BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONSが面白くない?やはり難しい二世代アニメ。


大人気のNARUTOが終わり、息子の話であるBORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONSを視聴しました。まぁ、僕はナルト終了で週刊少年ジャンプを卒業してしまったのだけど。

ハンターハンターやワールドトリガーも最速で読んでいたけど、何よりナルトが楽しみだったので止めてしまった。

そんなある日、息子のボルトが活躍する二世漫画が始まってる事に気づいた。

気にはなったんだけどね。それでも読むまでには至らなかった。

そして今期の新アニメとして、BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONSが放送されてる。

でもね、なぜか見る気にはならなかったのよ。今は感想を書いてるから見てるんだけど、普通に面白い作品かなと思ってます。

っていうか、そもそもハードルが高いんだよね。

普通に面白いと言ったのは、他の作品に比べてという意味。ナルトと比べれば、つまらないになってしまう。

どうしても比べるでしょ?比べてしまうでしょ?

だってばよ!って言わない七代目火影のナルトに違和感あるでしょ?


だけど、キャラ設定はすごくよく出来てる。いつから考えてたの?って聞きたくなるくらいピッタリだよね。

そんなナルトファンにはピッタリの名前をもらったボルトですが、特に忍者を必要としない世界観で暮らしてます。

里には現代社会とそんなに変わらない物が登場してしまっている。


時間的にはそんなに進んでないと思うんだけど、ナルトのいい世界観が消えちゃってるのが少し残念。

ここまで近代化しなくて良かったんじゃないのかなぁ…って思うけど、これは必要な設定なのか否かは、これからの展開次第だと思うけど。


多分、やっちゃった感がある気がするけどね。もしくは、しょうがないじゃん感かな。

このバランスは難しいと思うけど、ナルトでは忍者だからこそできる便利さみたいなものがあった。

それに魅力を感じたよね?ボルトの世界では、郵便局があるから鷹とかいらなくなっちゃったもんね。

そういうシーンが忍者らしくてカッコイイと思うんだけど、ボルトでは火影のナルトがガアラと電話してても違和感ない世界になっちゃった。

忍術がなくても忍術並の武器や兵器があれば、対抗できるんじゃないの?ってところのバランスが、魅力を無くしてしまった理由かもしれない。

今更相手のチャクラが見えたからってなんなの?みたいな感じが、僕の中でボルトはイマイチ!にってるのかもしれない。


それと、ナルトに出てきた主要キャラたちと混同してるのもイマイチなのかも。

どうしてもね、火影になったナルトの活躍を期待しちゃうんですよ。でも主役は息子のボルト。

このなんとも言えないジレンマが、互いの活躍を邪魔してる気もする。


ボルトの何が見たいのかが、僕自身わからないんですよ。

ナルトなら火影になる姿が見たかったし、落ちこぼれが強くなる姿も見たかった。でもボルトは、特に落ちこぼれでもないし火影になる頃には忍者が必要ない世界観になってると思う。

そうなると、楽しみに追いかける材料がないのよ。それは魅力とも言うかもしれないけど。

今はまだ下忍にもなってないアカデミー生だから仕方ないけど、あまりに伏線がないから視点が定まらないんだよね。


やっぱりナルトの活躍に期待してしまう俺がいる……


で、あれだけ強いというか最強になっちゃったナルトが勝てない相手をボルトが倒すと思うんだけど、そこにも魅力を感じないんですよ。

ここまで書いてると、ただのボルト批判になってるから良いことを書きたい。

ナルトの最終回は良かった。主要キャラたちの二世代が生まれて、木の葉の里はこうなったよ!って知れたのは面白かった。

なので、ナルトに忍界大戦の時の強さはないけど、強さよりも人望や英雄として火影になった初めての存在としてボルトに出て欲しかったかなと。

僕はアニメでしか見てないから先を知らないけど、ナルトが弱いならボルトは面白くなると思う。

ナルトが強いままで、ボルトは今までなかった新たな忍術で強くなる話になるなら、やっぱり中途半端な作品になってしまうなぁと思う。

設定が良かっただけに、ストーリーに魅力を出せてないのは残念ですね。


って、結局良いこと言えなかった……


でもナルトは好きなので、ボルトの続きも見ようと思います。期待しちゃうのも贅沢な話だよね。

ナルトの続きを書いてくれるだけでも嬉しいと思わなきゃ!だってばね。