボスに興奮するでしょう。

ですが、そんな満足感は一瞬です。

もしその一瞬を逃してしまったら、モチベーションはガクッと下がります。

その時が、その方のオンラインゲームの終わりを告げます。

これが、クリアーではなく絶望で終わるオンラインゲームの欠点。突然音信不通になるプレイヤーなどは当たり前。

ですが、オンラインゲームがなければオフラインゲームの良さには気づけなかったでしょう。

これは、これからのゲームにとってものすごく貴重な体験だったと思いますね。

僕もそうですが、オンラインゲームの不満を漠然と持っていました。

それをハッキリとした形で示してくれたのが、今回のドラクエ11です。

オフラインのドラクエ11が与えた影響と、今後のオンラインについて

斬新だったオンラインブームが一段落し、これからまたオンラインゲームが見直されると思います。

ユーザーは、時間をかけなくても強くなってしまうオンラインゲームの課金に飽きています。

結局、楽に手にするものに価値を感じなくなってしまったのでしょう。

では、課金しても強くなるのに時間がかかるオンラインゲームはどうでしょう?

これもダメですね。今度はかなりのユーザー縛りになり、プレイヤーが限られるので流行りません。

プレイヤーにとってオンラインの一番のメリットは、知らない人との協力プレイだと思う。

ジャンルが違えは見方も変わりますが、ネット将棋やネット麻雀はオンラインが断然いいです。

格闘ゲームもそうですね。

これらのジャンルとオフラインの共通点は、一応区切りのクリアーがあること。

ユーザーは、満足して別のゲームへと移行できます。もちろん復帰後も、ゲーム内での強さは自分の成長としてリアルに記録してますので、何も問題はありません。

ここで考えるべきは、レベルという概念に意味が無くなってしまったオンラインゲームたちです。

全く意味がないわけではありませんが、ほぼ意味がありません。

これは、新規プレイヤーを逃がさない為だと思いますが、そこに重点を置いてしまった結果がゲーム自体をつまらなくしてしまった。

しかしこのシステムでなければ、初期プレイヤーたちは相手にされません。

協力プレイが売りのオンラインゲームで、協力できないのは致命的。

なので、改善のしようがない状況でしょう。そしてゲームを辞める時は、諦めという絶望感です。

ゲーム本来の楽しみである達成感やクリアーで、終われないオンラインゲームが多すぎるのですよ。

オンラインゲームの登場で、オフラインゲームが売れない時期もありました。

ですが、このタイミングでオンラインゲームは変われるチャンスを迎えたと思っています。

オフラインのドラクエ11と、ソードアートオンライン

ソードアートオンラインは、いくつものオンライン世界をまたぎます。

例えばこれを、ドラクエ11でやるとどうなるか?

プレイヤーは、ゲームをする時間が共通ではありません。パーティを組んでいたとしても、一人がレベル上げをしていれば差が生まれるでしょう。

ですが、それで構わないのです。

楽してクリアーしたい人もいますし、それで壊れるパーティなら抜けていいでしょう。

ですが、パーティが四人じゃないと進めない設定だとします。

抜けて他へ行ってしまったプレイヤーは、同レベルのパーティに入れるでしょう。そこで、次のダンジョンをクリアーすればいいです。

抜けられて三人になったパーティは、後続組を待ちます。当然弱いのですが、協力してあげることですぐに強くなれます。
 
プレイ時間の短い人は嬉しいですし、これで後続組が不利になることはありません。

そして、そのパーティでダンジョン攻略へ向かえばいいのです。

すると、今度はそのダンジョンをクリアーした後、後続組として入れたプレイヤーはパーティを外されるかもしれません。

しかし、同じ事が起こります。

次のステージでは、同じように外されたプレイヤーがいるのです。少しさぼっていたり、現パーティとのプレイ時間が合わなかったのでしょう。

そこへ、先程の後続組のプレイヤーがきます。これでパーティは二人。レベルは同じステージなので、似たようなものです。

適当な相手が見つからないなら、レベル上げでもしていましょう。そのうち後続組のパーティが現れ、そのパーティより強い二人は誘われるでしょう。

そして、次のダンジョンへ挑めます。

このようにパーティが変わりますが、理想は初期プレイヤー同士でクリアーまで行きたいですよね。

でも、それが叶わなくてもゲームクリアーは目指せます。そして、仲良くなったプレイヤーと別のゲームへ行くこともできます。

オフラインでは一人でクリアーしますが、この例えではオンラインなので、四人同時にクリアーできます。

チャットなどで盛り上っちゃって下さい。四倍の喜びと感謝に包まれるでしょう。

これで、やってよかったと満足感を得られるRPGゲームが完成します。

課金は初期段階のみでいいでしょう。オフラインと同じです。

最後に

オフラインゲームがオンラインブームを呼び、再びオフラインが見直されることでオンラインゲームが変われます。

ユーザーにクリアーという満足感や達成感を与えて、ゲームにピリオドを打たせて下さい。

それが名作となって語り継がれ、今日のドラクエ11現象を引き起こしたと考えています。

この先、エンドレスなオンラインゲームは変わらなければなりません。

その答えが、クリアーして終わる事だと僕は思っています。

ではでは、今後のオンラインゲームに期待しましょう!