【イシの村】まとめ

ユグノア城襲撃から16年。赤ちゃん勇者がたどり着いたのはイシの村でした。


テオに拾われ、娘のペルラは勇者の育ての母となります。


勇者はイシの村を16年間一度も外に出ることはなく、イシの村は16年も平和そのものでした。


そんな不思議いっぱいのイシの村の確定情報をまとめました。


果たして、イシの村とは一体どんな村なのでしょうか?

神の岩に描かれた紋様

てこさん調べ

石碑にも同じ模様があり、岩には大地の精霊が宿っているということから、大地の精霊をあらわしてる?ってことはやはりルビスを連想してしまいます。

8つの墓

テオ編をご覧下さい

誰もイシの村を知らなかった

グレイグはイシの村の存在を知らなかったが、デルカダール王とホメロスは不明。


知らんぷりかもしれない(笑)

エマも16年間一度もイシの村を出ていなかった

勇者と同じ日に生まれた幼なじみのエマ。

イシの村では、成人の儀式を行って初めて村の外へ出られるのでしょうか?

エマの母親

つけさん調べ

エマの母親は、過去のイシの村イベントで確認できますよ。なお、母親は金髪ではありません。

イシの村の崩壊について

大樹崩壊前

勇者とカミュは、崩壊したイシの村を目にした。


大樹崩壊後

イシの村は、最後の砦となっていた。

そして、エマからイシの村で何が起きたのかを聞きます。


イシの村人たちは、ホメロスに捕まる。それをグレイグが助けてデルカダール城へ。でも牢獄暮らしだった。



過ぎ去りし時

大樹崩壊後とほぼ同様。

その後、イシの村はエマの呼びかけで復興する。

カミュには、この大樹の記憶が見えなかった

カミュとイシの村へ戻った勇者は、10年前へと移動します。


いきなりの移動で僕も戸惑いましたが、勇者が見ていたのは大樹の記憶でした。


ですが、この大樹の記憶は勇者しか見ていません。


大樹の記憶を見ていないカミュ


しかし、直前ではカミュは大樹の記憶を見ていますね。


大樹の記憶を見たカミュ


このイシの村での説明は確定ではありませんが、今の所、六才の勇者の大樹の記憶を見たと思っています。


そう言えば、あの時知らないお兄ちゃんが来たな……と。あれは自分だったのか!と。


どうして勇者が自分の過ぎ去りし時を求められたのかは、不明です。

結婚写真に天使の輪?

勇者とエマの結婚写真

勇者とエマの結婚写真に、アーウィン・エレノア・テオがいるのがおかしいのですが、その頭上には天使の輪のようなものが映っています。


ロトゼタシアの世界は、

生→冥府→大樹→生

のはず。


なのにこの写真は、それが嘘であるかのような一枚になってます。


勇者がイタズラ書きをしたのでしょう笑



考察・コメントお待ちしております。新たな確定情報がありましたら、追記しますのでよろしくお願いします。