【ウラノス(ウルノーガ)】まとめ

魔法使いウラノス?
預言者ウラノス?
魔王ウルノーガ?
魔道士ウルノーガ?
デルカダール王?
いにしえの賢者?


全くもって実態のわからない人物。


最大の謎はベロニカが持ってると思うけど、ドラクエ11の登場キャラの中で二番目に掴めない存在。


もう名前すらわからない。


そんな彼(彼女)に関する確定情報をまとめました。


難儀だ……お前は何者なんだ……一つずつ行きましょう!

ローシュと共に旅をした魔法使いウラノスは、ウルノーガとして体を乗っ取ったデルカダール王に似ている

魔法使いウラノスの姿は、ローシュの記憶や神の民の里の石像でも確認できます。


その姿は、体を乗っ取ったデルカダール王に似ている。

ウラノスの顔デルカダール王の顔
出典元©2017 SQUARE ENIX.CO.LTD.All Rights Reserved.printed in Japan ドラクエ11公式ガイドブック


魔道士ウルノーガがデルカダール王の体を乗っ取ったので、二人が似ているというのはおかしな話。似る必要はない。


……にしても似てる……僕には年老いたウラノスにしか見えないが、真相は果たして

先代勇者ローシュを倒し、ニズゼルファから闇の力を奪った

ローシュがニズゼルファに止めを刺そうとしたその時、ウラノスはローシュを背後から襲った。


右手にナイフを持っているが、映像ではどちらの手を使ったのかは不明。


その後ニズゼルファから闇の力を奪ってその場を去るが、その映像を見せたのはウラノス自身だった。

預言者ウラノスが、魔法使いウラノスがローシュを倒す映像を見せた

正体を現す前の預言者

いにしえの賢者と思われる姿の預言者から、勇者たちはローシュの過去を知る。


しかし、いにしえの賢者と思われる預言者の姿から次に変化したのは、魔法使いウラノスの姿だった。

正体を現したウラノス

ウラノスは、邪神の力を奪った自分はウルノーガとなり、ウルノーガのわずかに残った善の部分が自分だと言う。


ここで気になるのは、画像にあるウラノスの台詞。ローシュを先代勇者ではなく伝説の勇者と呼んでいる。


やはりローシュは何人もいたのか?

セニカはローシュと言わず、あの人と言う

この辺の映像では、セニカがニズゼルファを封印する映像がない。セニカが行ったのは、ニズゼルファの肉体を空高く打ち上げただけである。


そして戦士ネルセンとの会話になるが、セニカはローシュとは言わず、あの人と言う。

魔王ウルノーガの姿

天空魔城での魔王ウルノーガの姿

つけさんのコメントから

魔王ウルノーガは、「その目……かつての勇者たちをおもわせる。気に入らん」と言います。


まるで魔王ウルノーガは、何人もの勇者と対峙してきたかのような台詞ですね。


その通りなのですが、この台詞は魔王ウルノーガとしての台詞なのか?もしくは他の誰かなのか?

魔道士ウルノーガの姿

過去へ戻った時の魔道士ウルノーガの姿天国へ連れていくと言う魔王ウルノーガ


グレイグに対して、天国へ連れていってやるという魔道士ウルノーガ。ご存じの通り、散ったたましいは命の大樹へと返る。


生き死にの関係が、ロトゼタシアとは関係がない。

壁画のボス、メルトア

つけさんのコメント

壁画世界のボスであるメルトアが、自分の創造主をウルノーガと言います。



考察・コメントお待ちしております。ウラノス関係につきましては、特に確定情報をよろしくお願いします。