お腹が満足してしまうダイエットの口癖とは?

ダイエット中の食事といえば、当然ですが食事の量を減らします。


ですが、その食事量では満足できませんよね?


そしてダイエット用に変えた食事に慣れてしまうと、痩せた後の普通の食事に戻した時にリバウンドします。


では、どうすれば食事を変えずにリバウンドしない体になるのか?


それは、お腹が満足する口癖を身につけることです。

お腹が満足する口癖とは?

ダイエットを始めると、食事制限をしますよね?そして、普段とは違う食べ物になるでしょう。


炭水化物は食べない。
果物だけ。
油ものは食べない。
甘いものは食べない。


これが、リバウンドを生むと思って下さい。僕は痩せると、今までのストレスを一気に解放するかのように食べましたので。


では、普段の食事をどうすればいいのか?


答えは簡単でした。

普通に食事するだけです。太っている人は、食べ過ぎているだけなのです。


ですが、この普通の食事では満足できません。もっと食べたくなりますよね?


その口癖が、

もう少し食べたいなぁ
甘いものは別腹
やっぱり物足りない


そう思った時に、この言葉を言いましょう!


もうお腹いっぱい


これが口癖になると、今までお代わりしていた人はお代わりしなくなります。

口癖がお腹をいっぱいにする

お腹が空いた時に腹減ったと言うと、もっとお腹が空きます。なので僕は、普通の食事量を食べ終えた時にお腹いっぱいと言うようにしました。


本当は、まだまだ全然食べられます。ですが、これでお腹いっぱいなんだよ?と、体に教えてあげるのです。


すると、

唐揚げ五個が四個になります。

これは、特に笑いを誘って言った訳ではありませんよ?


本当に、たったこれだけの変化でいいのです。まずは普通の食事量にしましょう。


最初は満足しません。自分に嘘をつきますから。


ですがそれを毎日続けていると、本当に満足するようになります。自分にとっての常識に変わるんですよね。


その変化は、食事以外のおやつでも現れます。


必ずポテチを一袋食べていたのに、途中で輪ゴムをするようになったのですよ。


なんとなく、もう食べたくなくなってきます。不思議でしょ?


特に体調が悪い訳ではありません。今までが食べ過ぎていただけの話。


僕は男なので、

あ~食った食った

と言います。


今では言わなくても満足してしまいますが、お腹が満足する口癖を身につけると、適量の食事に体が慣れてきます。


こうなれば、どうやってもリバウンドしません。太ろうと努力しないと太れなくなります。


どうせ努力するなら、お腹いっぱいと言う口癖をつける為にして下さいね。