アニメ見放題サイトの魅力をわかりやすく紹介。選ぶポイントは料金と最新作品数にある。

スポンサーリンク


アニメ視聴と言えば、今までレンタルDVDやダウンロード購入が主流でした。ですがここ数年、ストリーミングという動画配信での視聴へと大きく変わりました。好きな時に動画を再生できるストリーミングによる効果は、アニメ視聴の値段を大きく影響したと思います。

ですが、現在見放題サイトはたくさんあります。一体どれを選べばいいのかわからないですよね?

まずは価格ですが、そりゃ安ければ安い方がいいに決まってます。業界最安値は、アマゾンprimeビデオでしょう。

月額ではなく年間費3900円ですが、途中解約すればクレジットカードへ残金が戻されるシステムなので、月額325円と言えます。

そして、ドコモのdアニメストアとソフトバンクのアニメ放題。こちらは月額400円ですが、アニメ見放題に特化したサイトです。

dアニメストアはキャリアフリーですが、アニメ見放題はソフトバンクユーザーのみ。

こういう細かい差も、サービスを選ぶ理由になってきますね。

次はHuluやバンダイチャンネルなどの1000円程のサイト。

僕的には、値段比較と見放題の作品の二つからサービスを選ぶなら、アマゾンprimeビデオですね。

ですが、アニメに特化した見放題を選ぶなら、dアニメストアやアニメ放題なんですよ。

auはアニメパスは終了しましたが、ビデオパスは終了していません。auビデオパスは、ドコモならdTVになりますね。

こちらは月額500円程ですが、映画も見れるサービスになります。

月額料金やアニメと映画の視聴など、選ぶ条件は人それぞれになります。世の中、安ければいいというものでもないですからね。

おそらく多くの人が値段と作品数で契約するサービスを選ぶと思いますが、利用していてどうしても気になるポイントがあります。

それは、扱っている最新作の差です。今後は、ここが大きなポイントになってくると思います。

もちろん旧作数が多い方が便利に決まってます。

ですが利用日数が増えてくると、最新作品が充実しているサイトが強くなってくる気がしました。

やはりサービスアピールの為に、最新作品は多く配信したいもの。見放題サイトをいくつか使っていると、このアニメはこっちか!みたいな場面に遭遇します。

例えばアマゾンprimeビデオでは、エロマンガ先生や進撃の巨人season2は見れません。dアニメストアではこれらの作品は見れますけど、冴えない彼女の育てかた♭や正解するカドは見れません。

微妙な差に感じるかもしれませんが、これが結構多いんですよ。利用すると、すごくわかります。

使い始めた時は感じなかったのですが、今は作品数に匹敵するほど最新作品の配信数は大きいと思います。

ここで一つ気をつけたいのが、最新作品数は多いけど、1話無料というサービス。

相場は、大体1話216円です。新作と考えれば高くはないかもしれませんが、見放題に慣れてしまうと高く感じます。

例えばU-nextがそうなのですが、月額料金は1980円と高め。ですが、作品を見ると最新作もあります。

更新月に1000ポイントもらえますが、月額料金とポイントを合わせてもアニメ4話分ですのでちょっと微妙。

今や作品数が充実していても、見放題でなければ満足できない方が増えてると思います。

そして、全ての最新作が見放題で出揃うサイトは、今後もないと思いますね。

最新作品数はアピールになるポイントなので、その分競争も激しいと思いますので。


では、結局どのサイトを使えばいいの?となりますが、これも好みがあるので難しい所です。

安い方がいい!
映画やドラマもみたい!
最新作品にこだわって契約したい!
とにかく作品数が多い方がいい!

ということで僕は、アマゾンprimeビデオとdアニメストアの二つをオススメします。

今後アマゾンprimeビデオが見放題サービスの実権を握るとすれば、力をいれるべきポイントは最新作品数だと思っています。

dアニメストアを使い始めた時は、アマゾンprimeビデオの作品数の少なさに疑問があったのも事実。

ですが、dアニメストアに不便さを感じたのが、最新作品数だったのです。

最新作品数が圧倒的にお得なサイトはありません。

あれがなくてこれはある!

そんな感じで、それぞれ最新作品を見放題で配信しています。最新作品を多く配信していても、1話無料では満足できません。お得とは記事に出来ないです。

それくらい、見放題サイトは魅力があるんですよね。

ですが見放題作品数が多い利点として、シリーズでの続きが充実している点があります。

僕もなるべく一つのサイトにしたいので、それぞれメリットがあるなら利用すると思います。

アマゾンprimeビデオとdアニメストアと言ったのは、アマゾンprimeビデオの弱点をdアニメストアが補ってくれているからです。

アマゾンprimeビデオで最新作品と映画・ドラマをカバーし、dアニメストアでも最新作品と作品数によるシリーズの視聴をカバーしてます。

最新作品は、かぶってるアニメの方が多いんですけどね。それでもアマゾンprimeビデオがオススメと思うのは、ビデオとは別に買い物などのprime会員特典が大きいです。

僕が映画・ドラマ見放題サイトをオススメするなら、間違いなくアマゾンprimeビデオですからね。

これからもっと便利になっていくのかわかりませんが、今の僕にはこの二つがあればほぼカバーできています。

料金や最新作品数などの優先度の違いでお得感が変わりますので、それぞれに合った使い方をオススメしますね。


じゃ、この番組は言いたい放題っぽいふうの提供でお送り致しました。パーン!