【アニメ】Re:CREATORS(レクリエイターズ)の感想。原作者が神!?別作品のキャラたちが同一世界で大暴れするぞ!


物語は原作者の思うままに設定するけど、このアニメは原作者の作ったアニメやゲーム同士のキャラが同じ世界で一つの物語を構成する面白い設定です。

あらすじを語った感があるけど、一応こちらを紹介しておきますね!

レクリエイターズWikipedia

あれ?まだあらすじなかったわ!

一人一人が神

Re:CREATORSでは、原作者を想像主と呼んでます。

この感覚が面白いんですよね!

僕も物語を書いてますけど、自分の好みの展開ってあるじゃないですか?

まさにそれで、一つのアニメやゲームの世界を作ったのが原作者だから、その世界の想像主は神になる訳です

そのキャラクターたちが、現実世界にスペックそのままで出てきて、自分の世界の神(原作者)に会っちゃいます

とりあえず文句を言いますが、キャラたちにとっては想像主であり神なんですよね

例えばこの地球で想像主がいて、この世界を作った神に会ったら僕はどうするんだろう?

そんな風に考えると、この作品は凄く面白いですよ

もうメチャクチャやります

Re:CREATORSの登場人物たちは、各世界のスペックそのままです。

だから、空飛んじゃうとか余裕余裕。

物ぶっ壊すとかも、当たり前にやっちゃいます


でも一体何でそんな事になったのか?

そこが、このアニメの見所ですね!

中世ファンタジー、魔法少女、魔術、ヒーローロボなど、現実世界で現実の物語を原作者たちと生きていく!

これは必見だな

じゃ、他の手紙も読んでいってねー!

パーン