【アニメ】王室教師ハイネの感想。これは新感覚だったなぁ


タイトル通りのアニメですが、目的があるようで掴めないストーリーになってます。執事謎アニメとか?(なんだそりゃ)

王子、あらすじでございます


グランツライヒ王国の国王は王太子である長男に万一のことがあってはと考え、4人の弟に帝王学を教える専属の家庭教師、つまり王室教師を呼ぶことにした。国中の優秀な教師の中から選ばれたのはハイネであった。しかし4人の王子は一癖も二癖もある人物ばかりで、ハイネの前に王室教師を務めた者たちはすぐに辞めてしまっているという。果たしてハイネは王室教師を務めあげることができるのか。

王室執事ハイネWikipediaより引用

ハイネは執事ですが、王国もののいいなり執事とは少し違っていて教師の要素が強いです。

未完全な王子たちを、執事のハイネがどう育てていくのか?

それ意外は、特に変わったストーリーではありませんね。

個性的な王子とのコメディ


執事のハイネも変わった性格をしていますが、四人の王子も、



それぞれ特徴的な性格の設定になってます。

ハイネはそれぞれの王子と自分なりに接していくのですが、かみあってないようで関係は上手くいってしまいます。

ハイネの適応力が高いのは、言うまでもないでしょう。

でもなぜハイネの能力が高いのかは、謎になってます。

ハイネ自身は真剣に王子たちと接してますが、お互いの個性が強いので、結果的に笑える流れになってますね。

目的は他にある展開かな

ハイネは執事として、四人の王子の中から跡継ぎ候補を育てます。

だけど、この四人の中から跡継ぎを選ぶ展開にはならない気がするんですよ。

国王の目的は別にある!

だって、このまま四人の能力を育てて国王候補を選んで終わりのストーリーでは、ひねりがなくて面白くならないですよね?(もしそうなったらふう船割りますわ)

そこは、ハイネが何者なのかが鍵を握ってると思いますね。

それでも基本コメディなので、ストーリーの中心はハイネと四人の王子の日々を描く話が多いと思います。

そういう意味では、舞台王室の日常アニメかもしれませんね。

笑も感動も控えめです

コメディと友情に似た感動はあるものの、爆笑や泣けるほどではありません。

僕的には、国王候補選びよりも王子たちの執事候補選びに感じますね。

大人になった王子たちを支えていく執事を選ぶ為の家庭教師ではないのかな?と。

そんなハイネと王子たちが楽しく暮らしていく想像はできるので、目的はあるけど日常コメディのまま進むと思います。

ハイネの謎次第でストーリーは大きく変えられるとは思いますけど、シリアス展開にはならないでしょうね。

でも面白いので、一期は見たいと思います。

正直、二期があるかは微妙ですね。

王室教師ハイネ試聴したサイトはこちらです

じゃ、ちょいと変わった王室コメディなので、見てみて下さいな。

パーン

スポンサーリンク



2017年放送アニメのふう船ブログランキング