ホムラの里でのベロニカとセーニャの謎にせまろう

大人ベロニカの秘密を探るヒントとして、勇者とベロニカの出会ったホムラの里での出来事がハッキリしません。


この出来事がハッキリすれば、きっとベロニカについて一歩深く知る事ができると思います。


そこで、まずはつけさんのコメントを転載させて頂き、それに僕の疑問も重ねてみました。


時のオーブか?
夢見か?
または両方か?
別の第三手目があるのか?


1つ言えることは、ベロニカが虹色の枝でオーブを集めさせ、勇者を命の大樹へ導いているということです。

ホムラの里でのベロニカの行動がおかしすぎる

つけさんのコメント

ホムラの里で、カミュがベロニカを目撃したと思うのですが、その時には、すでに幼児化してますよね。

その後、カミュが蒸し風呂でくつろいでいる所に主人公が合流。

そこへ宿屋で待っていたルコが、ルパスを探しにやってくる。

ということは、ルコが宿屋で待っていていつまでも戻ってこないルパスを探す数時間で、ベロニカは魔物のアジトから戻ってきたということですよね?

多分徒歩で(魔力が無いため)

1、蒸し風呂で攫われる
2、アジトに連れて行かれる
3、魔力を吸われる
4、隙を見て逃げる
5、ホムラの里まで歩いてくる
6、セーニャと待ち合わせの酒場の入り口で口論しているところをカミュに目撃される

この行動を数時間で行うのは、無理ですよね。

攫われた直後のベロニカが、時を遡ったベロニカがホムラの里に転移したことで消えない限り。

ルパス以外の牢屋は、最後の鍵でしまっていますから。


これでも一部です。とにかくホムラの里でのベロニカはおかしい。まるでこれから起こることを全てを知っていて、計算の上で行動しているとしか思えない事がありすぎますね。

ホムラの里でのベロニカについて、管理人ふう船の疑問

一目で勇者と気づいた

セーニャと待ち合わせをしているのに、なぜか蒸し風呂に入っていた

なぜか蒸し風呂にルコがきた

マスターの所にセーニャが訪ねてくることを知っていた

マスターに、アタシと似た格好の子が人探しに来なかったか聞いた

マスターは、お嬢ちゃんが来て西へ行ったと言った

ベロニカはピンポイントで西の洞窟だと言った

デンダのアジトの扉の開放は、合い言葉が必要(ベロニカは知っていた?)

カミュが魔王?と言った後、ベロニカは魔王の単語をスルー。それどころか、魔力のツボを気にした。

寝ているセーニャが死んでいると思った

私がわかるの?と、セーニャに対して驚いた

デンダが勇者たちは魔王にやられると預言した

ベロニカは、若返ったからいいじゃない!と誤魔化した

捕まっていたルパスは、う、うっ……と気絶していたような声を出した(夢見していたかもしれない)

ベロニカは、当然のように牢獄の扉を開けた

ルコをマスターに預けたのはベロニカ

ホムラの里で一泊させたのはベロニカ

先に帰ったルパスは、今帰ってきたかのように酒を飲んでいた(勇者たちは一夜を明かしている)

ルパスは姉ちゃんがモンスターと戦っていたと言い、デンダはベロニカをあの女と言った(お嬢ちゃんや小娘やガキという表現ではなかった)

翌日、カミュはルパスの正体に気づいた(夢見したかもしれない)

ルパスは虹色の枝が命の大樹の一部?と言った(夢見したかもしれない)

ベロニカは、虹色の枝が大樹の一部と確信的に言い、サマディーへの通行書を勇者に渡した

なぜかベロニカは、勇者にルーラを授けた



以上です。もう謎だらけ笑

ホムラの里でのベロニカの謎を解くカギは?

ベロニカが勇者に気づいたということは、すでに勇者を知っている。そしてセーニャも勇者と気づいたが、なぜかセーニャは勇者が悪魔の子と呼ばれていることを知っていた。


カミュの言葉やその後のサマディーでの出来事を考えても、あの近辺で勇者は悪魔の子となぜかバレていない。


でもセーニャは知っていた。もちろんベロニカも知ってる顔だった。笑


なぜ、ここまで二人はお見通しなのでしょうか?


1つは、時のオーブでやり直している。もう1つは、預言者ウラノスに会っている。


僕的には、ウラノスの線があやしいかな?その姿は、二人がよく知る初代セニカの姿でしょうね。


この考察に答えは出ていません。コメントお待ちしておりますね!


ドラクエ11の確定情報
ドラクエ11考察のまとめ