面白いブログは、雑記ではないノンフィクション!


スポンサーリンク

どうも、カネにならないことが好きらしいふう船です。

最近のブログは、なんでまとめブログになってしまったのかを考えていたんだけど、単にブログの一記事が検索に強くなってしまったからだと思っています。


だから、ジャンル別でホームページを作らなくてもアクセスを集められるのでしょう。


当然ですが、検索利用者のニーズを考えると、専門ホームページの方がいいと思いますけどね。後々は、Google先生もそうすると思います。

そのアップデートが来れば、ブログは本来の形に戻ると思いますね。


個人的にはワクワクです!

面白いブログが増える!
稼ぎたい人は、専門ホムペを作れ!
まとめ雑記ブログは……お疲れさまでした……


でも、まだまだ雑記ブログの一ページは強い。ペコリとしましたが、僕も書いていこうと思っていますのであしからず。(みんなの役に立つといいなぁ……)


ということで、僕の思う面白いブログは、雑記ブログではなくノンフィクションの話をしてもいいかな?


よく、

面白い記事を書きたいけど書けない!


なんて言葉を、ブログで目にします。


面白い記事って、一体なんなの?

となるけど、それって内容?書き方?


最近ブログを始めた人は、とりあえず好きな事を記事として書きますよね?僕もそうでした。

そして、あまりに悲惨なアクセス数に嫌気がさし、どうすれば検索の上位に行けるのかを学ぶ。

そうすると、まとめブログみたいな記事が出来上がる。


そのどれかがアクセスを集めてくれるんだけど、どうも自分のやりたかった事と違うと気づく。


面白いブログが書きたかったんじゃ~ぁ!!


となる。


しかし、面白いと思う記事は検索されない。まず、タイトルが検索外になっちゃう。


結果、検索からのアクセスを意識して記事を書いていると、面白い記事が書けなくなる。と


ここまでたどった人は、これでは面白い記事が書きたいと思っても書けないよね?

だから、その質問には無理がある事に気づきましょう!


例えば憧れのブロガーがいて、その人みたいな記事が書きたいとします。でも、そういうブロガーにはファンがいるんですよね?

ブックマークから飛んでくるんですよね?


なので、面白い記事を書きたい人は、検索を意識しない方がいいと思ってます。最初はアクセスが全くないから、我慢と葛藤の連続でしょうけど……


だから、面白い記事を書くのはある意味簡単なんですよ。検索を意識せず、面白いタイトルをつけて、好き勝手に語ればいいだけのこと。

それこそ検索ではなくソーシャルを利用して、少しずつファンを増やせばいいと思います。


お?なんとなく面白い記事が書けそうな感じがしませんか?

おそらく勘違いですよ?(笑)


面白いブログはノンフィクション

検索に強いオススメ記事ではなく、面白い記事を書くならノンフィクションですね。これ最強!

多分ね、アクセスが欲しいのと、面白い記事が書きたい欲求が中途半端なんだと思います。


アクセスが欲しいなら、


人の役に立つ情報を載せる!


ですよね?

でも、面白い記事を書くなら別で、人の役に立つかどうかはその人に決めてもらうしかない。

わかるのは、Google先生は好まないってこと。これが本来の雑記ブログ。


今ある雑記ブログは、半分雑記ブログ(当ブログも含む)

検索エンジンとファンを使い分けるインターネット界の二刀流なのだ。

器用貧乏ではなく器用。
僕は全然だけど、これは本当に凄いことだと思うよ。


でね、中途半端になっちゃってる人は、おそらくこう考えてるはず。


「アクセスの9割は検索からだから、低品質な記事は避けたい……ドメインパワーが落ちる……ドメインパワーが落ちたら、アクセスが来なくなる……」


これ。

う~ん、一体全体どっちがやりたい事なんだろうと思う。


人間が思う面白くて低品質な記事は、検索エンジンも低品質だと思うんですかね?

僕は今のところ、そう思わないと思うよ?


日々変化するseoに正解はないけど、


こいつこの記事だと良いこと言ってるのに、この記事は全然ダメだな。順位下げたる。


で、本当に順位は下がるんだけど(笑)、面白い雑記を書きたいんだよね?

なら、下がったっていいんじゃないの?

欲しいのは検索上位じゃなくて、面白い記事を書いて笑ってくれるユーザーだよね?


ブクマされるから、次からは検索関係ないよね?(確か直帰率とか滞在時間も、seoの評価の一つだった気が……面白いブログは、誰かのブログで紹介されたりして被リンク集められたりとかする気が……)


雑記が低品質とは限らないし、そもそもGoogle先生の低品質って考えは、リライトやパクリ記事だと思うよ?


検索を意識しすぎて、内容を濃く内容を濃くと呪文のように唱えていると、いつの間にかパクってるかもしれない。


それなら、パクリようがないノンフィクションを書いたり、くだらない笑い話を書いた方がドメインパワーは上がると思う。

上がらなくても、少なくとも下がる事はないと思う。

でも100%の正解はないから、ドメイン評価が下がってもブックマークしてもらえるくらいのノンフィクションを書けばいいと思う。


そうすれば、直帰率と滞在時間は改善できると思いますね。


ノンフィクション評価で、ブログは面白くなりドメインパワーは下がらない?


Google先生
「あれ?おかしいな?俺が低評価してる記事にアクセスが凄い来てる……?人間という奴はわからんな。この記事が人気で役に立ってるのか。確かに滞在時間も長いな。えいっ、上げたろー!」


なんて事があるかも?しれない。

実際、投稿してずっと一ページ目にいる記事もあれば、ジワリジワリ上がる記事もあるよね?


この違いは何?って考えると、Google先生の再評価しか考えられない。

だって、他の人も上位に行きたくて、ウズウズしながら色々と更新してるんだからね。

もちろん新たなライバルも……。


それと、人工知能じゃないけどクローラーは学習してるかもしれない。


例えば人の話ですけど、特に興味がなかったお店に行列ができていたら、なんだ?くらいは思いますよね?


それで、美味しいかどうかもわからないのに並んじゃう。


もう一つは、口コミ。


もうね、僕なんて単純だから、友達に薦められたりするとすぐオチる(笑)

もしGoogle先生が口コミを理解してるとすれば、面白い記事はキーワード検索にはひっかからないけど、評価は別なんじゃないの?と思う。


検索に出ない=低品質記事


これは違うと思いますよ。友達の宿題を写しちゃダメよ?だと思いますね。

それなら、答えが全く違う方が評価はいいでしょ?

同じように先生に怒られるなら、宿題を写したのがバレるより、答えが違う方が怒られないしね。逆に面白い発想だ!って励まされるかも。


同じキーワードでも、人によって答えが違うのが当たり前。ジャンルにもよるけど、例えばアニメの評価なんて人それぞれだよね?

だから、正解はあってないようなもの。

Google先生は、色んな答えを持つ物知りな先生ってこと。


こう考えると、行列や口コミも記事の評価に入ると思う。面白い記事が上位表示されないのは、タイトルのキーワードと内容が合ってるようで合ってないからだと思う。


でも人気がある。

見た目の悪い店なのに、行列が出来るのはなぜ?な~んてGoogle先生は考えてるかもしれないし、まだ答えにたどり着けてないかもしれない。

その答えが正解なのかをクロールして情報を集約して、評価を多数決してるかもしれない。

でも、少数意見だからといって、低品質とは限らないという事ですね。

Google先生の雑記ノンフィクション評価はこれからかな?

実際、検索されないから低品質と決めて記事を消す人もいるみたい。それで、今は順位が上がるかもしれない。

でも、この先はGoogle先生次第。


Google先生「ごめんごめん。低品質かと思ってたけど、そういう意見もあるよな!って口コミで教わってさ、再評価に来たんだけど……あら?どこ行った?まぁいっか、俺忙しいからな……」


あるか?これ(笑)


まぁ、あるにしてもないにしても、ノンフィクションの雑記が低品質になるとは考えられない。

普通やな……だと思う。

評価を上げる事も下げる事もないなら、何も問題はないと思う。


検索上位はラッキーパンチ!あなたのブログの玄関だと思って、評価された記事は大事にしよう!その分、家の中は夢でいっぱいにしよう!目指すは芸能人のお宅訪問だ!隅々まで見てもらえるように、ユーザーを満足させよう!


すると、Google先生の評価も変わる?かもね!


Google先生「あいつの家の中は面白いんだな……人間ってわかんねえわ!ま、それなら評価上げたろ!」


ではまたー!