【アニメ】正解するカドの感想って言われても、俺には話が難しいぞ…?

スポンサーリンク


2017年アニメ、正解するカドを見ましたが、眉間にシワが寄ってしまう内容だった。

龍の歯医者も語りにくかったけど、このアニメもそんな感じ。


とりあえずあらすじを紹介しておきます。


羽田空港の滑走路に突如として謎の1辺が2キロメートルを超す超巨大な正立方体が出現し、出現場所に居合わせた旅客機256便(ボーイング777型)が、乗員乗客もろとも立方体に飲み込まれた。政府が関係各省と連携を取り合い、この立方体の調査と飲み込まれた乗員乗客の救命に奔走する中、立方体上部にヤハクィザシュニナと名乗る人物と、偶然256便に乗り合わせていた凄腕の交渉官・真道 幸路朗が現れる。

正解するカドWikipediaより引用

あなたは一体?

あらすじ通り、カドと呼ばれる立方体の中から違う次元のヤハクィザシュニナと名乗る人間のような生命体と主人公が出会う。

それがナイスガイで、争うなどの敵意はない

人類に驚異を及ぼす別世界の生命体なら話は早いんだけど、逆に人類を救う行動をしだすのね

上手い話には裏があるのか?
それとも別の狙いの布石なのか?
特に世界は争っていた訳ではないから、ヒーローではないし…

何にしても、急展開が待っているのは間違いないと思う

舞台は現代

正解するカドの世界は現代と同じく、国連や軍事力などで統制されている。

政治的バランス、もしくは軍事力的バランスが崩れれば戦争が起きるかもしれない

争う事なく世界のバランスを保っているのが、核などの軍事力と語っている

とても平和的とは呼べない現在の抑止力に代わり、突如現れた別次元人のヤハクィザシュニナは、主人公に新たな提案をする

それが、無限エネルギーの存在だった

60億人が等しく同じ無限エネルギーを持てば、争いは無くなるということだった


う~ん、やっぱり裏がある気がするんだけどなぁ

無理矢理まとめ

やはりラスト謎ストーリーはネタバレになってしまうので語りにくいですね。

全体的には、一体世界はどうなってしまうの?待ちのアニメなんだけど、とにかくヤハクィザシュニナの存在が謎すぎてよくわからない

この人、地球に来なくても良かったんじゃないの?と思ってしまうけど、そこはラスト謎ストーリーなのでビックリ展開が用意されてると思うけどね。

だから、謎が少しずつ解けていく話が好きな人にオススメのアニメかな!

真面目な会話とヤハクィザシュニナとは?みたいな自己紹介が長いので、面白さは人を選ぶと思う

そういう意味では、オカルト好きな方にもオススメかもね


じゃ、それなりに語った手紙置いとくぜ!

バーン(話が難しいんだよぉ…許してくれぇ)