野球小説リミットを書き直してみての感想と裏話

夏の大会三回戦までを公開しましたが、楽しんで頂いてるでしょうかね?笑 僕は作者なので、本当に書いてて楽しいです。野球大好きですね! そんな野球バカ同士の決戦、三回戦の愛報高校戦はお気に入りでした。まぁバカげてますよね?(そもそもリミットという…

愛報高校戦、決着|リミット70話

愛報(あいほう)高校との夏の県予選三回戦も、残すところ九回の裏のみ。五回以降、キャッチャーの愛理(あいり)と愛報高校の前にゼロに抑えられた西島高校は、最後の攻撃となった。 スコアは9対8。一点を追う西島(せいとう)高校の先頭は、九番の一奥(いちお…

愛報高校の限界は俺が超える|リミット69話

ベンチへ戻る遠矢(とうや)は、小山田(おやまだ)が空振り三振した球を思い出した。 (そうだ……。あの時僕はなぜ加速に気づかなかったんだ。いくら愛理(あいり)さんでも、これはありえなすぎる。ここまで考えが及ばなければ、今の打席は勝てなかったのか……) そ…

八回の攻防|リミット68話

西島(さいとう)ナインが守備につき、一番長谷川(はせがわ)から始まる八回表が始まった。スコアは8対5。西島高校3点のリードとはいえ、試合の流れは完全に愛報(あいほう)高校へと傾きつつあった。 そして、一番の長谷川が打席に立つ。 「今の俺たちは誰に…

ダブルリミッターを超えろ|リミット67話

愛理(あいり)のホームランに、キャッチャーの遠矢(とうや)は驚いていた。 (愛理さんがここでホームランを?なぜ……) 当初、愛報(あいほう)高校の狙いは八回での満塁ホームランだった。リバースリミットをより完璧にする為の準備を、一番長谷川(はせがわ)・二…

ダブルリミット|リミット66話

五回裏、ワンアウト満塁。打席に立った白城(しらき)を見たキャッチャーの愛理(あいり)は、ただならぬ威圧感を感じていた。 (前の打席とは、白城君の雰囲気が全く違う……これは一体……?) 投げようとしないピッチャー望月(もちづき)の姿に違和感を感じた白城は…

くのいちクロス|リミット65話

先頭の九番バッターを抑えた西島(せいとう)バッテリーは、一番の長谷川(はせがわ)を打席に迎える。 初球、遠矢(とうや)はインハイのフォークから入った。ストライクを奪ったが、この瞬間遠矢は違和感を持った。 (長谷川さんに打つ気がない?) 二球目。遠矢の…

白城VS愛理、第二ラウンド|リミット64話

三回裏、西島(せいとう)の攻撃は一番の要(かなめ)から三番の白城(しらき)へと回る。満塁ホームランでリバースリミットを発動した愛理(あいり)の守備は、ここから一変する。 それをよく知る要の構えは、少し固かった。 (ドキドキだね……) そんな要の姿を、キャ…

いまだに残るドラクエ11単体での謎。大人ベロニカやウルノーガは一体何?

お久しぶりのふう船です! 皆さん息してますかぁ?笑(僕はドラクエ関連は眠ってました……) ドラクエ11発売から約半年、いまだにわからない事だらけですね。 ドラクエ11と各ドラクエシリーズの繋がりは、繋がるように作ってあるという一つの結論でした。イヤら…

炸裂!リバースリミット|リミット63話

三振した一奥は、プロテクターを着ける遠矢(とうや)の下へ真っ直ぐ走ってきた。 「遠矢!全然当たらないぞ?」「簡単には行かないよ。僕らだって同じ事してるしね。行くよ!一奥」 「同じ事……?まぁ、そうだな」 二回の攻防が終わり、西島(せいとう)ナインが…

限界NOリード|リミット62話

一回裏、白城(しらき)の先制スリーランが飛び出した西島(せいとう)高校。続くノーアウトで打席に向かうのは、四番の杉浦(すぎうら)。 だがインコースが得意な杉浦には、アウトコースしか来ないキャッチャー愛理(あいり)のリードはキツかった。杉浦は追い込ま…

三回戦、第二シード愛報高校戦開幕|リミット61話

両チームのノックが終了。グラウンド整備が行われる中、ベンチに座る一奥(いちおく)と遠矢(とうや)はブルペンで投球練習をする愛報(あいほう)高校先発の間口(まぐち)を見ていた。 「どうだ?遠矢。問題なさそうだな?」「そうだね。間口さんには、早めに降り…

ラブライブサンシャイン9話の素直な感想。アレはあかん

とにかく無駄が多いラブライブサンシャインの二期。それでも楽しめてますけど、この9話はない!っていうか台無しじゃないかな? 突っ込み所が多いので有名なラブライブシリーズですけど、この記事を読む人はすでに視聴済みだと思いますので本題へ行きましょ…