小説家になろうのネット大賞に落ちて思うこと


小説家になろうサイトでリミットを連載してましたが、今月初めに一次選考の結果が出ましたよー。

で、僕は異世界ではなく今は野球を書いているのですが、やはり異世界ものは強かった。

もちろん異世界転生以外はダメってことはないけど、僕の場合は基本的に文才なさすぎ。前半から勝負ばかりでストーリー展開を飛ばしたつもりなんだけど、アレじゃ間延びしてるのかな?と。

小説を書くって、ホントに難しいね。

約7000作品の応募で残ったのは500程。せめて一次は残ってみたかったなぁ…。

 

これで、僕の小説家になろうでの活動は終了致します。作品たちをどうしようか考えてますけど、とりあえずは手元に置いておきます。

 

 

まだ決勝戦を全部書いてないんだけど、読みたい!って方がいれば、続きはブログで公開しようかな…ドウシヨ…。

 

ただ、60万文字を超えてるので読むのは大変だと思いますけど。っていうか、文章が下手くそで読みにくいんだよな…

で、やっぱり異世界転生は通りやすい。その他のジャンルの応募があって良かったと書いてありましたが、一次ですら通ったのは数作品みたい。

な~んだ!やっぱ野球だからダメだったんじゃん?そうだよ、リミット面白いもん!

 

だって、

全然小説になってないからね!!

(へ?)

まぁ、僕は自分が楽しいと思える作品じゃないと書けないです。ワクワクしながら書かないと、面白いとは思えないんですよね。

 

異世界転生はファンタジーだから、そういうゲームとかをやりこまないと内容が薄くなってしまう。ちょっと読んだだけでも、その人がどれだけファンタジーに触れてるかが伝わってきます。

これってゲームシナリオみたい!とか思っちゃう作品もあるしね。

知識があれば後は表現力だと思うけど、大事なのは諦めない事だと思う。

落ちるとショックでしょ?だから辞めない為には周りの協力が必要ですよ。

なので、誉めてあげて下さい。つまらないと伝えるのではなく、現時点で面白いと思う所を誉めてあげて下さいね。

そうすれば、もう一歩先へ進めます。続けていれば、いつか何を見せてくれるかもしれないしね。

と、いつの間にか作家さんになりたい人への声になりましたが、書籍化して売れればいいけど現実は難しい。

書籍化はゴールではなくスタートライン。売れなくても記念で!とか思う人もいるかもしれないけど、書籍化して売れないと大変って声も聞いてます。

自分で買い取って売れてるように見せる人もいるみたいだよ?

そりぁね、今回は売れなかったけど次は頑張る!って為だと思うけど、これはリスク高過ぎ!

アーティストなら、デビュー作ぉはなく何枚目かのシングルでヒットを出す感じ?


実際売れてる小説家さんでも、処女作は全く売れなかったりなんてよくあるよね?

だから書籍歴があれば脈も出来るし、スタートラインは近いと思う。

コンテスト、入賞、書籍化、人気作家。

この道を夢見ちゃうけど、どんな世界でも成功者は極々一部。なろう大賞取ってもコケるようだし、野球のドラフト1位かよ!?ってパターンもあるようです。

で、前も書いたけど小説が後から売れるパターンの方が多い気がするのよ。

小説化、漫画化、アニメ化。で、漫画が売れて漫画にもアニメにもない話がある小説が売れる。

そしてまた二期みたいな感じで小説がアニメになる。漫画売れる!みたいな流れ。

それなら、始めから書籍化は小説じゃなくてアニメにしちゃえば?ってなるけど、これはこれで無理なんだよね。

やっぱり実績が大事だし、なにより読んでくれるファンが大事。

ありがたいことに、リミットは更新しなくてもちょこっとアクセスがあるのよ。これは、「更新されたかな?」って気にしてくれる小説家になろう会員じゃない人のブックマークなのよ。

だけど、これだとポイントにならないからランキングは上がらない。

つまりは、なろうブックマークのつかない底辺作家のまま…。

自分で言うとむなしい…でも現実だから仕方ないね。

で、影に隠れてリミットは全然読まれないから、「これじゃわかんねぇだろ!」って事で、なろう大賞に応募しました。結果落ちたから底辺納得!ってことにしました。

続けていれば何か起こるかもしれないけど、現実的にハイスピードでリミットの連載を続けるのは無理と判断。

それなら、このブログを読んでくれる読者さんに読んで欲しいと思ってます。

リミット更新はよ!

とか言われてみたいけど、期待しないで下さい。小説っていうより、僕はシナリオに近いのでね。

でも、小説もブログも似てる気がしてきた。

とにかく書け!か?

ブログならいいんだけど、小説は僕には無理だなぁ。同じ文章でも、ハードルが違いすぎる。

それでも、書いてて楽しいんだけどね。だから今は、たまに書いてます。

というわけで、小説家になろうからリミットは消えるけどよろしくね。

復活は、作者ふうのみぞ知る!

じゃあまた~パーン