ラブライブサンシャイン9話の素直な感想。アレはあかん

とにかく無駄が多いラブライブサンシャインの二期。それでも楽しめてますけど、この9話はない!っていうか台無しじゃないかな?


突っ込み所が多いので有名なラブライブシリーズですけど、この記事を読む人はすでに視聴済みだと思いますので本題へ行きましょう。


なんでデュエットじゃないの?


正直笑ってしまった。あれ、感動シーンだよね?ルビィは嬉し泣きしてたけど、僕は笑い泣きしてましたわ。


あの歌のシーンまでは良かったよね?二人の姉サマへ感謝を捧げる極秘プロジェクトであり、妹二人は成長していく。


これには泣けた!えぇ話じゃん!って。


んが、どうしてこうなった?千歌のサプライズがマジでサプライズになってた(笑)


まさに驚くだけのサプライズ。


まぁね、あの函館の景色から数日ありそうな感じでしたけど、クリスマスイベントの面接のずらまるとヨハネの涙は一体……


アニメでは描かれていませんけど、どう考えてもずらまるとヨハネがアクアメンバーへの内通者でしょ?


面接の時点で知らせてないとしても、参加二人が11人になっちゃったんだよね?しかもセンター千歌!


ないない!あの流れなら、二人でやった方が良かったよ。完全にラブライブ本選のアクアPRになってたもん。


一体何を描きたかったんでしょうねぇ。ミューズとアライズの合体映像と同じ絵を作りたかった話なのかなぁ……。


謎回でした。


でね、個人的にはセイントスノーの立ち位置好きだったのよ。本選のパフォーマンスも見たかった。


だから予選落ちはショックだったんだけど、話としては予期せぬ方向だったので良かったです。やられました、そうきたか!と。


でも9話のそうきたか!は、マジでそうきて欲しくなかったぞ?


大半の感想は、せめて両姉妹四人!でした。僕もそう!二人でも全然いい!


でね、リアのいいところが消されてたね。あれ?バック転は?って思わなかった?


確かリア本気って言ってたよね?


それと、曲がいいって言う人もいるけど、個人的には単にアクアの曲だった。セイントスノー色皆無じゃん?だった。


ダンスもアクア。リア要素どこいったの?だった。


そもそもサプライズが11人ってのがダメなんだよぉ……なんで千歌がでしゃばるかなぁ……


反対したメンバーが、リトルデーモンの中にいなかったのでしょうかねぇ。みんなノリノリだったけど……アリなの?


笑ってしまった僕はアリなの?


やっぱり二人フィニッシュがシックリくると思うんだけど


ルビィとリアは、感謝の気持ちを込めて自分たちだけのステージを作る。


クリスマスイベントで姉たちに披露し、会場からは拍手が飛ぶ。


(本編では、結局リアのクラスメイトはライブに来なかった……リア残念)


喜び涙するルビィとリア。そこへリアのクラスメイトたちが押し寄せる。


微笑む聖良お姉様。その後ろにアクアメンバー。


これでいいじゃん?なんであーなった?そうだよ、書いてて思い出したけど、リアのクラスメイトどころか会場を満員にするはずが数人しかいなかったぞ?


っていうか、やっぱり面接のシーンが重くなってたよぉ。結局11人で歌うなら、あれいらないじゃん。


二人でやるずらも、サプライズ衣装もいらないじゃん!


僕ね、ラブライブサンシャインも面白いと思うし、ラブライブあっての話だから設定が難しいのによく出来てるなぁって思ってます。


だけどこの9話はないわ。函館の展望台でルビィとリアが先行披露したのもない。ならクリスマスイベント参加は必要ないよね?初めからそこで終わりにすれば良かった話。


だから本番がみんなの頭をハテナにしたんだよねぇ


僕は泣き笑いね。


だってさ!展望台シーンで泣けてからの……だったでしょ?でしょぉ???


僕もお話書いてますけど、いい意味で読者を裏切りたいとは思ってます。その方が面白いから。


だけどさぁ、泣かせてから笑わせるって凄くない?ある意味ね、この後こうなるんだろうなぁ…って展開を、一瞬で笑いに変えたからね!こっちがサプライズだったわ。


ということで、どうしても物申したかったラブライブサンシャイン9話の感想でした。


物申すならね、一期もあるんですよ。三年生の行き過ぎた猿芝居とかね。


だけどもう、そんなの軽く越えちゃった。この9話は本当に凄かった。


リアさん、本当にあのダンスで納得してたのかな?(あラブライブは遊びじゃないと言ってたのは、僕の勘違いだったかもしれない……そうだよね?だってもうアライズよりミューズ路線に行く宣言してたもんね?)


ではでは、コメントは求めません笑