作者が10年前から考えていた、漫画ドリームスの最終回について考える

スポンサーリンク


なぜドリームスは突然終わってしまったのか?
やはり原因は廃刊だと思いますね。

ですが、いまだにドリームス準決勝の満足な続きが見たいと思ってます。いつかどこかで書いてくれないかなぁと期待してるんですけどね。

あの終わりかたに納得出来ないファンが多いと思いますが、僕もその一人です。

それくらい、ドリームスという野球漫画は面白いんですよ。

作者は予定のラストと呟いていた

原作者の七三太郎さんは、Twitterでドリームスのラストを10年前から考えていたと言ってましたね。

思うのですが、それは最終回であって準決勝の終わりかたではないと思います。

ドリームスをずっと読み続けた方ならわかると思いますが、あの場面で九里が諦めるパターンはないんですよね。

あそこまでは予定調和で、そこから九里は逆転するのがドリームスという漫画。

新球登場か!?

まさにその場面での「おしまい」だったので。

僕が違和感を持ったのは、九里の策がフォークだったところでしたね。

肩透かしみたいな、そんな違和感だけど。

フォークはお試しで、次の回から新球無双だったんじゃないのかな?

キャッチャー九里とかどぉ?

あの後マウンドを受け継いだのは赤倉だったけど、そのキャッチャーとして九里を見てみたかったなぁ。

九里は首里城きらりのステルスや名倉のセーリングボールも準決勝に持っていった。

なら、ハンコの風を読む力も見たかった。

このパターではピッチャー九里の伝説にはならないんだけど、終盤にまたマウンドへ戻るとかでも面白いと思った。

グラウンドの監督と呼ばれるキャッチャー目線だからこそ見える九龍高校の弱点!みたいな。

あれだけのストーリーが書ける人だから、色々と案はあったと思うけどね。

実は認めていた工藤野球

西村監督は、工藤野球を認めていましたよね?

素直になれなかったという結論でしたが、試合中のどこかの場面でも良かったよね?

そこからいつもの熱いバトル開始!

九里の無効化の次は、橘による九里の適正な数値の練り直し。そして橘との力比べのシーンが見たかった。

西村監督の結論があれだったので、試合後の和解と決勝の相手の情報などのシーンは浮かびますしね。

西村監督は、工藤野球を否定しながらどこかで止めて欲しかったようにも感じるし、橘もどこかで力比べをしたかったようにも感じましたから。

そして読者はそれを待っていた!じゃない?

やはり書きようはあるよね

一番難しいのは新球かな?

ドリームスは、出来そうで出来ない球を九里が投げてましたから。

チート能力なら、どんなに楽かと個人的には思うほどでした。

なにより九里の魔球には夢があった!!!


準決勝のまともな続きが見たいのもあるけど、次は九里がどんな球を見せてくれるんだろう?という期待でワクワクもしてました。

そこで僕は閃いた!


アニメ化して、甲子園優勝からのメジャー行きにしようよ!!!


最近視聴した風夏も、アニメと漫画の結末が違うからオッケーだよね?

夢だけに、これ実現しないかなぁ。

生田12球団指名や最終回はそのままでいいと思うし。でも生田生還パターンでお願いします。


なんか、書いてたらレクリエイターズのようになってきたな…。

じゃ、手紙置いてくぜ!

パーン

スポンサーリンク