【セニカ】まとめ

先代勇者ローシュの仲間として、ニズゼルファと戦った賢者セニカ。


しかし、ニズゼルファと戦った賢者はセニカだけどセニカだけではないと思われます。


わかりにくい表現ですが、セニカに関する確定情報を一つずつ見ていきましょう。

伝説の勇者ローシュのパーティは三人。そこに賢者がいない

聖地ラムダの大聖堂にある神話の聖画の一枚に、伝説の勇者ローシュが描かれた聖画があります。


そこに写っているのは、勇者、戦士、魔法使いの三人。賢者がいないことから、伝説の勇者ローシュのパーティにセニカはいません。

いにしえの勇者と共に邪神と戦ったのは、聖地ラムダにある巨大像の賢者

いにしえの勇者と思われる巨大像は、ユグノア地方にある。その姿は、大聖堂にある伝説の勇者ローシュの聖画と似ていない。そして、先代勇者ローシュにも似ていない。


聖地ラムダにある賢者の巨大像も、セニカには似ていなかった。この像に似ているのは、預言者が近い。

賢者セニカは、伝説の勇者ローシュとニズゼルファへ挑んだ

先の大聖堂では、伝説の勇者ローシュは三人パーティでした。しかし、神の民の里にある四人パーティの石像にも、伝説の勇者ローシュと書いてあります。


この矛盾を解く鍵は、伝説という言葉かもしれません。

強化したケトスでニズゼルファに挑んだセニカと、ニズゼルファの肉体を封印したセニカ

セニカは天空のフルートでケトスを強化し、ニズゼルファの黒い太陽の世界へ突撃した。


しかしこれは、大樹の記憶ではない。


ベロニカとセーニャが木になって見せた、導きの木の記憶である。


セニカは、バクラバ遺跡で勇者の星を空高く打ち上げている。


ここにも、同じセニカとは思えない矛盾がある。




考察・コメントお待ちしております。新たな確定情報がありましたら、追記しますのでよろしくお願いします。