dアニメストアは月額見放題。PCでの視聴や料金の支払い方法など詳しく紹介!

スポンサーリンク


アニメが見放題で楽しめるdアニメストア。月額400円の有料コンテンツですが、どれくらいお得なサイトなのでしょうか?

キャリアフリーで2000作品以上の視聴が24時間可能なdアニメストアを実際に利用してみて、人気の秘密は値段と月額料金の差とわかりました。

今までレンタルショップの貸し出しのみでしたが、dアニメストアは本当に便利なサービスだと思います。

2000作品のアニメが見れるサイトは他にもありますが、見放題なのはdアニメストアだけですからね。

dアニメストアとは?

ドコモのサービスであるdアニメストアは、アニメを購入するダウンロードサービスではなく、月額料金で動画をストリーミングするアニメ見放題のサイトです。

イメージは、見たいYouTube動画などにアクセスして再生するのと同じですね。
視聴できるアニメの数も年々増えていますので、これからまだまだ会員数も増えると思います。

特に週末はシステムビジーが起きていて、アクセスできないほどの人気にはビックリしましたね。

ところで、dアニメストアと言えばドコモのスマホサービスというイメージではないでしょうか?

僕はそう思っていたのですが、dアニメストアは三年前からキャリアフリーになりました。これは勇気のいる決断だったと思います。

実際、似たようなサービスであるSoftBankのアニメ放題は、ソフトバンクユーザーのみ利用可能です。

dアニメストアがドコモユーザー以外でも利用できるとなれば、キャリアにこだわる必要がなくなりますよね?

しかし、ドコモユーザーが減る可能性のあるキャリアフリーの裏には、きちんと理由があったのですね。

それは、月額料金とアニメ見放題作品数が業界ナンバーワンという事です。

dアニメストアの月額料金は400円(税抜)。これはソフトバンクのアニメ放題と同じ値段ですが、見放題数が700作品ほど違います。

アニメ見放題サービスの作品数が2000を越えるのは、dアニメストアだけです。そして、月額料金が400円なのもダントツの安さ。

ドコモユーザーのみのサービスからキャリアフリーになれば、利用しやすくなる人が増えます。
このメリットがドコモユーザーを減らすデメリットにならなかったのは、サービスが充実しすぎていたのが理由ですね。

年々ユーザー数は増え続けているので、ドコモのdアニメストアはキャリアフリーで成功したと思います。

dアカウントへ登録

dアニメストアを利用する前に、dアカウントの取得が必要でした。ちなみにdアカウントの作成は無料です。
キャリアがドコモならスマホからメニューでアクセス出来ますが、僕はauユーザーなのでアクセス先を探しました。

ドコモユーザー以外の方は、こちらからどうぞ。

dアニメストアに登録してみると、ログインに必要なdアカウントのIDはメールアドレスになりました。
キャリアメールでの登録も考えましたが、dアニメストアはフリーのメールアドレスでも大丈夫なのです。

キャリア変更で使えなくなるメールアドレスで登録するよりも、変える必要のないメールアドレスを利用した方がいいですね。
僕が利用したのはGoogleのGメールですが、どのメールアドレスでもdアカウントは取れます。
ですが、そこまで神経質にならなくても大丈夫でした。

一度登録したIDを変更できないサービスは多いですが、dアカウントは後からでもIDを変えられましたのでね。

変更の仕方は、こちらをご覧下さい。

僕はauユーザーなのですが、いつまでキャリアメールを使うかはわかりません。格安SIMも流行っていますしね。

dアニメストアから送られてくる最新情報を受け取るには、ずっと使えるメールアドレスの方が便利ですね。

キャリアフリーだからドコモのキャリアメール以外でもdアカウントが取れるようになったと思いますが、利用する側からすると助かります。

Yahoo!IDをよく使う方なら、Yahoo!メールの方がIDを忘れないと思いますね。

パスワードは任意で決めますが、dアカウントと同じものを使いますので忘れないようにメモしておきましょう。

月額料金の支払い方法

ドコモユーザーなら、dアニメストアの支払いはドコモまとめ払いとクレジットカード払いの二つから選択できます。

auユーザーやソフトバンクユーザーなど、ドコモユーザー以外の支払い方法は、クレジットカード払いのみになります。銀行引き落としはありません。

現在dアニメストアを始め、多くのネットサービスはクレジットカード払いです。これから色んなサイトを利用しようと考えると、クレジットカードがないのは不便なのですよね。

一枚あれば問題ないので、クレジットカードを作るなら入会金・年間費無料の楽天カードがオススメです。楽天カードで貯まったポイントは、楽天市場で買い物ができますからね。

僕は楽天カードを作って10年ほどになりますが、当時は入会ポイントプレゼントはなかったんですよ…。
今は5000ポイントももらえる(キャンペーンにもよります)ので、入会はかなりお得です。

僕はポイントが貯まる楽天カードでdアニメストアの料金を払ってますが、詳しい記事はこちらをご覧下さい。

支払い銀行は楽天銀行がオススメです。(僕の契約時はイーバンク銀行でした)
クレジットカードの支払いを楽天銀行にすれば、口座開設時にポイントが貰えます。

今ならダブルでお得なので、作っておいて損はないと思います。(当時はイーバンク銀行の開設時も楽天ポイントはなかった…)

僕は楽天カードで貯まっていたポイントを使って、dアニメストアをテレビで視聴する為にChromecast 2を購入しました。

ダウンロードと視聴機種

Chromecast 2を買ったと書きましたが、テレビ視聴を始め、dアニメストアを視聴できるデバイスを紹介しておきます。

視聴方法はストリーミングとダウンロードの二つがあります。実際にdアニメストアを利用していると、ダウンロード機能はほとんど使わないと思います。ですが、使い分けるとお得に楽しめますので、こちらの記事を紹介しておきます。

dアニメストアのダウンロード機能を使った視聴方法は、パケットを抑えるなど様々な利点があります。

ダウンロードは、やり方次第で非常に使える機能になりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

一つ気をつけたい事は、ダウンロードはスマートフォン、タブレットでしか再生できません。そして、スマホとタブレットでdアニメストアに対応している機種のスペックは以下になります。

  • Android OS 4.1~

  • iOS OS 8.0~
  • 僕は三年前のスマホですが、相当前のスマホでなければ対応してると思います。

    PCでの再生デバイスは、以下になります。視聴方法はアプリではなく、ブラウザになります。

    HTML5プレーヤー

  • Microsoft Windows 7 SP1

  • Windows8.1

  • Windows10

  • Mac OS X 10.9以上
  • dアニメストアをテレビで見るなら、専用のデバイスが必要になります。もしテレビで見ようと考えているなら、購入に自宅のテレビを確認して下さい。

    HDMI端子対応テレビが必須になります。

  • Fire TV Fire OS 5.2以上

  • Android TV Android OS 5.1以上
  • アマゾンFire TVは、テレビへのストリーミングの他にもゲームができてしまうデバイスです。Android TVは、外付けどころか内蔵テレビが発売されています。

    狙いは、dアニメストアなどのアプリサービスがps4に対応していない所からわかりますね。

    次は、スマホでの再生をテレビに映す為のデバイスになります。

  • Chromecast2

  • Air Play

  • dTVターミナル

  • Fire TV Stick
  • こちらはFire TVやAndroid TVとは違い、スマホやPCからテレビへのミラーリング専用になります。

    気をつけて欲しいのは、Wi-Fi環境がないと利用できないという事です。

    とりあえずゲームはいいからテレビでdアニメストアを楽しみたい!
    そんな方にオススメします。ゲームは出来ませんが、その分デバイスの値段は安いです。

    色々と視聴方法はありますが、この中で僕はauスマホとChromecast 2を使っています。
    Chromecast 2でテレビにスマホ画面をミラーリングすれば、大画面でdアニメストアをHD画質で楽しむ事ができます。

    ミラーリングに関しては、こちらをどうぞ。

    ps4でdアニメストアは見れないのか?と思う方がいると思いますが、こちらは非対応なので気をつけて下さい。

    Wi-Fi環境

    テレビへのミラーリングもそうですが、dアニメストアの再生は通信量がかなりの負担になります。
    なので、インターネット無制限は必須でした。

    スマホが速度制限にならない為に、僕はポケットWi-Fiの無制限プランを使っています。
    ホームWi-Fiは設置に多少の時間がかかりますが、ポケットWi-Fiならすぐにインターネットが無制限で使えます。

    再生機能のメリットとデメリット

    dアニメストア利用してみて、便利に思った事と不便に思ったことがいくつかあります。

    ネットの動画視聴に慣れている方なら気にならないかもしれませんが、DVDの再生プレーヤーばかりだった僕は、使い方に少し戸惑いました。

    自動早送りができない

    基本的に、YouTubeの再生機能にプラスアルファがあると思って頂ければわかりやすいかと思います。例えばオープニング曲などを早送りして飛ばしたい場合、YouTubeと同じく再生バーをスライドさせます。

    家庭用プレーヤーのように早送りボタンを押して、再生したい場所で止められたら便利なのですが、そこまではできません。

    その代わり、30秒の早送りボタンがあります。ですが、これがまた中途半端。
    僕は主にオープニング曲を飛ばしたいのですが、再生時間は約一分半なんですよね。

    なので、30秒ではなく一分半飛ばしボタンがあれば便利だなと思っています。
    その理由として、10秒巻き戻しボタンがあるからです。

    現状、このボタンはほぼ使いませんが、もし一分半早送りボタンがあれば、飛ばしすぎた場合に使えますからね。
    さすがに30秒早送りボタンを連打してませんので、再生時間バーをスライドさせて、一分半飛ばしています。

    失敗した場合、10秒巻き戻しボタンは使えます。

    ここまではスマホアプリの話ですが、PCは早送りも巻き戻しも10秒と30秒の飛ばしボタンがあります。

    連続再生機能

    一度アニメを再生すれば、なにもしなくても連続で次の話へ繋げてくれます。
    このボタンは、スマホとPC両方にあります。連続再生しないようにするには、このボタンを押すだけです。

    繰り返し再生

    スマホアプリにはない機能ですが、PC視聴には繰り返し再生ボタンがあります。
    特に使う事がないと思いますので、利用の多いスマホアプリにはないのかなと思っています。

    再生速度の調整

    倍速再生機能は、時間のない方には非常に便利な機能ですよね。

    残念ながらスマホアプリでは出来ないのですが、PC視聴では倍速再生ができます。

    その再生速度は、
    0.5
    0.75
    通常
    1.25
    1.5
    2.0

    以上となりますが、2.0倍速は台詞を聞き逃す可能性があります。オススメは1.5倍速までですね。

    1話飛ばし機能

    スマホアプリは1話飛ばしと1話戻しボタンがありますが、PCは1話戻しボタンがありません。

    これは僕の考えなのですが、PCの繰り返し再生よりも1話戻しの方が利用度が高いからだと思っています。
    僕はブログを書きながらアニメをつけっぱなしにしているので、よく1話戻しボタンを使います。あれ?ちょっと待って!全然見てなかった…なんてしょっちゅうですので。

    説明不足でしたが、1話戻しなのでその話の頭からの再生になります。
    ですが、スマホの場合は二回押すと1話戻せます。あれ?もう2話終わったの?ちょっと待って!なんて事もしょっちゅうなので。

    画質と音質

    スマホアプリは、

    ふつう
    きれい
    すごくきれい
    HD

    以上の4つから選べますが、PCはこれら4つに加えて自動という画質が選べます。

    PCから再生すると自動が選ばれるので、画質を変えたい場合は再生後になります。ですが、自動の画質はすごくきれいとHDの中間くらいに感じますので、余程こだわりのある方以外は自動の画質で十分だと思います。

    音質は128Kbpsと192Kbps

    スマホアプリは音質を選べませんが、PCは128Kbpsと192Kbpsの音質が選べます。
    これも余程こだわりのある方以外、気にする事はないと思います。僕には違いがわからないほどでしたので。

    再生開始までの時間

    動画の読み込み速度ですが、現状一番速いと思われるホームWi-Fiでの光通信でもPCは遅いと感じました。

    同じネット環境なら、スマホアプリの方が圧倒的に速いと思います。

    再生機能の感想

    スマホとPCで再生機能が違いますが、僕がスマホアプリで欲しいのは、一分半飛ばしボタンとPC機能の倍速再生ですね。

    PCでの1話戻しはありませんが、僕みたいに使う人は少ないと思いますし、必要ありません。
    再生バーをクリックして戻せば頭から再生できますので、全体的な機能は倍速再生できるPCの方が便利かなと思います。

    後、PCでdアニメストアが見れない理由の一つに、ポップアップウインドウの設定があります。

    PCでdアニメストアを視聴する場合、ポップアップしてブラウザ再生しますので、ブロックしている方はPCの設定をポップアップ許可にして下さいね。

    それにしてもPCの視聴は読み込みが重すぎる。僕だけならいいんだけど…。

    視聴履歴とお気に入り

    dアニメストアは自動で視聴履歴を記録してくれます。

    例えば最新アニメの場合、1話1話の追加までに時間差がありますが、マイページの画面は以下のようになります。

    f:id:huletter:20170520142917p:plain

    見れば視聴済みのマークがつきますので、新たに追加されてもすぐにわかります。

    f:id:huletter:20170520142948j:plain

    また、完結しているアニメを全て見終わると、視聴済みとコンプリートのマークがつきます。

    f:id:huletter:20170520143005j:plain

    そして、完結しているアニメで視聴途中の作品だと、マークは何もありません。

    f:id:huletter:20170520143026j:plain

    これらのチェックを自動で行いますので、とても助かりますね。履歴の他にお気に入り機能がありますが、僕は履歴だけでも十分便利だと思います。

    他には、ハートマークの気になるボタンや、鳥マークのツイッターボタンがあります。
    ツイッターは連携、気になるボタンはそのアニメの人気を表しているので、宣伝の意味があると思います。

    特に必要がなければ、使わない機能です。
    でも気になるボタンの数は表示されるので、どのアニメを見ようか迷った時の指標になると思います。

    見たい作品の探し方

    2000作品以上ありますので、視聴の多くは最新ランキングと視聴ランキングになると思います。

    ですが、僕がよくやるミスで、アニメの二期から見てしまう可能性があります。

    このブログで書いてますが、例えば、

    ご注文はうさぎですか?
    ご注文はうさぎですか??

    これ、一期と二期なんですよね…。

    そうならない為に、見たい作品の探し方を紹介します。

    検索とランキング

    検索は、作品名・曲名・声優・歌手・キャラ名からワード入力で探せます。ランキングは、視聴ランキングから見たい作品をクリックして選びます。

    五十音順とジャンル

    五十音順は、作品の頭文字が対象です。そして、ジャンルは以下になります。

    SF/ファンタジー
    ロボット/メカ
    アクション/バトル
    コメディ/ギャグ
    恋愛/ラブコメ
    日常/ほのぼの
    スポーツ/競技
    ホラー/サスペンス/推理
    歴史/戦記
    戦争/ミリタリー
    ドラマ/青春
    ショート
    2.5次元舞台
    ライブ/ラジオ/etc.

    声優50音順
    アニソン
    レンタル一覧
    無料作品
    新着
    ランキング
    特集一覧
    TV放送時期

    それぞれ先へ進めば、一覧が出てきます。

    シリーズを選ぶ

    見たい作品を選ぶと、

    f:id:huletter:20170528173528p:plain

    このような画面になります。ここから下へスクロールすると、

    f:id:huletter:20170528173514p:plain

    その他の所にシリーズがありますよね?ここを押すと、

    f:id:huletter:20170528173523p:plain

    このような画面になります。危なかったですね。無事、はてな一つの作品を見つけました!

    他にもですね、どれが一期なのかわからないものもあるんですよ。特に気をつけたいのは最新ランキングから選んだ場合ですが、例えば進撃の巨人season2。season2ですからね!これは大丈夫でしょう。

    次はこれ。

    f:id:huletter:20170528173637p:plain

    NARUTOです。これでは視聴順がさっぱりわかりません。ですが、

    f:id:huletter:20170528173502p:plain

    NARUTOは親切でした。ちゃんと第何話と書いてあります!素晴らしい!!

    ではこちら、

    f:id:huletter:20170528173630p:plain

    けいおんですが、これは一体何期なんでしょうか??

    f:id:huletter:20170528173509p:plain

    ダメですねぇ。両方とも1話になっております。(わかる人はわかるんだけどね。例えなので許してね。人数増えてるじゃん!とか無しね。)

    正解はこちら。

    f:id:huletter:20170528173625p:plain

    どうですか?これならわかりますよね?画像では再生順となっていますが、ビックリマークが増えてますよね?(だから人数は置いといて…)

    これで視聴順を間違える事はないのですが、再生順の所をクリックすると、製作年度順が選べます。
    順番は年度の新しい順になるはずなのですが、これが正確に出て来ないのですよ。

    リリース順はダメです。おそらくですが、dアニメストアへのリリース順だと思いますので間違えます。

    僕は先を知りたくない派なので、気になる方は再生する前にシリーズを確認してみて下さいね。

    解約方法

    dアニメストアのトップページ下部にある解約から簡単に手続きできます。なかなか退会させないような仕組みのサイトはありますけど、その心配はないです。

    今なら31日間無料体験キャンペーン中

    月額400円でアニメが2000作品以上も見放題だけでもお得なのですが、今は31日間も無料キャンペーン中です。

    auのアニメパスが終了するなど、アニメ見放題サービスは、今が競争の真っ只中と言えるからでしょうね。

    以前は一週間無料体験でしたが、さらなるユーザー獲得の為に、31日間もキャンペーンを行っていると思います。

    dアニメストアを数時間も利用すれば、レンタルDVDを数枚借りたのと同じ値段なのが最大の強みでしょう。

    実際に利用してみて、僕は満足しています。アニメ見放題なら、dアニメストアがオススメです。

    こちらから体験できます。

    これは重宝しますね!